スキップしてメイン コンテンツへ

Outlook.com でファイルを添付する

コンピューター、OneDrive、またはその他のストレージ アカウントからメール メッセージおよびカレンダー イベントにファイルを添付し、他のユーザーと共有することができます。 また、メール メッセージおよびカレンダー イベントに画像を埋め込むこともできます。

コンピューターからファイルを添付すると、ファイルのコピーが添付されます。 各受信者は、ファイルのその受信者だけのコピーを受け取ります。

注: ローカル ファイルの添付ファイルのサイズ制限は、34 MB です。

  1. メッセージまたは予定表イベントの下部で、 添付 、[コンピューター] の順に選択します。

    コンピューターが選択されている [添付] メニューのスクリーン ショット

  2. 添付するローカル ファイルを選択して、[開く] を選択します。

OneDrive からのファイルを共有することもできます。 このようにすると、受信者はリアルタイムでファイルの共同作業を行うことができます。

注: OneDrive ファイルの添付ファイルのサイズ制限は、2 GB です。

  1. メッセージまたは予定表イベントの下部で、 添付 、[クラウド上の場所] の順に選択します。

    クラウドの場所が選択されている [添付] メニューのスクリーン ショット

  2. 共有するファイルまたはフォルダーを選択し、[共有] を選択します。 フォルダーをダブルクリックして開きます。

  3. [OneDrive のリンクとして共有する] を選びます。

  4. ユーザーにファイルの編集を許可するか、表示のみ許可するかを選択します。 それには、[ その他のアクション ]、[アクセス許可の変更] の順に選択します。

    [アクセス許可の変更] が選択されている [その他の処理] メニューのスクリーンショット

他のストレージ アカウントからファイルを共有することもできます。 ファイルを共有するすべてのユーザーが最新の変更を確認することができます。 詳細については、「Outlook.com でストレージ アカウントを使用する」を参照してください。

