Outlook の予定表内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook の予定表内を移動するためのキーボード ショートカット

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

多くのユーザーが、Windows で Outlook のキーボード ショートカットを操作できる外部キーボードを使用すると、より効率的に作業できると感じています。運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。この記事では、Windows の Outlook の予定表ビューで使用するキーボード ショートカットを箇条書きで説明します。メール ビューのショートカットについては、「Outlook 2016 のメール内を移動するためのキーボード ショートカット」を参照してください。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • このトピックでは、2 つ以上のキーを同時に押すショートカット キーのキーがプラス記号 (+) で区切られています。あるキーを押した直後に別のキーを押す必要がある場合は、キーが読点 (、) で区切られています。

この記事の内容

グローバル ナビゲーション

リボンと予定表の間を移動するには、F6 キーを押します。

ナビゲーション ウィンドウと予定表の間を移動するには、Ctrl キーを押しながら Tab キーを押します。

キーボード ショートカットを使用したリボンの移動

Tab キーまたは Shift + Tab キーを使用して目的のタブに移動し、Enter キーを押してリボンのコマンド キーに移動することができます。キーボード ショートカットを使用して、目的のタブを開くこともできます。

操作内容

キー

[ホーム] タブを開く

Alt + H

[ファイル] タブを開く

Alt + F

[送受信] タブを開く

Alt + S

[フォルダー] タブを開く

Alt + O

[表示] タブを開く

Alt + V

[検索] タブを開く

Ctrl + E

操作アシストを開く

Alt + Q

Outlook で機能ビューを開くためのキーボード ショートカット

次の表は、Outlook で各種の機能ビューを開くためのキーボード ショートカットのクイック リファレンスです。

操作内容

キー

Outlook で、別のビューから [予定表] ビューを開く。

予定表は、[ホーム] タブが選択された状態で開かれる。

Ctrl + 2

[メール] を開く

Ctrl + 1

[連絡先] を開く

Ctrl + 3

[タスク] を開く

Ctrl + 4

[メモ] を開く

Ctrl + 5

ナビゲーション ウィンドウのフォルダー一覧に切り替える

Ctrl + 6

ナビゲーション ウィンドウにショートカット メニューを追加する

Ctrl + 7

[履歴] を開く

Ctrl + 8

前のビューに戻る

Alt + B または Alt + ←

次のビューに進む

Alt + →

次のビューに進む

Alt + →

予定表のショートカット キー

ここには、意図に沿うように他の説明を追加できます (80% 以上の人が対応できるようにしますが、長すぎる説明や極端な例は必要ありません)。

操作内容

キー

[予定表の検索] エディット ボックスにジャンプする

Ctrl + E

[指定の日付へ移動] エディット ボックスを開く

Alt + H + L または Ctrl + G

新しい予定を作成する

Ctrl + N または Ctrl + Shift + A

新しい会議出席依頼を作成する

Ctrl + Shift + Q または Alt + H、M + R

新しいアイテムを作成する

Alt + H + I

開いている予定または会議を転送する

Ctrl + F

予定またはタスクにパターンを設定する

Ctrl + G

アラームが表示されたときに予定を開く

Alt + O

アラーム ウィンドウを開く

Alt + V + M

アラームが表示されたときに再通知する

Alt + S

アラームが表示されたときを閉じる

Alt + D

アラームにサウンドを割り当てる

Alt キーを押しながら F、T、A キーを押す。次に Alt キーを押しながら P キーを押す。[参照] ボタンにタブ移動し、Enter キーを押す。[アラームのサウンド ファイル] ダイアログ ボックスで、目的のサウンド ファイルの名前を入力または選択する

翌日に移動する

Ctrl + →

翌週に移動する

Alt + ↓

翌月に移動する

Alt + PageDown

前日に移動する

Ctrl + ←

前週に移動する

Alt + ↑

前月に移動する

Alt + PageUp

週初めに移動する

Alt + Home

週末に移動する

Alt + End

前の予定に移動する

Alt + End Ctrl + コンマ (,) または Ctrl + Shift + コンマ (,)

次の予定に移動する

Ctrl + ピリオド (.) または Ctrl + Shift + ピリオド (.)

予定表の今日の予定を表示する

Alt + H、O + D

次の 7 日間の予定を表示する

Alt + H + X

日ビューを表示する

Alt + H + R または Ctrl + Alt + 1

稼働日を表示する

Alt + H + K または Ctrl + Alt + 2

週全体を表示する

Alt + H + W または Ctrl + Alt + 3 または Alt + 負記号 (-)

月を表示する

Alt + H + T または Ctrl + Alt + 4 または Alt + 等号 (=) S

選択したスケジュールを横書きレイアウトで表示する (複数の予定表を比較して会議のスケジュールを立てるときに便利)

Alt + H、S + V、または Ctrl + Alt + 5

予定表に 10 日間の予定を表示する

Alt + 0

予定表に 1 日間の予定を表示する

Alt + 1

予定表に 2 日間の予定を表示する

Alt + 2

予定表に 3 日間の予定を表示する

Alt + 3

予定表に 4 日間の予定を表示する

Alt + 4

予定表に 5 日間の予定を表示する

Alt + 5

予定表に 6 日間の予定を表示する

Al t+ 6

予定表に 7 日間の予定を表示する

Alt + 7

予定表に 8 日間の予定を表示する

Alt + 8

予定表に 9 日間の予定を表示する

Alt + 9

他のユーザーと共有している予定表を追加するか、新しい予定表を作成する

Alt + H、O + C

新しい予定表グループを作成するか、または部門の予定表を追加する

Alt + H、C + G

選択した予定表を他のユーザーにメールで送信する

Alt + H + E

他のユーザーと予定表を共有する

Alt + H、S + C

カレンダーをオンラインで公開する

Alt + H、P + O

フォルダーの共有アクセス許可を表示および編集する

Alt + H、F + P

メンバーを検索する

Alt + H、F + C

アドレス帳を開く

Alt + H、A + B

予定表の [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスを開く

Alt + H、C + O

現在選択されているアイテムの情報が省略されていたり、完全に読み取ることができなかったりする場合は、このコマンドを使用して Microsoft Active Accessibility (MSAA) 情報をアクティブにしてください。MSAA は、情報を完全に読み取ることができるように、JAWS に詳細を提供します。

Alt + Ctrl +Shift + M

関連項目

スクリーンリーダーを使用して Outlook の予定表を調べて移動する

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×