Outlook の検索に関する問題のトラブルシューティング

Outlook の検索が遅い場合、正しくない結果を返したり結果がまったく返されなかったりする場合、またはあるはずのメッセージが検索されない場合は、以下の Outlook の検索のトラブルシューティングを行ってください。

インデックスの作成が完了したことを確認する

  1. Outlook を起動し、[検索] ボックスの中をクリックします。

  2. [検索] メニューから、[検索ツール] > [インデックスの状況] の順に選択します。

  3. [インデックスの状況] ダイアログ が表示されると、次のメッセージが表示されます。

    すべてのアイテムのインデックス処理が完了しました。

    インデックス処理を行っていないアイテムが 0 個あります。

Outlook でのインデックス作成が完了していない場合、インデックス処理を行っていないアイテムの数を書き留め、5 分待ってからもう一度確認します。アイテムの数が減っていない場合は、次の手順に進みます。

インデックス作成のオプションを構成する

インデックス作成のオプションが正しく構成されていることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Outlook を終了します。

  2. Windows の [コントロール パネル] で、[インデックスのオプション] を開きます。

  3. [インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] を選びます。

  4. [ファイルの種類] タブを選択します。

  5. [拡張子] 列で [msg] が見つかるまで下にスクロールします。

  6. [プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する] オプションがオンになっていることを確認します。

  7. [OK] を選択し、[閉じる] を選択します。

注: [フィルターの説明] 列に [Office Outlook MSG IFilter] が表示されていることを確認します。表示されていない場合は、Windows Search サービスが正常に動作していないか、または Microsoft Outlook でフィルターが正しくインストールされていないことになります。いずれの場合も、Microsoft サポートにお問い合わせいただき、問題に関するサポートを依頼してください。

インデックス作成に Outlook データを含める

Outlook データ ファイルがインデックス処理されていることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Outlook を終了します。

  2. Windows の [コントロール パネル] で、[インデックスのオプション] を開きます。

  3. [インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、[Microsoft Outlook] が [含まれる場所] 列に表示されていることを確認します。

  4. [Microsoft Outlook] が表示されていない場合は、[変更] をクリックし、[Microsoft Outlook] の横のチェック ボックスをクリックしてオンにします。

  5. [OK] を選択し、[閉じる] を選択します。

データ ファイルが選択されていることを確認する

検索対象として想定するデータ ファイルから結果が返されるように Outlook が構成されていることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Outlook を起動し、[検索] ボックスの中をクリックします。

  2. [検索] メニューから、[検索ツール] > [検索する場所] の順に選択します。

  3. 表示されるすべてのデータ ファイルおよびストアが選択されていることを確認します。

コントロール パネルから Office を修復する

修復ツールにアクセスする手順は、オペレーティング システムごとに異なります。次のドロップダウン リストから選択します。

  1. 左下隅の [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を右クリックして、ポップアップ メニューの [アプリと機能] を選択します。

    [アプリと機能] を表示しているスタート メニューのスクリーンショット
  2. 修復する Microsoft Office 製品を選択して、[変更] を選択します。

    注: これにより、Word や Excel など 1 つのアプリケーションのみを修復したい場合でも、Office スイート製品全体が修復されます。 単体のアプリをインストールしている場合は、アプリケーションを名前で検索することができます。

  3. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、修復を実行するための以下のオプションが表示されます。 インストールの種類に応じた手順に従います。

    クイック実行

    [Office プログラムをどのように修復しますか] ウィンドウで、[オンライン修復]、[修復] の順に選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

    MSI ベース

    [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

  4. 画面に表示される手順に従って操作を行い、修復を完了します。

  1. 左下隅の [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を右クリックして、[コントロール パネル] を選択します。

    Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押すと表示されるオプションとコマンドの一覧
  2. [カテゴリ] ビューで、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] を選択します。

  3. 修復する Microsoft Office 製品を右クリックして、ドロップダウンから [変更] を選択します。

    注: Office 365 Solo、Office Home and Student 2013、Office Personal 2016 などのスイート製品を所有しているのであれば、Word や Excel など特定のアプリケーションのみを修復する場合でも、該当するスイート製品名を検索してください。 Word や Excel などの単体のアプリケーションを所有している場合は、アプリケーション名を検索してください。

  4. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、次の該当する Office のインストールの種類の操作を実行します。

    クイック実行のインストールの種類:

    [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、[修復] を選択します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

    MSI ベースのインストールの種類:

