Outlook の予定表の使用を開始します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Outlook の予定表を使用すると、他のユーザーと予定、イベント、および会議を作成することができます。ために、異なる複数の予定表、その他のメール プロバイダーとスポーツ チームまたは本格的な組織などのサービスからの予定表をインポートすることができます。

予定、会議、イベントを作成します。

予定、会議、そのイベントは、多数の類似点を共有します。開始と終了の日付と時刻、件名、場所、すべてがあります。定期的な予定や会議、イベントを作成することができます。

予定は、空きとして、取り込み中、仮承諾、縮小、オフィス、別の場所で作業をマークする時間のブロックです。

イベントと同様に、予定を除く既定では、少なくとも 1 つの完了日を最後がします。

予定または他の出席者とイベントの会議がします。

予定表フォルダーから新しい予定を新しい会議] を選択する新しいアイテム] をクリックしてや開始するのには、すべての終日イベント] を選びます。詳細については、次を参照してください。を作成するか、予定、会議、またはイベントをスケジュールします。

追加の予定表を作成する

他のユーザーとは別の予定、会議、イベントの特定のカテゴリを保持するには、次のように Outlook では、追加の予定表を作成できます。たとえば、ビジネス用の Outlook を使っている場合は、個人用の予定の 2 つ目の予定表を作成します。スポーツ チームの予定表とその他の本格的な組織を追加したり、メインの予定表にイベントをインポートすることができます。

追加の予定表を作成するには、予定表フォルダーに移動します。画面の左側にある、[個人用の予定表を右クリックします。追加の予定表をクリックします。新しい予定表の名前と場所を指定できます。1 回、既存の予定表フォルダーの横にある新しい予定表フォルダーが表示されます] をクリックします。詳細については、追加の予定表を作成するを参照してください。

インターネット予定表を追加または .ics ファイルからのイベントをインポートします。

スポーツ チームやクラブなど、多くの本格的な組織では、既存の予定表に一連の予定またはイベントを追加するのに使用できるファイルのダウンロードを行うことができます。たとえば、すべての特定の野球またはフットボール チームのイベントをインポートできます。

インターネット予定表を購読するには、.ics 拡張子の予定表ファイルをダウンロードします。ファイルをダウンロードし、Outlook を求められる場合をインポートまたは購読する予定表をたいかどうかは、 [はい]と答えてをダブルクリックします。詳細については、インターネット予定表の公開の概要を参照してください。

会議に人を追加します。

会議を作成して後で他の出席者を追加する場合だけで、予定表から会議を開くし、行するか、[スケジュール アシスタントの出席者を追加します。新しい参加者に会議出席依頼を送信するには、[更新内容の送信を選択します。

他のユーザーが作成した会議に参加する、出席者を追加する場合は、会議を転送できます。受信トレイで転送された会議を受信するユーザーが要求を受信して会議の開催者からのものに表示されます。さらに、会議の開催者、参加者に会議を転送するメッセージが表示されます。[ Bcc ] フィールドを使って会議に人を追加することはできません。

注: 他のユーザーに会議について知らせたいが、招待しない場合は、会議出席依頼を、自分の予定表から Outlook の左下にある [メール] アイコンにドラッグします。この操作で、送信できる会議情報を含むメールが開きます。このメールにより、受信者が会議に追加されることはありません。このメールは、日付、時刻、件名、議題などの情報を通知するだけです。

定期的な予定や会議、またはイベントを作成します。

予定、会議、またはイベントを定期的なアイテム、予定表アイテムを作成するときに、リボンの [定期的なアイテム] を選択します。Outlook では、定期的なアイテムのオプションのさまざまなを提供します。

  • 毎日: (X は、任意の番号 1 ~ 999) 毎日または X 日ごとの会議を作成するのにはこのオプションを使用します。平日を選択することもできます。

  • 毎週: (X は、1 ~ 99 の数値を指定) では、特定の日または週 X 日各発生した会議を作成するのにはこのオプションを使用します。たとえば、月曜日に発生する会議を作成するには、月曜日のチェック ボックスをオンし、間隔のすべての週ごと] ボックスに 2 を入力します。

  • 月間: 1 か月または数か月ごとの特定の日に発生する会議を作成するのには、このオプションを使用します。1 か月、その他のすべての月の 2 番目の木曜日または 3 か月ごとの最後の月の最初の週水曜日などのオプションを選択することもできます。

  • 年間: 定期的な特定の日に毎年、たとえば誕生日や記念日、または特定の日、月の例 11 月の 3 番目の木曜日予定を作成するのには、このオプションを使用します。

定期的な予定の詳細については、会議、およびイベントを参照してください定期的な会議を作成します。

関連項目

Microsoft のサポートと回復アシスタント (早川さん)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×