Outlook for Mac の基本的な検索を実行してアイテムを検索する.

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Outlook で基本的な検索を実行する

ツール バーの検索ボックスを使用して、現在のフォルダーまたはビュー内を検索できます。

  1. メール、予定表、連絡先などの検索するフォルダーまたはビューへ移動します。

  2. Outlook ウィンドウの右上隅にある検索ボックス [検索] ボックス に検索するテキストを入力します。

    検索結果は、[検索] タブに表示されます。

    注: すべての Outlook ファイル (に関係なくフォルダーまたはビュー) の包括的な検索を実行するには、すべてのアイテムを選択します。このオプションは、すべてのビューで使用できます。ビューを切り替えるたびには、検索する単語を再入力する必要が注意してください。
    [検索] タブで [すべてのアイテム] ボタンを示しています。

  3. Search 関数を実行する場所を選択します。利用可能なオプションは、どのフォルダーまたはビュー内を検索するによって異なります。

    • メール:現在のフォルダー、サブフォルダー、すべてのメールまたはすべてのアイテムを検索することができます。

      メールの検索オプションを表示します。

    • で予定表:現在のフォルダー、すべてのイベントまたはすべてのアイテムを検索することができます。

      予定表の検索オプションを表示します。

    • 連絡先:現在のフォルダー、すべての連絡先、またはすべてのアイテムを検索することができます。

      連絡先の検索オプションを表示します。

    • タスク:現在のフォルダー、すべてのタスクまたはすべてのアイテムを検索することができます。

      タスクの検索オプションを表示します。

    • ノートで:現在のフォルダー、すべてのノートまたはすべてのアイテムを検索することができます。

      ノートの検索オプションを表示します。

  4. 検索結果の検索が終了したら [検索] タブで、検索結果を閉じるをクリックします。

    [検索結果を閉じる]

    注: 

    • [検索結果を閉じる] をクリックしないと、[検索] タブはアクティブなままになります。[ホーム] タブなどの別のタブをクリックしても、項目の一覧には検索結果が引き続き表示されます。

    • Outlook での検索対象には、添付ファイルのファイル名も含まれますが、添付ファイルのテキストは含まれません。

    • 検索をスマート フォルダーとして保存するには、[検索] タブで [検索条件を保存] をクリックして、[スマート フォルダー] の下で名前を入力します。

      条件の保存

アイテム内を検索する

  1. アイテムを開きます。

  2. [編集] メニューの [検索] をポイントして、[検索] をクリックします。

  3. [検索] ボックスに検索するテキストを入力します。

    アイテム内で、検索するフレーズの最初のインスタンスが強調表示されます。

    [検索] ダイアログ ボックスで、Outlook のアイテムの強調表示されている検索語句の最初のインスタンスの検索結果を表示

    検索するフレーズの次または前のインスタンスを検索するには、 [次へ] と [戻る] の矢印 の前後の矢印を使用します。

    注: アイテム内の検索のキーボード ショートカットは、 コマンド + F です。

任意の場所に、メール メッセージをしていますが、だけが見つからない場合、Outlook のかがわかります。心配: Outlook for Mac で多くの検索オプション] を探している情報を検索する別の検索条件の組み合わせを使用することができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[メール] をクリックします。

  2. [編集] メニューで [検索] をポイントしてから [Outlook アイテム] をクリックします。

    [検索] タブが表示されます。

  3. [検索] タブで、[サブフォルダー] や [すべてのメール] などのボタンをクリックして、検索の範囲を指定します。

    [メール検索] タブ、グループ 1

  4. 検索結果を絞り込むには、次のいずれかの条件を追加します。

[検索] タブのオプション

検索の基準

上級

アイテムのテキスト。

差出人

メッセージの差出人。

件名

メッセージの件名のテキスト。

添付ファイル

アイテムに添付ファイルがあるかどうか、または添付ファイルのサイズ。

宛先

メッセージの受信者。

受信日時

メッセージの受信日。

送信日

メッセージの送信日。

重要

メッセージの優先度。

未読

メッセージの読み取りの状態。

フラグあり

メッセージのフラグの状態。

カテゴリ

メッセージに割り当てられている分類。

  1. 注: 検索条件によっては、情報を追加で入力する必要があります。

  2. 条件を追加または削除して検索を変更するには、次のいずれかの操作を実行します。

目的

操作

検索条件を追加する

[ [検索条件の追加] ボタン を] をクリックします。

いずれかの検索条件を削除する

削除する抽出条件の横にある 検索条件の削除ボタン をクリックします。

  1. 検索結果の確認が終わったら、[検索] タブの [閉じる] をクリックします。

    [検索] タブ、[閉じる]

    注: 

    • 使える検索条件は、Outlook のどこで操作するかによって変わります (メール、予定表、連絡先、タスク、メモなど)。

    • [閉じる] をクリックしないと、[検索] タブはアクティブなままになります。 [ホーム] タブなどの別のタブをクリックしても、項目の一覧には検索結果が引き続き表示されます。

    • Outlook での検索対象には、添付ファイルのファイル名も含まれますが、添付ファイルのテキストは含まれません。

    • 高度な検索を開始するためのショートカット キーは shift キーを押しながら コマンド + F です。

    • スマート フォルダーとして検索を保存するには [検索] タブで、保存] をクリックし、スマート フォルダーの名前を入力します。 [検索] タブの [保存] および [詳細設定]

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×