Outlook 2010 で廃止、変更される機能

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Office Outlook 2007またはそれ以前のバージョンの Microsoft Outlook に精通している場合は、 Microsoft Outlook 2010で廃止または変更された機能と機能について、次の一覧に記載されています。

  • [移動] メニュー   [移動] メニューが削除されます。メール予定表連絡先など、Outlook のビューを切り替えるには、 ナビゲーション ウィンドウを使用します。各ビューのショートカットキーは引き続き使用できます。ナビゲーションウィンドウの [ビュー] ボタンの上にマウスポインターを置いて、キーボードショートカットを表示します。

  • HTTP アカウントの DAV 接続     Outlook 2010は、HTTP ベースの電子メールアカウントに接続するための DAV プロトコルをサポートしていません。outlook でOutlook.com アカウントに接続するには、outlook Connector をインストールして使用します。

  • Microsoft Exchange 2000 サーバーサポート     Outlook 2010は、Microsoft exchange server 2003、exchange server 2007、またはExchange 2010で使用できます。Exchange 2000 でOutlook 2010を使用しようとすると、サーバーのバージョンがサポートされていないことを知らせるエラーダイアログボックスが返されます。exchange アカウントに関する質問については、exchange 管理者にお問い合わせください。

    注: 一部の機能を使用できますが、最新バージョンの Exchange ではより優れた機能を使用できます。

  • クイック表示    汎用ファイルビューアークイック表示のサポートは廃止されました。クイック表示は、 Outlook 2010に必要なオペレーティングシステムではサポートされていません。

  • scanost.exe    scanost.exe ユーティリティは廃止されました。オフライン Outlook データ ファイル (.ost)で問題が発生した場合は、ファイルを再作成することをお勧めします。

  • オフライン Outlook データファイル (.ost) 古い形式     すべてのオフライン Outlook データファイル (.ost) は、 Unicodeサポートとファイルの容量が大きくなる最新のファイル形式で作成されます。この新しい形式は、Microsoft Office Outlook 2003 で導入されました。

  • 従来のキーボードショートカット   リボンは、 Outlook 2010のすべての部分で使用されます。メニューはリボンに置き換えられるので、[編集] メニューの [Alt-E] などの従来のキーボードショートカットは使用できません。キーボードを使用してコマンドにアクセスすることはできますが、以前のツールバーとメニューのユーザーインターフェイスで使用されていたのと同じキーボードショートカットを使用しているわけではありません。メールの表示を切り替えるキーボードショートカットキー (ctrl + 1)、予定表(ctrl + 2)、連絡先(ctrl + 3)-引き続き使用できます。

  • フォルダーデザインをコピー   するこの機能は廃止されました。別の方法として、[ビューを他のフォルダーに適用] コマンドを使用します。

  • 最近開いた他のユーザーのフォルダー   別の Exchange ユーザーのフォルダーを開くと、以前に開いたフォルダーの一覧が表示されません。

  • Web ページの URL を表示   するOutlook で Web ページの url を表示することはできません。web ツールバーは使用できません。これには、URL アドレスバー、更新、停止、スタートページ、 web コマンドの検索が含まれています。

  • Exchange クライアント拡張機能    Exchange クライアント拡張機能 (ECE) のサポートは、 Outlook 2010で廃止されました。ece は、Outlook より前に存在していた Microsoft Exchange mail クライアントで導入された拡張機能です。ece は Outlook 2010 で読み込まれません。[代理人アクセス]、[削除済みアイテムの回復]、[exchange 拡張機能] コマンド、exchange 拡張機能のプロパティページなど、outlook 2010 の ece は、ネイティブの outlook コードに変換されています。サードパーティ製のソリューションを再設計するには、ネイティブコードまたはマネージコードを使用して、または native code と MAPI を使って Windows サービスアプリケーションとして、任意の ECE を COM アドインとして書き換える必要があります。

メール

  • スレッドビュー    改善されたスレッドビューは、すべてのメールフォルダーで使用できます。この新しいバージョンのスレッドビューには、アイテムが含まれているフォルダーに関係なく、送信済みアイテムを含む1つのビューのアイテムが表示されます。

  • [整理] ウィンドウ   [整理] ウィンドウが削除されます。

  • リモートメール    リモートメール機能は廃止されました。Exchange キャッシュモードを使用すると、オフラインのエクスペリエンスが向上します。接続とオフラインを切り替えるときに Outlook を終了して再起動する必要はありません。

