Outlook for Mac のサーバールールとクライアントルール

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook for Mac には、サーバールールとクライアントルールの2種類のルールがあります。

  • サーバールール    Microsoft Exchange server 2010 SP1 以降で管理されているMicrosoft Exchange アカウントを使用している場合は、Outlook for Mac を使用して、サーバーベースのルールを作成および編集できます。Outlook for Mac の [ルール] ボックスでは、サーバールールは、左側のウィンドウの [サーバールール] の下にアカウントごとにグループ化されています。これらのルールは、Outlook が開かれていない場合でも、Exchange メールサーバーで実行されます。Outlook を開く必要がないため、サーバールールは、複数のコンピューターからアカウントにアクセスする場合に便利です。サーバールールの1つの制限として、サウンドの再生など、Outlook を開いておく必要のある操作を実行できないことがあります。

    アカウントが、Microsoft Exchange Server 2010 SP1 より前のバージョンの Exchange で管理されている場合は、Outlook Web App または Windows 版 Outlook を使用してサーバーベース ルールを作成または編集できます。

  • クライアントルール    クライアントルールは、Outlook for Mac でのみ実行されるルールです。Outlook for Mac クライアントルールの [仕分けルール] ダイアログボックスで、左側のウィンドウの [クライアントルール] の下にある [アカウントの種類] でグループ化されます。Outlook for Mac で使用するすべてのアカウントについて、クライアントルールを作成できます。サーバールールとは異なり、クライアントルールでは、サウンドの再生など、Outlook 内での操作を指定できます。

関連項目

Outlook for Mac でルールを作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×