Outlook のオプション (詳細設定)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook を操作するためのオプションを表示するには、[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。オプションは、メール、予定表、グループ、ユーザーなどによって分類されます。

メールカテゴリが強調表示された Outlook の [オプション] ページ

Outlook ウィンドウ

Outlook ウィンドウをカスタマイズする    

  • [ナビゲーション] をクリックして、Outlook ウィンドウの下部にあるナビゲーションバーに表示されるアイテムの数を選びます。ナビゲーションウィンドウ内のアイテムの表示順序を変更するには、[この順序で表示する] の下にあるアイテムを選択し、[上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。

  • [閲覧ウィンドウ] をクリックして、新しいメールアイテムを開封済みとしてマークするタイミングを指定します。詳細については、「メッセージを開封済みまたは未読としてマークする」を参照してください。

ページの先頭へ

Outlook の開始と終了

このフォルダーの Outlook を起動    する[参照] をクリックして、Outlook を起動したときに開くフォルダーを選びます。

Outlook を終了するときに削除済みアイテムフォルダーを空にする    Outlook を終了するときに、削除済みアイテムフォルダーを自動的に空にするには、このオプションを選択します。

注意: [削除済みアイテム] フォルダーを空にすると、そのフォルダー内のすべてのアイテムが完全に削除されます。

ページの先頭へ

古いアイテムの整理

古いアイテムをアーカイブデータファイルに削除または移動して、メールボックスのサイズを小さくする    [整理の設定] をクリックして、古いアイテムの整理をカスタマイズします。詳細については、「古いアイテムを自動的にアーカイブする」を参照してください。

ページの先頭へ

リマインダー

アラームを表示    するOutlook で会議または予定のアラームを有効または無効にするには、このオプションをオンまたはオフにします。

アラーム音を再生    するアラーム音を有効または無効にするには、このオプションをオンまたはオフにします。[参照] をクリックして、既定のアラーム音 (アラーム wav) をコンピューター上のカスタムサウンドファイルに置き換えます。

ページの先頭へ

エクスポート

他のプログラムで使用するために Outlook 情報をファイルにエクスポートする    [エクスポート] をクリックしてインポート/エクスポートウィザードを開いて、メッセージ、予定表、タスク、連絡先を別のコンピューターの outlook に転送するか、outlook データファイル (.pst) のバックアップを作成します。Outlook アイテムをエクスポートする方法の詳細については、「メッセージ、予定表、タスク、連絡先をエクスポートまたはバックアップする」を参照してください。

ページの先頭へ

RSS フィード

更新された RSS フィードは、新しいものとして表示されます    。このオプションを選択すると、更新時に RSS フィードから新しいアイテムにマークを付けることができます。

RSS フィードを Windows の共通フィードリスト (CFL) と同期    させるこのオプションを選択すると、Internet Explorer と Outlook の両方で同じ RSS フィード購読リストを表示し、維持することができます。詳細については、「 Internet Explorer と Outlook で同じ RSS フィードを表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

送受信

受信および送信アイテムの送受信設定を設定する    [ 送受信] をクリックして、送信/受信グループを作成、編集、または削除します。詳細については、「送受信グループを使用する理由」を参照してください。

接続時にすぐに送信する    このオプションをオンにすると、オフラインで作業しているときに構成されているメッセージが、オンラインに戻ると同時に Outlook によって送られます。

ページの先頭へ

開発者向け情報

高度なユーザー設定のフォームオプションを構成する    ユーザー設定フォームの詳細オプションを設定するには、[ユーザー設定のフォーム] をクリックします。詳細については、「 Outlook フォームのカスタマイズ」を参照してください。

アドインのユーザーインターフェイスエラーを表示する    既定では、アドインが outlook ユーザーインターフェイスを操作しようとして失敗した場合、outlook にエラーメッセージは表示されません。このオプションを選ぶと、ユーザーインターフェイスに関連するアドインエラーのメッセージを Outlook に表示することができます。

ページの先頭へ

表示​​

ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする    このオプションを選択すると、コンピューターのグラフィックカードを使用して、3次元図形、図形効果、およびテキスト効果をレンダリングできなくなります。

ページの先頭へ

その他

クイッククリック分類項目を設定    する[クイッククリック] をクリックして、[分類項目] 列をクリックしたときに既定の分類項目を割り当てるように設定します。

アイテムを完全に削除する前に確認メッセージを表示する    アイテムを完全に削除する前に Outlook に確認を求められるようにするには、このオプションを選択します。

送信された電子メールの分析を許可して、一般的によく話し合っているユーザーを特定し、この情報を既定の SharePoint サーバーにアップロードします    。このオプションをオンまたはオフにして、Outlook でのアクティビティを同僚とキーワードの候補について分析するかどうかを管理します (組織内のユーザーや情報にすばやく接続できるように設計された機能)。

トラブルシューティングログを有効にする (Outlook の再起動が必要)   このオプションを選択すると、特定の Outlook 機能のログを有効にして、問題のトラブルシューティングを行うサポートスタッフに役立つログを作成することができます。詳細については、「ログを有効にする (トラブルシューティング)」オプションを参照してください。

以前のバージョンの Microsoft Outlook からグループスケジュールを移行する   [フォルダーの選択] をクリックして、別のバージョンの Outlook からグループスケジュールを移行するときにフォルダーを選びます。

会話とグループを展開するときにアニメーションを使用する   既定では、Outlook では、メッセージの会話やグループを展開しながら簡単なアニメーションが表示されます。このアニメーション効果を無効にするには、このオプションをオフにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×