Outlook の予定表の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

予定表は、予定表とスケジュールのコンポーネントOutlookメール、連絡先、およびその他の機能が完全に統合されているのです。

ノートブックを作成するのと同じようOutlook予定表の任意の時間帯をクリックし、入力を開始できます。 予定表を使用して予定とイベントを作成する、会議、グループ スケジュールの表示、さらに多くの整理できます。

  • 予定とイベントを作成します。     

    Outlook予定表の任意の時間帯をクリックし、予定、またはイベントを作成するのには、入力を開始します。 サウンドや予定、会議、イベントの通知メッセージがあることもでき、すぐに識別の項目を色することができます。

    詳細については、作成、または予定を設定する」および「イベントを作成するを参照してください。

  • 会議を開催する    

予定表で時間を選択し、会議の出席依頼を作成、招待するユーザーを選択します。 Outlookでは、すべての出席者は無料と最も早い時刻を検索できます。 電子メールで会議出席依頼を送信する際に、招待者は、受信トレイに、出席依頼を受信します。 招待者は、出席依頼を開く、できます、仮承諾するには、承諾または拒否する会議を 1 つのボタンをクリックするとします。 競合する場合、出席依頼の項目に、招待者の予定表に、 Outlookに通知が表示されます。 許可した場合、会議の開催者、招待者を代替の会議の日時を提案ことができます。 開催者は、承諾または辞退する、または、出席依頼を開いて、会議の別の日時を提案したを管理できます。

詳細については、「他のユーザーとの会議の予定を立てる」を参照してください。

  • グループ スケジュールの表示    

    グループのユーザーまたはリソースのスケジュールを表示する予定表を作成することができます。 たとえば、ビルの部門や会議室などのすべてのリソースのすべてのユーザーのスケジュールを表示できます。 これにより、会議のスケジュール設定をすばやくします。

  • ビューの予定表のサイド バイ    

    複数の予定表を作成してもOutlookの他のユーザーが共有予定表、サイドバイ サイド インストールを表示することができます。 たとえば、個人用の予定の別の予定表を作成でき、作業時間と個人用予定表サイド バイ サイドの両方を表示できます。

    詳細については、同時に複数の予定表を表示するを参照してください。

    コピーまたは予定を表示の予定表間で移動もできます。 独自の予定表を共有してその他の共有の予定表を開くには、ナビゲーション ウィンドウを使用します。 権限によっては、予定表の所有者によって付与、作成したりの予定が予定表を共有します。

    詳細については、他のユーザーと Outlook の予定表を共有し、他のユーザーのメールと予定表アイテムを管理するを参照してください。

  • 重ねて表示の上に他のユーザーの予定表を表示します。     

    オーバーレイのビューを使用してOutlookの他のユーザーが作成した予定表の共有もを複数の予定表を表示することができます。 たとえば、個人用の予定の別の予定表を作成して、作業と競合または空き時間がある場所をすばやく表示する個人用の予定表を重ねて表示ことができます。

    詳細については、同時に複数の予定表を表示するを参照してください。

  • Microsoft SharePoint サイトの予定表へのリンクします。    

    SharePointサイトにアクセスする場合、 Outlook予定表でそのサイトからのイベントのリストを表示できます。 オフラインで作業している場合でも、 Outlook] の一覧を変更できます。 もう一度、インターネットに接続するときに、変更内容が自動的に同期します。 また、SharePoint の予定表サイド バイ サイドの他の個人または共有の予定表を表示できます。

    詳細については、表示および更新する SharePoint の予定表を参照してください。

  • 予定表をメールですべてのユーザーに送信します。    

インターネット予定表では、名前を付けてメールの宛先に自分の予定表を送信できますが、情報量の共有の制御を保持します。 受信者がOutlookで開くことができるインターネット予定表の添付ファイルとしてメール メッセージの本文に、予定表の情報が表示されます。

詳細については、予定表の共有の概要を参照してください。

  • インターネット予定表の購読します。    

    インターネット予定表の購読には、ダウンロード済みの予定表のインターネット予定表を定期的に同期し、更新のインターネット予定表がようになります。

  • 他のユーザーの予定表を管理します。    

    代理人アクセス機能は、1 人のユーザーが簡単に他のユーザーの予定表を管理するのにOutlookの自分のコピーを使用できます。 たとえば、アシスタントでは、管理者の予定表を管理できます。 指定した場合、マネージャーのアシスタントを代理人として、アシスタントを作成できますが、移動、または予定を削除して、上司の代わりに会議を整理することができます。

    詳細については、他のユーザーのメールと予定表アイテムを管理するを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×