  • Exchange メッセージのセキュリティ   この機能は廃止されました。電子メールメッセージのセキュリティには、 S/MIMEを使用します。

  • 従来のアイテム保持ポリシー    管理者は、グループポリシーを展開して、アイテム保持ポリシーを制御できなくなりました。[古いアイテムの整理] ダイアログボックスの [アイテム保持ポリシー] が表示されなくなりました。

  • パブリックフォルダーへのリンクを送信する   パブリックフォルダーのコンテキストメニューの [このフォルダーへのリンクの送信] が削除されます。

  • 添付画像のサイズを変更   する 添付された写真は、1024x768 ピクセルに変更することができます。640x480 と800x600 ピクセルの前のオプションは削除されます。詳細については、「画像と添付ファイルのサイズを小さくする」を参照してください。

  • 送信者オプション   Exchange アカウントを使用している場合、送信者のオプション(新しい電子メールメッセージの [宛先 ] 行にある受信者の名前を右クリックしてアクセスします) では、送信者にメッセージエンコードを変更することができます。この機能は、Apple コンピューター上の電子メールアプリケーションを使っているユーザーにメッセージを送信することを対象としています。MIMEエンコードは、すべてのメールアプリケーションで標準的になり、理解できるようになりました。

  • 消印   この機能は廃止されました。outlook 消印は outlook 2010 では生成されません。すべての消印関連ポリシーが削除されます。[迷惑メールのオプション] ダイアログボックスで、電子メールを送信するときに、メッセージを消印して、メールクライアントが迷惑メールとの間で通常の電子メールを削除するのを助けるようにします。

  • オートコンプリートリスト   オートコンプリートリストのエントリは、コンピューター上の nk2 ファイルに保存されなくなりました。これで、エントリが Exchange Server メールボックスまたは Outlook データファイル (.pst) 内の他のすべてのアカウントに保存されます。exchange Server アカウントの場合、Outlook を使用して exchange アカウントに接続するすべてのコンピューターに同じリストを表示することができます。

  • [クリップアート] 作業ウィンドウの検索   [検索対象] ボックスは使用できなくなりました。これにより、特定のコンテンツコレクションに対して検索を制限することはできなくなります。検索を絞り込むには、[検索] ボックスで複数の検索語句を使用します。

  • [クリップアート] 作業ウィンドウでクリップを整理   するクリップを整理できなくなりました。windows 7、windows Vista、または windows XP から Microsoft クリップオーガナイザーを開くには、windows の [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[microsoft office]、[ microsoft office 2010 ツール] の順にクリックして、[microsoft] をクリックします。 クリップオーガナイザー

  • クリップオーガナイザー   クリップオーガナイザーは、Microsoft Office プログラムの [クリップアート] 作業ウィンドウに直接アクセスすることはできなくなりました。さらに、クリップオーガナイザーには次の変更が加えられました。

    • 自動整理    コンピューター上のメディア ファイルを自動的に検索し、コレクションにまとめるためのコマンドは廃止されました。ただし、クリップ オーガナイザーにクリップを手動で追加したり、スキャナーまたはカメラからクリップをインポートしたりすることは引き続き可能です。

    • 電子メールの受信者に添付ファイルとして送信される   クリップを電子メールメッセージの添付ファイルとして送信するためのコマンドは、使用できなくなりました。

    • コレクションから削除    クリップ オーガナイザーからクリップを削除することはできますが、特定のコレクションから削除することはできなくなりました。

    • 似たスタイルの検索    似たスタイルのクリップを検索できるコマンドは廃止されました。

    • リストと詳細ビュー   リストと詳細ビューは使用できなくなりました。代わりに、すべてのクリップが [クリップオーガナイザー] ウィンドウにサムネイルとして表示されます。

予定表

  • Office.com への予定表の発行    他のユーザーと共有するには、 Outlook 2010から Office.com に予定表を公開することができます。以前に Outlook の予定表発行サービスで公開された予定表の管理とプレビューを行うために使用した Web ツールは廃止されました。ただし、Microsoft Office outlook 2007 または outlook 2010 を使用して、公開した予定表を引き続き管理したり、削除したりすることはできます。

  • 予定表を Web ページとして保存する   この機能は廃止されました。

  • グループスケジュール   [ビュー] グループは、予定表の下に以前に表示された会議コマンドのスケジュールと計画を削除します。これらのコマンドは、新しいグループスケジュール機能に置き換えられます。 Outlook の予定表に統合されています。

連絡先

  • [連絡先フォルダーアクティビティ] タブ   この機能は廃止されました。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×