Outlook for Mac で、Eメールメッセージの配信を送らせるかスケジュールをする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

  • この機能は、outlook for mac および outlook 2019 for mac および outlook 2016 for mac 15.36.1 (170721) 以降でのみ使用できます ([outlook ] を選択しバージョンを確認します)。

  • Outlook.com などの exchange アカウントは、Office 365 または exchange 2016 CU5 以降でホストされています。

  • Gmail、Yahoo、iCloud など、IMAP または POP アカウントでは動作しません。

後で送信するメッセージを予定する

  1. メール メッセージを作成し、[宛先:] 行に 1 人以上の受信者の名前を含めます。

  2. [送信] ボタンで、ドロップダウンの矢印、[後で送信] の順に選択します。
    メールの送信を延期するには [送信] ボタンの横にある矢印を選択します

  3. 日付と時刻を入力します。

  4. [送信] を選択します。メッセージは、指定した日時まで [下書き] フォルダーに保存されます。コンピューター上で Outlook が開かれていない場合も送信されます。

後で送信される予定のメッセージを取り消す

  1. [下書き] フォルダーにあるメール メッセージを開きます。

  2. [送信取り消し] を選びます。

    メッセージを開き、[送信のキャンセル] をクリックします。

  3. 確認メッセージが表示されたら、[はい] を選びます。メッセージは開いたままなので、そのまま送信するか、別の時刻に送信することができます。

問題が発生した場合

[ヘルプ]、[サポートに問い合わせる] の順に選択します。

関連トピック

メッセージの配信/開封確認を要求する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×