Outlook.com および Outlook on the web での不審なメッセージを特定します。

フィッシング メッセージがメール ボックスに届くのを防ぐため、Outlook.com と Outlook on the web が送信者を確認し、不審なメッセージを迷惑メールとしてマークします。

重要: メッセージがフィッシング詐欺としてマークされた場合、Outlook.com と Outlook on the web で、ページ上部に警告メッセージが表示されますが、メッセージ内のリンクは開くことができます。

受信トレイで不審なメッセージを特定するには?

メッセージの送信者が特定できない場合、またはそのユーザー情報が差出人欄に表示されているアドレスと異なる場合、Outlook.com と Outlook on the web ではインジケーターが表示されます。

  • 送信者の画像に "?" が表示される

    メール認証技術により、Outlook.com と Outlook on the web が送信者のユーザー情報を確認できなかった場合、送信者の写真に "?" が表示されます。

    Outlook で認証されていない送信者

  • 認証できなかったメッセージがすべて悪意があるものというわけではありません。ただし、送信者に覚えがない場合は、認証されなかったメッセージの扱いについて注意する必要があります。また、これまで何もなかった送信者の写真に、突然 "?" が表示された場合は、なりすましの可能性があります。

  • 送信者のアドレスが、差出人欄に表示されているアドレスと異なる

    メッセージ内に表示されるメール アドレスと、差出人欄に表示されるアドレスが異なることが多くあります。フィッシング詐欺では、あなたをだまして、実際とは異なる送信者のように見せかけることがあります。

    Outlook.com と Outlook on the web が、送信者の実際のアドレスと差出人欄のアドレスが異なっていることを検出した場合は、実際の送信者を経由タグを使って下線付きで表示します。

    タグからのスクリーンショット

    この例では、"suspicious.com" という送信ドメインが検出されていますが、送信者は差出人欄に "unknown@contoso.com" というアドレスを使用しています。

    経由タグがあるすべてのメッセージが不審だというわけではありません。ただし、経由タグのあるメッセージに覚えがない場合は、扱いに注意が必要です。

    新しい Outlook.com と Outlook on the web では、メッセージ一覧で送信者の名前またはアドレスの上にカーソルを合わせると、メッセージを開くことなく、メール アドレスを表示できます。

    送信者の名前の上にマウス ポインターを置いたときのスクリーンショット

    新しい Outlook.com または Outlook on the web を使用しているかどうかは、どのように確認できますか?次の例をご覧ください:

    メールボックスの外観が次のような場合...

    Outlook.com のベータ版のメールボックスの左上隅のスクリーン ショット

    新しい Outlook.com または Outlook on the web を使用しています。

    メールボックスの外観が次のような場合...

    従来の Outlook.com のメールボックスの左上隅のスクリーンショット

    従来の Outlook.com または Outlook on the web を使用しています。

よく寄せられる質問

送信者画像の "?" について: Outlook.com では、メッセージが SPF または DKIM のいずれかの認証の通過を求めています。詳しくは、「スプーフィングを防止するために Office 365 で SPF を設定する」および「DKIM を使用して、Office 365 のカスタムドメインから送信されるメールを検証する」を参照してください。

経由タグについて: 差出人アドレスのドメインが、DKIM の署名または SMTP メール送信元のドメインと異なる場合は、Outlook.com では、これら 2 つのフィールドのいずれかにドメインが表示されます (DKIM の署名を優先)。

これらのプロパティを上書きすることはできません。

送信者画像の "?" について: 送信者として、メッセージを SPF または DKIM のいずれかで認証する必要があります。

経由タグについて: 送信者として、DKIM の署名または SMTP メール送信元のいずれかのドメインが、差出人アドレスのドメインと同じか、サブドメインになっていることを確認する必要があります。

必ずしもそうではありません。Outlook.com と Outlook on the web はメッセージ内の他のプロパティを使って、送信者を認証する場合があります。

関連トピック

Outlook.com メール アカウントの保護
Outlook.com での迷惑行為、フィッシング詐欺、またはスプーフィングの処理
Outlook on the web での迷惑メールおよびスパムのフィルタリング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×