Outlook.com および Outlook on the web で疑わしいメッセージを特定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

フィッシングメッセージがメールボックスに届かないようにするには、 Outlook.comとOutlook on the webによって、送信者が自分のものであることを確認し、不審なメッセージを迷惑メールとしてマークします。

重要: メッセージがフィッシング詐欺としてマークされている場合、 Outlook.comとOutlook on the webはページの上部に警告を表示しますが、メッセージ内のリンクは引き続き開くことができます。

受信トレイで疑わしいメッセージを識別する方法を教えてください。

Outlook.comとOutlook on the webは、メッセージの送信者が識別できない場合、または id が差出人アドレスに表示されたものと異なる場合にインジケーターを表示します。

  • 送信者イメージに ' ? ' が表示される

    メール認証手法を使用して、 Outlook.comとOutlook on the webで送信者の身元を確認できない場合は、送信者の写真に "?" と表示されます。

    Outlook で認証されていない送信者

  • 認証に失敗したすべてのメッセージが悪意のあるわけではありません。ただし、送信者を認識していない場合は、認証されていないメッセージを操作することに注意してください。または、送信者イメージに通常は '? ' を持たない送信者を認識していて、それを突然見始めると、送信者がスプーフィングされていることを示すサインになることがあります。

  • 差出人のアドレスが From アドレスに表示されるものと異なる

    メッセージに表示されるメールアドレスは、[差出人] のアドレスとは異なる場合がよくあります。場合によっては、ユーザーが実際に自分以外の人であることを考えて、フィッシング詐欺を仕掛けようとします。

    Outlook.comとOutlook on the webによって差出人のアドレスに送信者の実際のアドレスとアドレスの差が検出されると、その差出人が下線付きであるviaタグを使用して実際の送信者が示されます。

    via タグのスクリーンショット

    この例では、送信元ドメイン "suspicious.com" が認証されていますが、差出人は "unknown@contoso.com" を From アドレスに入れています。

    viaタグを含むすべてのメッセージが疑わしいとは限りません。ただし、 viaタグが付いたメッセージが認識されない場合は、操作については慎重に行う必要があります。

    Outlook.com beta とOutlook on the webベータ版では、メッセージ一覧の差出人の名前またはアドレスの上にカーソルを置くと、メッセージを開くことなく、自分のメールアドレスを確認することができます。

    送信者の名前の上にカーソルが置かれているスクリーンショット

    Outlook.com beta またはOutlook on the web beta を使用しているかどうかを確認する方法を教えてください。次の例を参照してください。

    メールボックスの外観が次のような場合...

    メールボックスの外観が次のような場合...

    Outlook.com のベータ版のメールボックスの左上隅のスクリーンショット

    Outlook.comベータ版またはOutlook on the webベータ版を使用しています。

    従来の Outlook.com のメールボックスの左上隅のスクリーンショット

    従来のOutlook.comまたはOutlook on the webを使用しています。

よく寄せられる質問

送信者イメージの ' ? ' の場合は、次の操作を行います。Outlook.comでは、メッセージに SPF または DKIM 認証のいずれかを渡す必要があります。詳細については、「office 365 で SPF をセットアップする」を参照してください。スプーフィングを防ぎ、 DKIM を使用して、office 365 でカスタムドメインから送信された送信メールを検証します。 

viaタグの場合: from アドレスのドメインが、dkim 署名または SMTP メールのドメインとは異なる場合、 Outlook.comによって、これらの2つのフィールドのいずれかにドメインが表示されます (dkim 署名を好む)。

これらのプロパティを上書きすることはできません。

送信者イメージの ' ? ' の場合は、次の操作を行います。送信者として、SPF または DKIM を使用してメッセージを認証する必要があります。

viaタグの場合:送信者として、DKIM 署名または SMTP メールのドメインが from アドレスのドメインと同じであるか、または domain であることを確認する必要があります。

必ずしもありません。Outlook.comとOutlook on the webは、送信者を認証するためのメッセージ内の他のプロパティを持っている場合があります。

関連トピック



Outlook on the web で迷惑メールおよびスパムをフィルター処理するOutlook.com で、悪用、フィッシング詐欺、またはスプーフィングをOutlook.com メールアカウントの取り扱いを防止する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×