Outlook.com で受信トレイから迷惑メールを削減します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

迷惑メールでは、すべての種類のメールを受信するサインアップしていないです。いくつかのスパムが面倒な問題ありません。いくつかの迷惑メールの id 詐取を詐欺の一部または詐欺の他の種類が適用される場合があります。受信トレイから迷惑メールを保持するには、ここに示す簡単なヒントに従います。

スパムを削減するためのヒント

スパムが増えている場合、受信トレイに届くスパムの量を減らすのに役立つヒントがいくつかあるので紹介します。

メール アドレスを知らせる相手を知り合いに限定する

ソーシャル ネットワーク サイト、大きなインターネット ディレクトリ、求人 Web サイトなどにメール アドレスを投稿しないようにします。「電子メール アドレスを偽装する」の説明に従ってアドレスを偽装しない限り、自分の Web サイトにも掲載しないようにします。

迷惑メールまたはインスタント メッセージを無視する

スパム送信者は、自分の "商品" を購入させることで利益を得ています (さらに連絡先リストを増やしています)。そのため、スパムに返信しない (購読解除が目的の場合でも)、よく知らない企業から商品を購入しない、他人のために資金を預かったり送信したりしないようにしてください。Microsoft から送信されたように見えてもパスワードを要求したりアカウントの閉鎖を警告したりするメッセージは偽物ですのでご注意ください。

あらかじめオンにされたチェック ボックスを探す

オンライン ショッピングを行う場合、担当する会社へのメール アドレスの提供に同意することを示すチェック ボックスが企業によって事前にオンにされていることがあります。電子メールのニュースレターを購読するときや、受信するメールの種類については慎重に検討する必要があります。連絡を受け取りたくない場合は、チェック ボックスをオフにしてください。

プライバシー ポリシーを読む

銀行取引、ショッピング、ニュースレターなどの Web ベースのサービスにサインアップするときには、望まない機密情報の共有に同意することがないように、電子メール アドレスを提供する前にプライバシー ポリシーを注意して読んでください。プライバシー ポリシーには、サイトでの情報共有の有無または共有方法についての条件と環境の概要が記載されています。Web サイトにプライバシーに関する声明が掲載されていない場合は、他のサイトの利用を検討してください。

電子メール アドレスを偽装する

掲示版、ニュースグループ、チャット ルーム、他の公開 Web ページに投稿するときには、kerimills AT example DOT com のように、メール アドレス全体を文字で記入します。このようにすると、人間はアドレスを解釈できますが、スパム送信者がよく使う自動プログラムは解釈できません。

コンピューターのセキュリティを強化する

ファイアウォールを使用し、Windows および Microsoft Office ソフトウェアを最新の状態に維持し、ウイルス対策ソフトウェアおよび、スパイウェア対策ソフトウェアをインストールする (さらに定期的に更新する) ことで、ハッカー、ウイルス、ワームに攻撃される危険性を大幅に減らすことができます。

受信トレイから迷惑メールを保持する方法の詳細については、 Outlook.com の受信トレイから迷惑メールをしないようにするを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×