Outlook の低優先メール機能をオン/オフにする

最終更新日: 2018 年 2 月 15 日

Outlook 2016 の低優先メール機能をオフにする

  1. Outlook 2016 の [低優先メール] フォルダーを右クリックして [低優先メールの管理] を選択します ([低優先メールの管理] オプションが表示されない場合、組織で低優先メールが無効になっているか、優先受信トレイを使用中である可能性があります。その他のオプションについては、次のセクションを参照してください)。

  2. 職場または学校アカウントで Outlook on the web にサインインします。ヘルプについては、「一般ビジネス向け Outlook on the web にサインインする」を参照してください。

    低優先メールのオプションのページが自動的に表示されます。

  3. 低優先メールのオプションのページに表示されるオプションに応じて、[低優先メールとして識別されたアイテムを分離する] のチェック ボックスをオフにするか、[低優先メールとして識別されたアイテムを分離しない] オプションを選択します。

    [低優先メール] のオプション

    低優先メール機能をオフにするには、このページで選択を解除して [保存] をクリックします。

  4. [保存] をクリックして、低優先メール機能をオフにします。

この機能をオフにした後も、[低優先メール] フォルダーは Outlook に残ったままになります。

Outlook on the web の低優先メール機能をオフにする

  1. Outlook on the web にサインインします。ヘルプについては、「一般ビジネス向け Outlook on the web にサインインする」を参照してください。

  2. ページの上部で、アプリ起動ツール Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン を選択し、[Outlook] を選択します。

    Office 365 アプリ起動ツールで [Outlook] アプリが強調表示されている

  3. ページの上部で、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します を選び、[アプリの設定] で [メール] を選びます。

  4. [自動処理] で、[低優先メール] を選びます。

    [設定] メニューの [低優先メール] にカーソルを合わせた場合のスクリーンショット。

  5. 低優先メールのオプションのページに表示されるオプションに応じて、[低優先メールとして識別されたアイテムを分離する] のチェック ボックスをオフにするか、[低優先メールとして識別されたアイテムを分離しない] オプションを選択します。

    [低優先メール] のオプション

    低優先メール機能をオフにするには、このページで選択を解除して [保存] をクリックします。

  6. [保存] をクリックして、低優先メール機能をオフにします。

この機能をオフにした後も、[低優先メール] フォルダーは Outlook に残ったままになります。

低優先メール機能を有効にする

ヒント: Office 365 管理者の場合、低優先メールのオン/オフ オプションがユーザーに対して表示されなくなったら、組織での低優先メールの構成に関するページを参照して低優先メールを改めて有効にしてください。

組織で優先受信トレイが有効な場合は、低優先メール機能は動作しません。優先受信トレイではなく、低優先メール機能を使用する場合は、次の手順を使用します。

低優先メール機能を有効にする手順:

  1. Outlook on the web にサインインします。ヘルプについては、「一般ビジネス向け Outlook on the web にサインインする」を参照してください。

  2. ページの上部で、アプリ起動ツール Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン を選択し、[Outlook] を選択します。

    Office 365 アプリ起動ツールで [Outlook] アプリが強調表示されている

  3. ページの上部で、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します を選び、[アプリの設定] で [メール]、[レイアウト]、[優先受信トレイ] の順に選びます。[メッセージを分類しない] を選びます。

  4. ブラウザーを更新します。

  5. ナビゲーション バーで [設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します に戻ると、低優先メールのオプションが表示されます。[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[メール]、[自動処理]、[低優先メール] の順に選びます。

  6. [低優先メールとして識別されたアイテムを分離する]、[保存] の順に選びます。

関連項目

Outlook で低優先メール機能を使って優先度の低いメッセージを並べ替える

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×