Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する

Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この一連のフォルダーを開くことはできませんが、またはファイルの破損が疑われる場合は、受信トレイ修復ツール (SCANPST を使用することができますエラー メッセージが表示された場合に、Outlook データ ファイル (.pst または .ost) が開かれない場合。EXE) を診断およびデータ ファイル内のエラーを修復します。受信トレイ修復ツールは、適切な図形にいる場合に表示するのには、コンピューター上のOutlookデータ ファイルをチェックします。

Exchange メール アカウントを使用している、オフラインの Outlook データ ファイル (.ost) を削除すると Outlook が再作成オフラインの Outlook データ ファイル (.ost)、次に、Outlook を開きます。

注: 受信トレイ修復ツールは、Exchange メールボックスに格納されているデータを接続したり解析したりすることはありません。このツールの目的はエラー (破損) を探すことだけであり、エラーがある場合は自動的に修復するかどうかをユーザーが指定できます。

Outlook データ ファイル (.pst) ファイルを修復します。

  1. Outlookを終了し、次のファイルの場所のいずれかを参照します。

    • Outlook 2016: C:\Program Files (x86) \Microsoft Office\root\Office16

    • Outlook 2013: C:\Program Files (x86) \Microsoft Office\Office15

    • Outlook 2010: C:\Program Files (x86) \Microsoft Office\Office14

    • Outlook 2007: C:\Program Files (x86) \Microsoft Office\Office1

  2. SCANPST を開きます。EXEします。

  3. 参照をスキャンする Outlook データ ファイル (.pst) を選択する] を選びます。Outlook データ ファイルを探すためのヘルプを必要がある場合は、Outlook データ ファイルの検索を参照してください。

    注: 既定では、スキャン中に新しいログ ファイルを作成します。オプションを選択して、作成されたログがない、または既存のログ ファイルに追加された結果を持つことができます。

  4. 開始してスキャンを開始] を選びます。

  5. スキャンには、エラーが検出されると、その修正に処理を開始するのには、修復を選択します。

    Microsoft の受信トレイ修復ツール SCANPST.EXE を使って Outlook .pst データ ファイルをスキャンした結果が表示されています。

    注: スキャンは、修復処理中にバックアップ ファイルを作成します。既定の名前やバックアップ ファイル名] ボックスで、[このバックアップ ファイルの場所を変更するのには、新しい名前を入力または参照を使用するファイルを選択する] をクリックします。

  6. 修復が完了したら、Outlook を起動し、修復した Outlook データ ファイルに関連付けられているプロファイルを指定します。

Outlook データ ファイルを修復する後の影響

フォルダー ウィンドウでは、[既定のOutlookフォルダーまたはフォルダーを含む、保存先不明回復した個人用フォルダー 」という名前のフォルダーが表示される場合。修復のプロセスは、一部のフォルダーを再作成可能性があります] が空があります。失注不明] フォルダーにすべてのフォルダーが含まれているし、ツールのアイテムを修復して、回復したOutlookが、元の構造で配置ことはできません。

新しいデータ ファイルを作成する

新しいOutlookデータ ファイルを作成し、新しいデータ ファイルに保存先不明フォルダーにアイテムをドラッグできます。すべてのアイテムを移動した後、 [保存先不明] フォルダーを含め、回復した個人用フォルダー (.pst) ファイルを削除できます。

アイテムをバックアップ (.bak) ファイルから復元する

元の Outlook データ ファイルを開くことができる場合は、さらにアイテムを回復できる可能性があります。受信トレイ修復ツールを実行するとバックアップ ファイルが作成されますが、名前は元のファイルと同じで拡張子が .bak となり、同じフォルダーに保存されます。受信トレイ修復ツールで回復できなかったアイテムを、このバックアップ ファイルから回復できる可能性があります。

  1. エクスプローラーで .pst ファイルが保存されているフォルダーを開くと、受信トレイ修復ツールで作成された .bak ファイルがあります (たとえば kerimills01@outlook.com.bak)。

  2. この .bak ファイルのコピーを作成して、拡張子を bak.pst に変更します。たとえば、kerimills01@outlook.com.bak.pst です。

  3. この bak.pst ファイルを Outlook にインポートし、インポート/エクスポート ウィザードを使って、追加で回復されたアイテムを新しい .pst ファイルにインポートします。

    注: .pst ファイルをインポートする方法については、「Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」をご覧ください。

Outlook データ ファイルの検索

Outlook の Outlook データ ファイルの場所を確認することができます。

  1. ファイルを選択して >アカウント設定] > [アカウント設定します。

  2. [データ ファイル] タブを選択します。

  3. すべての Outlook データ ファイル (.pst) とオフライン データ ファイル (.ost) は、ファイルを関連付けられたアカウントの名前と共に表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×