スキップしてメイン コンテンツへ

Outlook を既定のプロファイルに構成されていないために、セットアップを続行できません。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

同期のために使用されるプロトコルを Outlook に設定されていないアプリケーションをインストールした後に、このエラーが発生します。 この問題を解決するには、順で下にあるトラブルシューティングの手順に従います。

Outlook を指すようにプロトコルを再設定します。

  1. Windows で開始_gt設定_gtアプリ] をクリックし、左側の [既定のアプリ] を選びます。

  2. アプリで既定の設定を選択します。

  3. Outlookを検索アプリケーションの一覧で、クリックし、管理] を選択します。

  4. Outlook に関連付けられているかどうかを確認する各ファイルの種類を確認してください。 原因を見つけた場合以外は、ファイルの種類の右側にをクリックし、一覧から、Outlook を選択します。

  5. ウィンドウを閉じて、[Office の修復を実行します。 修復ツールにアクセスする手順は、オペレーティング システムごとに異なります。 次のドロップダウン リストから選択します。

    1. 左下隅の [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を右クリックして、ポップアップ メニューの [アプリと機能] を選択します。

      [アプリと機能] を表示しているスタート メニューのスクリーンショット
    2. 修復する Microsoft Office 製品を選択して、[変更] を選択します。

      注: これにより、Word や Excel など 1 つのアプリケーションのみを修復したい場合でも、Office スイート製品全体が修復されます。 単体のアプリをインストールしている場合は、アプリケーションを名前で検索することができます。

    3. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、修復を実行するための以下のオプションが表示されます。 インストールの種類に応じた手順に従います。

      クイック実行

      [Office プログラムをどのように修復しますか] ウィンドウで、[オンライン修復]、[修復] の順に選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

      MSI ベース

      [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

    4. 画面に表示される手順に従って操作を行い、修復を完了します。

    1. 左下隅の [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を右クリックして、[コントロール パネル] を選択します。

      Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押すと表示されるオプションとコマンドの一覧
    2. [カテゴリ] ビューで、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] を選択します。

    3. 修復する Microsoft Office 製品を右クリックして、ドロップダウンから [変更] を選択します。

      注: Office 365 Solo、Office Home and Student 2013、Office Personal 2016 などのスイート製品を所有しているのであれば、Word や Excel など特定のアプリケーションのみを修復する場合でも、該当するスイート製品名を検索してください。 Word や Excel などの単体のアプリケーションを所有している場合は、アプリケーション名を検索してください。

    4. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、次の該当する Office のインストールの種類の操作を実行します。

      クイック実行のインストールの種類:

      [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、[修復] を選択します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

      MSI ベースのインストールの種類:

      [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

    5. 画面上の残りの手順に従って、修復を完了します。

    1. [スタート] ボタン Windows 7 の [スタート] ボタン 、[コントロール パネル] の順にクリックします。

    2. [カテゴリ] ビューで、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] を選択します。

    3. 修復する Office 製品をクリックして、[変更] をクリックします。

      注: Office 365 Solo、Office Home and Student 2013、Office Home and Student 2016 などのスイート製品を所有しているのであれば、Word や Excel など特定のアプリケーションのみを修復する場合でも、該当するスイート製品名を検索してください。 Word や Excel などの単体のアプリケーションを所有している場合は、アプリケーション名を検索してください。

    4. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、次の該当する Office のインストールの種類の操作を実行します。

      クイック実行のインストールの種類:

      [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、[修復] を選択します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

      MSI ベースのインストールの種類:

      [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

    5. 画面上の残りの手順に従って、修復を完了します。

  6. 修復を実行する PC を再起動するは、iCloud を開きかどうかに、問題なく同期できますかを確認します。

以前のバージョンの Office をアンインストールします。

旧バージョンの Office が引き続きこのエラーの原因となっている PC にインストールされている場合があります。 チェック、コントロール パネルを開きプログラムと機能] を選択して、他のバージョンがインストールされている Office のリストをスキャンします。 旧バージョンで発生した場合、選択し、[アンインストール] をクリックします。 お使いのコンピューターを再起動し、問題は解決かどうかを確認します。

Microsoft ストア アプリから Office のインストールをアンインストールします。

Office が PC にプレインストールされていますが、Microsoft ストアからインストールした場合と iCloud 機能しないことができます。 Office をアンインストールしてから、問題を修正して再インストールする必要があります。 目的