  1. メッセージまたは予定表イベントで、 添付 、[クラウド上の場所] の順に選択します。

    クラウドの場所が選択されている [添付] メニューのスクリーン ショット

  2. ファイルを共有するストレージ アカウントを選択します。 ストレージ アカウントを追加するには、[アカウントを追加] を選択します。

  3. 添付するファイルまたはフォルダーを選択し、[次へ] を選択します。 フォルダーをダブルクリックして開きます。

  4. [リンクとして共有する] を選択します。

メッセージを Outlook.com の別のメッセージに添付することができます。

  1. 右上隅にある 新しいウィンドウで開く をクリックして、メッセージを新しいウィンドウで開きます。

  2. メッセージ一覧と新しいメッセージの両方が表示されるように、ウィンドウを左右に並べて表示します。

  3. メッセージ一覧から添付するメッセージを選び、新しいメッセージにドラッグします。

    [作成] ウィンドウにドラッグされているメッセージのスクリーンショット

Outlook.com 内のフォルダーのコピーを添付することはできません。 ただし、OneDrive 内のフォルダーは共有することができます。

  1. OneDrive.com に移動し、Outlook.com アカウントで使用するメール アドレスとパスワードを使用してサインインします。

  2. 使用しているコンピューター上で、エクスプローラー [エクスプローラー] アイコン を開き、添付するフォルダーに移動します。

  3. フォルダーを OneDrive.com にドラッグします。

    OneDrive.com にフォルダーをドラッグしているカーソルのスクリーンショット

  4. Outlook.com に移動し、新しいメッセージを作成するか、メッセージの一覧からメッセージを開きます。

  5. 添付 、[クラウド上の場所] の順に選択し、添付する OneDrive のフォルダーを選択し、[次へ] を選択します。

  6. [OneDrive のリンクとして共有する] を選択します。

重要: 既定では、受信者はフォルダー内のファイルを編集できます。 受信者がファイルを表示できるようにアクセス許可を変更するには、次の操作を行います。

  • [ その他のアクション ]、[アクセス許可の変更]、[すべてのユーザーが表示可能] の順に選択します。

    [アクセス許可の変更] が選択されている [その他の処理] メニューのスクリーンショット

  1. ダウンロードする添付ファイルを含むメッセージを選択します。

  2. 添付ファイルの横にある その他のアクション を選択します。

    [その他の処理] メニューのスクリーンショット

  3. [ダウンロード] を選択します。

  1. 印刷する添付ファイルを含むメッセージを開きます。

  2. 添付ファイルを選び、[ダウンロード] を選びます。

    注意: 電子メールで送信された添付ファイルは、その内容と送信元が信頼できない場合には開かないでください。 添付ファイルは、コンピューター ウイルスを拡散させる一般的な方法です。 メール メッセージで、添付ファイルの横にあるドロップダウン メニューから [プレビュー] を選び、添付ファイルのコンテンツを開くことなく表示します。

  3. 対応するアプリケーションまたはプログラムを使い、添付ファイルを開いて印刷します。 たとえば、.docx ファイルは Word で開いて印刷します。

削除するには、作成中のメール メッセージで、添付ファイルの右上隅にある [削除] ボタン。 を選択します。

[添付ファイルの削除] ボタンのスクリーンショット。

コンピューターまたは OneDrive からの写真、GIF、またはクリップアートを、インライン画像としてメール メッセージ、カレンダー イベント、または電子メールの署名に挿入することができます。 インライン画像は、メッセージまたは予定表イベントの本文に表示されます。

  1. メッセージまたは予定表イベントを開きます。

  2. 画像アイコンを選択して、コンピューターまたは OneDrive から画像を挿入します。

    [インラインで画像を挿入する] ボタンのスクリーンショット

  3. 挿入する画像を選択し、[開く] を選択します。

  4. 角にあるハンドルをドラッグして、画像のサイズを変更します。

    注: 画像のサイズを変更してもそのファイルのサイズは小さくなりません。 画像のファイル サイズを小さくする方法については、「図のファイル サイズを縮小する」を参照してください。

  5. 画像を右クリックして、書式設定オプションを表示します。

  • 添付ファイルを含むメッセージに返信する場合、その添付ファイルは返信には含まれません。

  • 電子メールで送信された添付ファイルは、その内容と送信元が信頼できない場合には開かないでください。 添付ファイルは、コンピューター ウイルスを拡散させる一般的な方法です。 メール メッセージで、添付ファイルの横にあるドロップダウン メニューから [プレビュー] を選び、添付ファイルのコンテンツを開くことなく表示します。

  • 添付ファイルのファイル名が長い場合は、Outlook.com によって短縮されることがあります。 これは、ファイルの内容には影響しません。

  • 自分または代理人が作成した予定表イベントに対してのみ、ファイルを添付できます。

クラウド上の場所から初めてファイルを添付するときに、クラウドから今後追加されるすべてのファイルに対して同じ操作を実行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 添付ファイルの設定は、 [設定 Settings ] > [Outlook のすべての設定を表示] [設定 Settings ] > [Outlook のすべての設定を表示]メール>添付ファイルに移動することで、いつでも変更できます。

画像またはその他の添付ファイルを開こうとすると、"画像ファイルを開くことができませんでした" または "アクセスが拒否されました" というエラーを受信する場合があります。 アカウントのプライマリ メール アドレスが Microsoft 以外のメール アドレスである場合、このエラーが発生する可能性があります。

この問題を解決するには、Microsoft メール アドレスをプライマリ メール アドレスとして設定します。

  1. [Microsoft にサインインする方法の管理] にアクセスします。

  2. プライマリ エイリアスに設定するエイリアスの横にある [プライマリにする] を選択します。

    エイリアスは Microsoft メール アドレスとする必要があります (たとえば、@outlook.com、@hotmail.com、または @live.com で終了するメール アドレス)。

エイリアスの管理方法の詳細については、「Microsoft アカウントのエイリアスを管理する」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×