Outlook 2010 で廃止、変更される機能

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Outlook 2007または以前のバージョンの Microsoft Outlook の場合は、次のリストは廃止またはMicrosoft Outlook 2010で変更された機能について説明します。

  • メニューを移動します。   [移動] メニューは削除されます。Outlook では、メール予定表連絡先などのビューを切り替えるには、 ナビゲーション ウィンドウを使用します。各ビューのショートカット キーは引き続き利用できます。ポイントして、キーボード ショートカットを表示する [ナビゲーション ウィンドウの表示] ボタンの上にマウス ポインターを置きます。

  • HTTP アカウント DAV 接続     Outlook 2010は HTTP ベースのメール アカウントに接続する DAV プロトコルをサポートしていません。Outlook では、Outlook.com アカウントに接続する、インストールして、Outlook Connector を使用します。

  • Microsoft Exchange 2000 Server のサポート   Microsoft Exchange Server 2003、Exchange Server 2007、またはExchange 2010Outlook 2010を使用できます。サポートされているサーバー バージョンがないことを通知するエラー ダイアログ ボックスで Exchange 2000 結果Outlook 2010を使用しようとしています。Exchange アカウントについては、Exchange 管理者に問い合わせてください。 

    注: 一部の機能が利用できるか、最新バージョンの Exchange と高度な機能を提供します。

  • クイック ビュー    一般的なファイル ビューアーのクイック ビューアーのサポートは切断されます。クイック ビューがサポートされていないすべてのオペレーティング システムでそのOutlook 2010が必要です。

  • ScanOST    ScanOST ユーティリティを中止します。オフライン Outlook データ ファイル (.ost)に問題が発生した場合、ファイルを再作成することをお勧めします。

  • オフライン Outlook データ ファイル (.ost) の古い形式     すべてのオフライン Outlook データ ファイル (.ost) は、ファイルの容量が大きいUnicodeサポートを含む最新のファイル形式で作成されます。Microsoft Office Outlook 2003 では、この新しい形式が導入されました。

  • 従来のショートカット キー    リボンは、 Outlook 2010のすべての項目が使用されます。メニューがリボンによって置き換えられるために、alt キーを押し、[編集] メニューの E など、従来のショートカット キーは利用できません。キーボードを使用してコマンドへのアクセスが連絡可能、古いツールバーとメニューのユーザー インターフェイスを使用した同じキーボード ショートカットを使用していません。キーボードのショートカット キー メール ビューを切り替えること:メール(ctrl キーを押し + 1)、予定表(ctrl キーを押し + 2)、連絡先(ctrl キーを押しながら 3)、引き続き使用することができます。

  • フォルダーのデザインをコピーします。    この機能が廃止します。代わりに、他のフォルダーに適用する表示] コマンドを使用します。

  • 最も最近使ったファイルの他のユーザーのフォルダー    別の Exchange ユーザーのフォルダーを開くときに、以前に開かれているフォルダーの一覧は表示されません。

  • ビューの Web ページの URL    Outlook では、web ページの Url を表示できません。Web ツールバーは、URL アドレス バーを含む、更新、停止、ページ、およびWeb の検索のコマンドを開始します。

  • Exchange クライアント拡張機能    Exchange クライアント拡張機能 (ECE) のサポートはOutlook 2010で廃止します。ECEs は、Outlook よりも前に存在する Microsoft Exchange のメール クライアントで導入された機能拡張機能です。Outlook 2010 で ECEs は読み込まれません。代理人アクセス、削除済みアイテムを復元、Exchange 拡張機能コマンドなど、Exchange 拡張] プロパティ ページは、Outlook のネイティブ コードに変換されたが、Outlook 2010 で ECEs します。サード パーティのソリューションの設計を変更するには、開発者はネイティブまたはマネージ コードを使用して [COM アドイン、またはネイティブ コードと MAPI を使用して Windows サービス アプリケーションとして、ECE を改訂する必要があります。

ページの先頭へ

メール

  • スレッド ビュー    強化されたスレッド ビューは、すべてのメール フォルダーに対応します。この新しいバージョンのスレッド ビューは、項目が含まれているフォルダーに関係なくの送信済みアイテムを含む 1 つのビューでアイテムを表示します。

  • [整理] ウィンドウ    [整理] ウィンドウが削除されます。条件付き書式ルール]、ビューにアクセスする方法については、整理機能を参照してください。

  • リモート メール    リモート メール機能が廃止します。Exchange キャッシュ モードでは、適切なオフラインでの操作性を提供してを終了し、接続されているとオフラインを切り替える場合は、Outlook を再起動する必要はありません。

