Outlook 2016 for Mac で代理人になる、または代理人をやめる

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

代理人になるには、事前に別のユーザーから Microsoft Exchange アカウント への代理アクセス権が与えられている必要があります。他のユーザーの予定表、連絡先、メールへの代理アクセス権があることを通知するメールを受信します。代理人として対象のアイテムにアクセスするには、アクセス権を付与したユーザーを [代理人の依頼元] 一覧に追加する必要があります。 別のユーザーの代理をやめるには、リストからそのユーザーを削除する必要があります。

他のユーザーの代理人になる

重要: 代理人になるには、Microsoft Exchange アカウントを持っている必要があります。

  1. [ツール] メニューには、アカウントを選択します。

  2. 委任されたアイテムのアクセス、詳細設定] を選択し、[代理人に使用する Exchange アカウントを選択します。

  3. [ユーザーの代理人] で、追加  追加 を選択します。

  4. 代理人の依頼元となるユーザーの名前を入力します。

  5. 検索結果に相手の名前を選択し、[追加] をクリックします。

他のユーザーの代理人をやめる

  1. [ツール] メニューには、アカウントを選択します。

  2. Exchange アカウントを変更する、詳細設定] を選択し、[代理人] タブを選びます。

  3. [ユーザーの代理人] で、代理人をやめるユーザーを選択し、[削除 Delete を選択します。 

関連トピック

Outlook 2016 for Mac で代理人を追加および管理する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×