Outlook のグループ予定表で会議をスケジュールする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[グループ] ワークスペースでは、グループのメンバー全員が予定表を共有し、今後の会議を開催することができます。

グループの予定表で作成したすべての会議は、グループのメールボックスとすべてのグループメンバーの個人用受信トレイの両方に配信されます。次の操作を行います。グループのすべてのメンバーは、会議を編集できます。つまり、イベントの開催者が病気であるか、休暇を取って会議をキャンセルすることを忘れてしまった場合は、グループ内の他のユーザーがそれを取り消すことができます。追加のアクセス許可は必要ありません。

手順を実行するバージョンを選択する

新しい Outlook on the web を使用しているかどうかによって手順が若干異なります。使用している Outlook on the web のバージョンを選択し、該当する手順を表示します。

メールボックスの外観が次のような場合...

メールボックスの外観が次のような場合...

Outlook on the web ベータ版

「新しい Outlook on the web 用の手順」を参照してください。

Outlook on the web

従来の Outlook on the web 用の手順」を参照してください。

注: お客様の組織がツール バー内にロゴを表示している場合、上記とは若干異なるものが表示される可能性があります。

新しい Outlook on the web の手順

新しい Outlook on the web でグループ予定表を開く

  1. Office 365にサインインする

  2. [ Outlook] をクリックします。

  3. ページの下部にある [ 予定表 ] を選択して、[予定表] を開きます。

  4. ナビゲーションウィンドウの [グループ] で、グループを選びます。複数の予定表を開いている場合は、それぞれのイベントが表示されます。上部の色付きのタブでは、各グループに配置されているイベントが示されます。

  5. 予定表ビューを変更するには、[]、[]、[稼働日]、または [] を選びます。

グループ予定表に会議を追加することは、個人用予定表に1つを追加することと非常に似ています。また、すべてのグループメンバーに招待状が送信されます。グループの予定表で会議を作成すると、グループによって整理されたものとして表示します。自動的に出席者として追加され、イベントは個人用予定表に追加されます。

  1. [グループ予定表] で、会議のスケジュールを設定する時間を選びます。

  2. 詳細ウィンドウで、会議のタイトル、場所、終了時刻を入力します。

  3. 既定では、会議出席依頼は、グループ内のすべてのメンバーの受信トレイに送信されます。必要ない場合は、チェックボックスをオフにするか、[詳細情報] を選んで招待者を指定します。

  4. [保存] を選びます。

グループ予定表に休暇期間や不在時間を追加しますか。

  1. グループ予定表で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. 必要な変更を加え、[送信] を選びます。

“承諾“、“仮承諾“、“辞退“など、煩雑なメール通知は低優先メールに移動させることができます。グループ予定表を使用してイベントをスケジュールすると、出席者、欠席者、まだ返信していない人など、ひとめで把握できます。

  1. グループ予定表で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [出席者] の下で、招待された人の名前とステータス (承諾、応答なし、仮承諾、辞退) を参照することができます。

グループの予定表で会議を作成すると、グループ内のすべてのユーザーがそれを取り消すことができます。

  1. グループ予定表で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [キャンセル] をクリックし、適切なキャンセル オプションを選びます。

    会議のキャンセル オプション

従来の Outlook on the web 用の手順

Outlook on the web でグループ予定表を開く

  1. Office 365 にサインインします。

  2. [ Outlook] をクリックします。

    Outlook アプリが強調表示された Office 365 のホーム ページ

    アプリが見つからない場合は、アプリ起動ツールから、[すべてのアプリ] を選択して、利用できる Office 365 アプリのアルファベット順の一覧を表示します。そこから、特定のアプリを検索できます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、[グループ] を選択してから、グループを選択します。

    複数の予定表を開いている場合は、それぞれのイベントが表示されます。上部のタブの色は、各グループの色と一致しており、どのグループのイベントかを示します。

    グループ予定表
  4. 予定表ビューを変更するには、[]、[稼働日]、[] を選びます。

グループ予定表に会議を追加することは、個人用予定表に1つを追加することと非常に似ています。また、すべてのグループメンバーに招待状が送信されます。グループの予定表で会議を作成すると、グループによって整理されたものとして表示します。自動的に出席者として追加され、イベントは個人用予定表に追加されます。

このプロセスを紹介する動画がここにあります。

  1. [グループ予定表] で、会議のスケジュールを設定する時間を選びます。

  2. 詳細ウィンドウで、会議のタイトル、場所、終了時刻を入力します。

    グループ予定表の簡易登録画面

  3. 既定では、会議出席依頼は、グループ内のすべてのメンバーの受信トレイに送信されます。必要ない場合は、チェックボックスをオフにするか、[詳細情報] を選んで招待者を指定します。

  4. [保存] を選びます。

グループ予定表に休暇期間や不在時間を追加しますか。

  1. グループ予定表で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. 必要な変更を加え、[送信] を選びます。

“承諾“、“仮承諾“、“辞退“など、煩雑なメール通知は低優先メールに移動させることができます。グループ予定表を使用してイベントをスケジュールすると、出席者、欠席者、まだ返信していない人など、ひとめで把握できます。

  1. グループ予定表で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [出席者] の下で、招待された人の名前とステータス (承諾、応答なし、仮承諾、辞退) を参照することができます。

    [出席者] リストが強調表示された予定表イベント

グループの予定表で会議を作成すると、グループ内のすべてのユーザーがそれを取り消すことができます。

  1. グループ予定表で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [キャンセル] をクリックし、適切なキャンセル オプションを選びます。

    会議のキャンセル オプション

グループ予定表で会議をスケジュールする

  1. Outlook 2016 では、左側のナビゲーションからグループを選択します。

    左側のナビゲーション バーの [グループ]

  2. リボンで、[予定表] を選びます。

    予定表を選ぶ

  3. [新しい Skype 会議] または [新しい会議] を選びます。これを Skype 会議にすると、通話の詳細がメッセージの本文に追加されます。Skype 会議についての詳細は、「Skype for Business 会議のヘルプ」を参照してください。

    新しい会議

  4. [宛先] 行には、グループのエイリアスが自動的に入力されます。会議の件名、場所、開始時刻、終了時刻を入力します。

  5. 会議領域に議題を入力します。Skype 会議をセットアップする場合は、オンライン会議の情報を変更しないようにご注意ください。

  6. リボンの [スケジュールアシスタント] を選択して、会議に最適な時間があることを確認します。

  7. [送信] を選びます。

会議は、グループの予定表と各メンバーの個人用予定表に表示されます。(会議ではなく予定のスケジュールを設定した場合、appoinment はグループの予定表にのみ表示され、各グループメンバーの個々の予定表ではありません)。

関連トピック

outlook
でグループに参加するoutlook
のグループを共有
するグループファイルを作成するOffice 365 グループについて学習する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×