Outlook のホーム ページ機能がフォルダーのプロパティに表示されない

最終更新日: 2017 年 10 月 25 日

問題

10 月公開の更新プログラムをインストールすると、フォルダーのホーム ページが表示されなくなり、ホーム ページ機能が Outlook のフォルダーのプロパティに表示されません。この機能は、セキュリティの脆弱性を制限するため、既定で無効になりました。

これにより影響を受けるのは、Outlook 2010Outlook 2013、および Outlook 2016 です。

状態: 回避策

回避策 1 (推奨) :

使っているフォルダーのホーム ページが Outlook の既定のフォルダーのいずれかに関連付けられている場合に推奨される回避策は、WebView レジストリ エントリを使って、URL ターゲットを外部の Web サイトではなく内部の Web サイトに設定することです。たとえば、受信トレイで内部のホーム ページを参照していた場合は、次のような WebView レジストリ キーを追加して、内部の場所の URL 文字列を設定できます。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Inbox] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

WebView レジストリ キー

他の既定フォルダーに対して追加できる WebView レジストリ キーの例を以下に示します。

フォルダー

レジストリ エントリ

予定表

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Calendar] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

連絡先

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Contacts] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

削除済みアイテム

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Deleted Items] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

下書き

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Drafts] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

履歴​​

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Journal] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

迷惑メール

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Junk E-mail] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

メモ

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Notes] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

送信トレイ

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Outbox] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

RSS

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\RSS] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

送信済みメール

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Sent Mail] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

タスク

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\WebView\Tasks] "URL"="http://[内部の URL をここで指定]"

回避策 2 :

ホーム ページが既定のフォルダーに関連付けられていない場合、または悪意のある Web ページに対するセキュリティ保護を弱くしたい場合は、次のレジストリ キーを設定して、元のフォルダー タブとレンダリング動作を再び有効にすることができます。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security] "EnableRoamingFolderHomepages"=dword:00000001

フォルダーのホーム ページ機能を再び有効にし、これを使用して既定ではないセカンダリのメールボックスで作業する必要がある場合は、次のレジストリ キーも設定する必要があります。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security] DWORD: NonDefaultStoreScript 値のデータ: 1 (16 進数) を有効にします。

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。ご意見をお聞かせください。ご意見をお待ちしています。

Outlook UserVoice

関連項目

最近の PC 版 Outlook の問題に関する修正プログラムと解決策

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×