  • Exchange のメッセージのセキュリティ    この機能が廃止します。電子メール メッセージのセキュリティのS/MIMEを使用します。

  • レガシ アイテム保持ポリシー    管理者は、アイテム保持ポリシーを管理するグループ ポリシーを不要になった展開できます。古いアイテムの整理] ダイアログ ボックスのアイテム保持ポリシーの一部が表示されなくなります。

  • パブリック フォルダーへのリンクを送信します。   パブリック フォルダー ショートカット メニューの [このフォルダーへのリンクの送信が削除されます。

  • 添付された画像のサイズ変更    写真が添付された 1024 x 768 ピクセルにサイズを変更できます。640 x 480 800 x 600 ピクセルの前のオプションが削除されます。詳細については、画像および添付ファイルのサイズを縮小するを参照してください。

  • 送信者のオプション    Exchange アカウントを使用して、送信者のオプション([新しい電子メール メッセージの宛先] 行で、受信者の名前を右クリックしてアクセス) はエンコードその受信者にメッセージを変更することを送信者に表示されます。この機能は、メッセージを送信する電子メール アプリケーションを使用して、apple 製のコンピューター上のユーザーにでした。標準合字およびすべてのメール アプリケーションで読めはMIMEエンコードします。

  • 消印    この機能が廃止します。Outlook 2010 では、outlook のためは生成されません。すべての消印関連するポリシーが削除されます。迷惑メールのオプション] ダイアログ ボックスで、電子メールの送信時消印メール クライアントが迷惑メールから通常の電子メールを区別しやすくためのメッセージを押すのが削除されます。

  • オートコンプリート リスト    オートコンプリート リストのエントリが不要になった自分のコンピューターで、.nk2 ファイルに保存されます。項目が、Exchange Server メールボックス内、またはその他のすべてのアカウントを Outlook データ ファイル (.pst) に保存されます。Exchange Server アカウントの場合、これにより、Exchange アカウントへの接続に Outlook を使用するすべてのコンピューターに表示すると同じリストです。

  • クリップアートの作業ウィンドウの検索   検索] ボックスが不要になった使用可能なコンテンツの特定のコレクションに、検索を制限することができます不要になったことを意味します。検索を絞り込むには、複数の検索語句を検索] ボックスで使用できます。

  • クリップのクリップ アート タスク ウィンドウ整理   クリップの整理では廃止されました。開くには Microsoft クリップ オーガナイザーから Windows 7、Windows Vista または Windows xp の場合、Windows の [スタート] ボタンをクリックして、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Office] をクリックして、 Microsoft Office 2010 ツール] をクリックして、クリックしてMicrosoftクリップ オーガナイザーします。

  • クリップ オーガナイザー    [クリップアート] 作業ウィンドウの Microsoft Office プログラムで直接、クリップ オーガナイザーはアクセスできなくします。さらに、次の変更は、クリップ オーガナイザーに行った。

    • 自動整理    コンピューター上のメディア ファイルを自動的に検索し、コレクションにまとめるためのコマンドは廃止されました。ただし、クリップ オーガナイザーにクリップを手動で追加したり、スキャナーまたはカメラからクリップをインポートしたりすることは引き続き可能です。

    • 電子メール受信者に添付ファイルとして送信    クリップを電子メール メッセージに添付ファイルとして送信するためのコマンドが使用可能なではありません。

    • コレクションから削除します。    クリップ オーガナイザーからクリップを削除することが、特定のコレクションから不要になったクリップを削除できます。

    • 似たスタイルの検索    似たスタイルのクリップを検索できるコマンドは利用できなくします。

    • リスト ビューと詳細ビュー    [リスト ビューと詳細ビューでは廃止されました。代わりに、すべてのクリップは、クリップ オーガナイザー ウィンドウにサムネイルとして表示されます。

ページの先頭へ

予定表

  • Office.com に予定表の公開    Office.com には他のユーザーと共有するための予定表をOutlook 2010から発行できます。以前の管理し、印刷プレビューを Outlook の予定表公開サービスを使用して公開された予定表に使用する Web ツールは廃止されました。ただし、引き続き管理または Microsoft Office Outlook 2007 または Outlook 2010 を使用して公開している予定表を削除することができます。詳細については、 Office.com で公開して共有の予定表を参照してください。

  • 予定表を Web ページとして保存します。    この機能が廃止します。

  • グループ スケジュール    予定表の下に表示されているグループ スケジュールの表示会議を計画するコマンドが削除されます。これらのコマンドは、Outlook の予定表に統合されており、新しいグループ スケジュール機能で置き換えられます。

ページの先頭へ

連絡先

  • 連絡先フォルダーのアクティビティ] タブ    この機能が廃止します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×