    [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

  5. 画面上の残りの手順に従って、修復を完了します。

  1. [スタート] ボタン Windows 7 の [スタート] ボタン 、[コントロール パネル] の順にクリックします。

  2. [カテゴリ] ビューで、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] を選択します。

  3. 修復する Office 製品をクリックして、[変更] をクリックします。

    注: Office 365 Solo、Office Home and Student 2013、Office Home and Student 2016 などのスイート製品を所有しているのであれば、Word や Excel など特定のアプリケーションのみを修復する場合でも、該当するスイート製品名を検索してください。 Word や Excel などの単体のアプリケーションを所有している場合は、アプリケーション名を検索してください。

  4. Office のコピーがクイック実行であるか、MSI ベースのインストールであるかに応じて、次の該当する Office のインストールの種類の操作を実行します。

    クイック実行のインストールの種類:

    [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、[修復] を選択します (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

    MSI ベースのインストールの種類:

    [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリックします。

  5. 画面上の残りの手順に従って、修復を完了します。

新しいプロファイルで検索が動作することを確認する

新しいプロファイルを作成して検索をテストするには、次の手順に従います。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウントの設定]、[プロファイルの管理] の順に選択します。または、Outlook を終了し、Windows の[コントロール パネル] で [メール] を開きます。

  2. [メール設定 - Outlook ] ダイアログ ボックスで [プロファイルの表示] を選択し、[全般] タブで [追加] を選択します。

  3. [プロファイル名] ボックスに新しいプロファイルのための名前を入力し、[OK] を選択します。

  4. メッセージが表示されたら、メール アドレスやパスワードなどのアカウント情報を入力し、[次へ] を選択します。

  5. [完了] を選びます。追加した新しいプロファイル名が [メール] ダイアログ ボックスの [全般] タブに表示されます。

  6. [Microsoft Outlook の起動時に使用するプロファイル] で、[使用するプロファイルを選択する]、[OK] の順に選択します。

  7. Outlook を再起動します。

  8. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスのドロップダウン リストで、作成した新しいプロファイルの名前を選択し、[OK] を選択します。

  9. [検索] ボックスの中をクリックし、検索を試してみます。

検索が動作する場合は、古いプロファイルに問題がある可能性があります。新しいプロファイルを既定のプロファイルとして使用し、古いプロファイルから新しいプロファイルへ情報を移動する必要があります。

検索カタログを再構築する

検索カタログを再構築するには、次の手順に従います。

  1. Outlook を終了します。

  2. Windows の [コントロール パネル] で、[インデックスのオプション] を開きます。

  3. [インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで [変更] を選択し、[Outlook] の横にあるチェック ボックスを選択してオフにし、[OK] を選択します。

  4. [インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] を選びます。

  5. [詳細オプション] ダイアログ ボックスで、[再構築] を選択します。

  6. [OK] を選択し、[閉じる] を選択します。

Outlook データ ファイルを含めずにインデックスの作成 が完了する場合は、Microsoft サポートにお問い合わせいただき、Outlook クイック検索に関するサポートを依頼してください。

インデックス作成が完了しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせいただき、Windows デスクトップ サーチに関するサポートを依頼してください。

Office をアンインストールし、再インストールする

  1. この Easy Fix ボタンをクリックして、Office をアンインストールします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. Easy Fix を保存して使用する方法を示す残りの手順については、以下のドロップダウン リストからお使いのブラウザーを選択します。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、[O15CTRRemove.diagcab] ファイルを開きます。

      [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選択し、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。 [次へ] を選択して画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。 [次へ] を選択します。

    4. コンピューターを再起動し、もう一度 Office をインストールしてください。

    Office を再インストールするには、インストールするバージョンを選択し、その手順に従います。

    Office 365
    Office 2019
    Office 2016
    Office 2013

    1. 左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

      ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。 [次へ] を選択して画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。 [次へ] を選択します。

    4. コンピューターを再起動し、もう一度 Office をインストールしてください。

    Office を再インストールするには、インストールするバージョンを選択し、その手順に従います。

    Office 365
    Office 2019
    Office 2016
    Office 2013

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

      ブラウザー ウィンドウの右上で、[すべての履歴を表示] を選択します。 [履歴] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.diagcab] の順に選択してから、フォルダーのアイコンを選択します。 [O15CTRRemove.diagcab] をダブルクリックします。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。 [次へ] を選択して画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。 [次へ] を選択します。

    4. コンピューターを再起動し、もう一度 Office をインストールしてください。

    Office を再インストールするには、インストールするバージョンを選択し、その手順に従います。

    Office 365
    Office 2019
    Office 2016
    Office 2013

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×