スキップしてメイン コンテンツへ

Outlook.com で自動転送を有効または無効にする

Outlook.com でメール メッセージを自動的に転送できます。 この機能は、別のメール アカウントでメールを読んで返信したい場合や、自分の不在時に他の誰かにメールを受信して返信してもらいたい場合に便利です。

注: 

  • 転送したメッセージは、自分のアカウントから転送されたメッセージとして表示されます。 つまり、これらのメッセージへの返信は、元の送信者に対してではなく、自動的にアカウントに送られます。

  • 別のアドレスに自動送信されたメッセージに返信して元の差出人に移動する場合は、Outlook on the web の受信トレイ ルールを使用してリダイレクト ルールを作成します。

自動転送を設定する

注: Microsoft アカウントで 2 段階認証が有効になっていない場合は、転送を有効にするように求めるメッセージが表示されます。 詳細については、「2 段階認証について」を参照してください。

  1. Outlook.com で、[ [設定 Settings ] > [Outlook のすべての設定を表示]] を選択します。

  2. [メール>転送] を選択します。

    注: 2 段階認証が有効になっている場合は、もう一度 ID を確認するように求められます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 転送を有効にするには、[転送を有効にする] を選び、転送先のメールアドレスを入力して、[保存] を選択します。

      注: 元のメッセージのコピーをメールボックスに残す場合は、[転送されたメッセージのコピーを保持する] チェックボックスをオンにします。

    • 転送を無効にするには、[転送を有効にする]、[保存] の順に選択します。

さらにサポートが必要な場合

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×