Outlook 予定表の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[予定表] は、メール、連絡先、その他の機能と完全に統合されているOutlookの予定表とスケジュール構成要素です。

ノートブックに書き込む場合と同じように、 Outlookの予定表の任意のタイムスロットをクリックして入力を開始することができます。予定表を使用して、予定やイベントを作成したり、会議を開催したり、グループのスケジュールを表示したりすることができます。

  • 予定とイベントを作成する   

    Outlookの予定表にある任意のタイムスロットをクリックし、入力を開始して予定またはイベントを作成します。予定、会議、イベントを通知するサウンドやメッセージを選ぶことができます。また、アイテムを色分けしてすばやく識別することができます。

    詳細については、「予定の作成またはスケジュールを設定し、イベントを作成する」を参照してください。

  • 会議を開催する   

予定表で時刻を選択し、会議出席依頼を作成して、招待するユーザーを選択します。Outlookを使うと、すべての招待者が自由になる最も早い時間を見つけることができます。電子メールで会議出席依頼を送信すると、招待者は受信トレイで要求を受信します。招待者がリクエストを開くと、1つのボタンをクリックして、会議を承諾、仮承諾、または辞退することができます。リクエストが招待者の予定表のアイテムと競合している場合、 Outlookによって通知が表示されます。会議の開催者として、これを許可する場合、招待者は別の会議時間を提案できます。開催者は、依頼を承諾または辞退したユーザーを追跡したり、出席依頼を開くことによって会議の別の時間を提案したりすることができます。

詳細については、「他のユーザーとの会議の予定を立てる」を参照してください。

  • グループスケジュールを表示する   

    ユーザーまたはリソースのグループのスケジュールを表示する予定表を作成できます。たとえば、部門内のすべてのユーザーのスケジュールを確認したり、会議室などのすべてのリソースを自分の建物に表示したりすることができます。これにより、会議のスケジュールをすばやく行うことができます。

  • 予定表を並べて表示する   

    作成した複数の予定表を並べて表示したり、他のOutlookユーザーが共有している予定表を参照したりすることができます。たとえば、個人用の予定に別の予定表を作成したり、職場と個人用の予定表を並べて表示したりすることができます。

    詳細については、「複数の予定表を同時に表示する」を参照してください。

    表示された予定表間で予定をコピーまたは移動することもできます。ナビゲーションウィンドウを使用して、自分の予定表をすばやく共有し、他の共有予定表を開くことができます。予定表の所有者によって付与されたアクセス許可に応じて、共有の予定表を作成したり予約したりすることができます。

    詳細については、「他のユーザーと Outlook 予定表を共有する」および「他のユーザーのメールおよび予定表アイテムを管理する」を参照してください。

  • オーバーレイビューで予定表を他の人の上に表示する   

    たとえば、個人用予定表を作成したり、職場や個人用の予定表をオーバーレイしたりして、競合や自由時間のある場所を簡単に確認することができます。

    詳細については、「複数の予定表を同時に表示する」を参照してください。

  • Microsoft SharePoint サイトの予定表へのリンク   

    SharePointサイトにアクセスできる場合は、 Outlookの予定表でそのサイトからイベントのリストを表示することができます。オフラインで作業している場合でも、 Outlookでリストを変更できます。変更は、もう一度インターネットに接続したときに自動的に同期されます。また、SharePoint の予定表を他の個人用または共有の予定表と並べて表示することもできます。

    詳細については、「 SharePoint 予定表を表示および更新する」を参照してください。

  • メールで予定表をすべてのユーザーに送信する   

予定表をメールの受信者にインターネット予定表として送信することはできますが、共有する情報の量を制御します。受信者がOutlookで開くことができるインターネット予定表の添付ファイルとして、メールメッセージの本文に予定表情報が表示されます。

詳細については、「予定表の共有の概要」を参照してください。

  • インターネット予定表を購読する   

    インターネット予定表のサブスクリプションは、インターネット予定表と似ていますが、ダウンロードされた予定表は、インターネットカレンダーと定期的に同期されている点が異なります。

  • 他のユーザーの予定表を管理する   

    代理アクセス機能を使用すると、1人のユーザーが自分のOutlookを自分のコピーを使って、他のユーザーの予定表を簡単に管理できるようになります。たとえば、管理者はマネージャーの予定表を管理することができます。マネージャーがアシスタントを代理人として指定すると、アシスタントは予定を作成、移動、または削除したり、マネージャーの代理で会議を開催したりすることができます。

    詳細については、「他のユーザーのメールおよび予定表アイテムを管理する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×