  1. [スタート] Windows 10 のスタート アイコン 、[設定] Windows 10 のスタート メニューにボタンを設定する 、[アプリ] の順に選択します。

  2. [アプリの & 機能には、 Microsoft Office デスクトップ アプリケーションを選択します。 その名前が見つからない場合は、その他のバージョンがインストールされているし、選択している Office のリストをスキャンします。

  3. [アンインストール] を選択します。

コンピューターを再起動し、[ダウンロードしインストールまたはインストールまたは Office 365 を PC または Mac に Office 2019 Office を再インストールする」の手順に従います。

PowerShell コマンドを実行します。

これらの PowerShell コマンドを実行するには、pc にアプリケーションを再設定します。 次の手順を実行する前に注意してくださいサインイン資格情報を Outlook にもう一度サインイン求められることがあります。 また、管理者特権が必要があります。 これらのコマンドを実行すると、Office を修復する必要があります。

  1. [スタート] をクリックし、[検索バーにpowershellを入力します。

  2. Windows PowerShell アプリ アイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

  3. PowerShell でが整ったら、次のコマンドを入力します。

    Get AppxProvisionedPackage-オンライン |where オブジェクト {$_.packagename – のような"* Outlook *"} |削除 AppxProvisionedPackage – オンライン

    Get AppxPackage"* Outlook *"| 削除 AppxPackage

  4. PowerShell アプリを終了し、[管理者として実行選択せずに、再起動します。

  5. PC を再起動します。

  6. Office を修復します。 修復ツールにアクセスする手順は、オペレーティング システムごとに異なります。 次のドロップダウン リストから選択します。

    1. 左下隅の [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を右クリックして、ポップアップ メニューの [アプリと機能] を選択します。

      [アプリと機能] を表示しているスタート メニューのスクリーンショット
    2. 修復する Microsoft Office 製品を選択して、[変更] を選択します。

      注: これにより、Word や Excel など 1 つのアプリケーションのみを修復したい場合でも、Office スイート製品全体が修復されます。 単体のアプリをインストールしている場合は、アプリケーションを名前で検索することができます。

    3. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、修復を実行するための以下のオプションが表示されます。 インストールの種類に応じた手順に従います。

      クイック実行

      [Office プログラムをどのように修復しますか] ウィンドウで、[オンライン修復]、[修復] の順に選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

      MSI ベース

      [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

    4. 画面に表示される手順に従って操作を行い、修復を完了します。

    1. 左下隅の [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を右クリックして、[コントロール パネル] を選択します。

      Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押すと表示されるオプションとコマンドの一覧
    2. [カテゴリ] ビューで、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] を選択します。

    3. 修復する Microsoft Office 製品を右クリックして、ドロップダウンから [変更] を選択します。

      注: Office 365 Solo、Office Home and Student 2013、Office Personal 2016 などのスイート製品を所有しているのであれば、Word や Excel など特定のアプリケーションのみを修復する場合でも、該当するスイート製品名を検索してください。 Word や Excel などの単体のアプリケーションを所有している場合は、アプリケーション名を検索してください。

    4. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、次の該当する Office のインストールの種類の操作を実行します。

      クイック実行のインストールの種類:

      [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、[修復] を選択します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

      MSI ベースのインストールの種類:

      [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

    5. 画面上の残りの手順に従って、修復を完了します。

    1. [スタート] ボタン Windows 7 の [スタート] ボタン 、[コントロール パネル] の順にクリックします。

    2. [カテゴリ] ビューで、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] を選択します。

    3. 修復する Office 製品をクリックして、[変更] をクリックします。

      注: Office 365 Solo、Office Home and Student 2013、Office Home and Student 2016 などのスイート製品を所有しているのであれば、Word や Excel など特定のアプリケーションのみを修復する場合でも、該当するスイート製品名を検索してください。 Word や Excel などの単体のアプリケーションを所有している場合は、アプリケーション名を検索してください。

    4. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、次の該当する Office のインストールの種類の操作を実行します。

      クイック実行のインストールの種類:

      [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、[修復] を選択します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

      MSI ベースのインストールの種類:

      [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

    5. 画面上の残りの手順に従って、修復を完了します。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×