Outlook Anywhere を使用して VPN なしで Exchange サーバーに接続する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ローカル エリア ネットワーク (LAN) 環境では、Outlook 2010 と Outlook 2007 が転送コントロール プロトコル/インターネット プロトコル (TCP/IP) でのリモート プロシージャ コール (RPC)を使用して Microsoft Exchange Server と通信します。この方法は、企業ネットワーク内の迅速かつ効率的に使用のアクセスを提供します。

しかし、自宅か、組織のネットワークに仮想プライベート ネットワーク (VPN)接続が必要です通常、外出先など、組織のファイアウォールの外部でする場合は、Exchange にアクセスします。Vpn 接続は、組織のネットワーク内やファイアウォール内の接続を提供します。VPN よりも、電子メール アクセスに必要なその他のネットワーク サービスへのアクセスをこともできます。

Microsoft Exchange Server への接続

Outlook Anywhere は VPN 接続に代わるリモート接続ソリューションです。これを使用すると、外からでも組織内にいるときと同じ感覚で Outlook を使用することができます。特殊な接続やハードウェア (スマート カードやセキュリティ トークンなど) は必要ありません。RPC over HTTP により、インターネット経由で Exchange に接続できます。組織のファイアウォールの外で作業をしているときでも、Outlook Anywhere 機能により、インターネット経由で Exchange のアカウントにリモート アクセスできるのです。

Outlook の任意の場所には、次の必要があります。

  • 自分のアカウントは、Microsoft Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、Exchange Server 2010、Exchange Server 2007、または Exchange Server 2003 でホストされます。

  • Exchange Server 2003、2007、2010、Exchange 管理者する必要がありますサーバーを構成 HTTP 経由で接続を許可します。Exchange 管理者には、Microsoft Office リソース キットと Microsoft Exchange のドキュメントでは、この機能を構成する方法についてを見つけることができます。

  • Exchange Server 2013 または 2016 では、Outlook Anywhere を有効に既定では、Outlook のすべての接続経由で Outlook Anywhere 行われるのためです。Outlook Anywhere を正常に使用するために必要のみ展開後のタスクでは、クライアント アクセス サーバーで SSL 証明書が有効をインストールします。組織内のメールボックス サーバーでは、既定の自己署名 SSL 証明書だけ必要があります。

    詳細については、 Outlook Anywhereを参照してください。

Outlook Anywhere 機能を有効にする

Outlook 2007 と 2010 の場合は、Exchange 管理者が自動的に組織で Outlook のすべてのコピーを構成するまたは Outlook Anywhere を有効にする特別な実行可能なスクリプト ファイルを指定できます。システム要件を満たしているし、Exchange の管理者から正しい URL とセキュリティの情報がある場合、Outlook Anywhere を設定手動でもできます。

Outlook 2013 および 2016 は、手動で構成されている Exchange プロファイルをサポートしません。管理者は、Outlook 2013 と Outlook 2016 Outlook Anywhere を有効に自動検出を構成する必要があります。詳細については、自動検出サービスOutlook 2016 の実装の自動検出を参照してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  3. Exchange アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  4. [詳細設定] をクリックし、[接続] タブをクリックします。

  5. [外出先で Outlook を使う] の [HTTP を使用して Microsoft Exchange に接続する] チェック ボックスをオンにします。

  6. プロキシ サーバーを指定するには、[Exchange のプロキシ設定] をクリックします。

    接続の設定

    1. Exchange の管理者から教えてもらった URL を入力します。

    2. Exchange の管理者から、SSL (Secure Sockets Layer) 接続を使用するという指示があった場合は、[セキュリティで保護された接続 (SSL) のみ使用する] チェック ボックスをオンにします。

    3. Exchange の管理者の指示 (あった場合のみ) に従って、[次のプリンシパル名が証明書に記載されているプロキシ サーバーのみに接続する] チェック ボックスをオンにし、「msstd:」に続いて管理者から教えてもらった URL を入力します。

  7. Exchange の管理者の指示に従って、[プロキシの認証設定] の [基本認証] または [NTLM 認証] をクリックします。

    プロキシ認証の設定

    注: [基本認証] または [NTLM 認証] をクリックし、[LM Compatibility Level] が 2 未満である場合、Exchange に接続するたびにパスワードの入力を求められます。[基本認証] を設定すると、パスワードはクリア テキストで送信されます。セキュリティを高めるため、[NTLM 認証] と [セキュリティで保護された接続 (SSL) のみ使用する] を使用することをお勧めします。

ページの先頭へ

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックし、Exchange アカウントを選択して [変更] をクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックし、[接続] タブをクリックします。

  3. [外出先で Outlook を使う] の [HTTP を使用して Microsoft Exchange に接続する] チェック ボックスをオンにします。

    [接続] タブ

    注: [外出先で Outlook を使う] セクションが表示されていない場合は、コンピューターに Windows XP Service Pack 2 以降が搭載されていない可能性があります。

  4. プロキシ サーバーを指定するには、[Exchange のプロキシ設定] をクリックします。

    接続の設定

    1. Exchange の管理者から教えてもらった URL を入力します。

    2. Exchange の管理者から、SSL (Secure Sockets Layer) 接続を使用するという指示があった場合は、[セキュリティで保護された接続 (SSL) のみ使用する] チェック ボックスをオンにします。

    3. Exchange の管理者の指示 (あった場合のみ) に従って、[次のプリンシパル名が証明書に記載されているプロキシ サーバーのみに接続する] チェック ボックスをオンにし、「msstd:」に続いて管理者から教えてもらった URL を入力します。

  5. Exchange の管理者の指示に従って、[プロキシの認証設定] の [基本認証] または [NTLM 認証] をクリックします。

    プロキシ認証の設定

  6. [OK] をクリックします。

    注: [基本認証] または [NTLM 認証] をクリックし、[LM Compatibility Level] が 2 未満である場合、Exchange に接続するたびにパスワードの入力を求められます。[基本認証] を設定すると、パスワードはクリア テキストで送信されます。セキュリティを高めるため、[NTLM 認証] と [セキュリティで保護された接続 (SSL) のみ使用する] を使用することをお勧めします。

ページの先頭へ

関連項目

Outlook の任意の場所

自分のアカウントが接続する Microsoft Exchange Server のバージョンを確認します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×