Outlook にインポートする .csv ファイルを作成または更新する

Outlook にインポートする .csv ファイルを作成または更新する

CSV (コンマ区切り値) ファイルは、Excel で作成または編集できる特別な種類のファイルです。列で情報を格納するのではなく、CSV ファイルではコンマ区切りで情報を格納します。文字列と数値を CSV ファイルで保存すると、プログラム間で簡単にファイルを移動できます。たとえば、Google から連絡先を CSV ファイルでエクスポートして、Outlook にインポートすることができます。

Outlook に予定表のエントリのリストをインポートする方法については、「Outlook のメール、連絡先、予定表をインポートおよびエクスポートする」を参照してください。

別のプログラムまたはメール プロバイダーから .csv ファイルを作成する

別のプログラム (例: Gmail) から連絡先をエクスポートする場合、通常、いくつかの形式から選択することができます。Gmail では、Google CSV ファイル、Outlook CSV ファイル、または vCard のいずれかを選択できます。Outlook プロファイルからエクスポートして別のプロファイルにインポートする場合、コンマ区切り値ファイルまたは Outlook データ ファイル (.pst) へのエクスポートを選択できます。

Outlook に連絡先をインポートするためのサンプルの .csv ファイルをダウンロードして開く

手動で連絡先用の CSV ファイルを作成する場合は、次の 2 つの方法のいずれかを行うことができます。

Excel ファイルを作成して CSV ファイルとして保存する

エクスポートすることが許可されていないプログラムに連絡先情報がある場合は、手動で情報を入力できます。

  1. Excel で文書を新規作成します。

  2. 記録の必要な各情報 (たとえば、名、姓、メール アドレス、電話番号、誕生日) の列見出しを追加して、適切な列に情報を入力します。

  3. 完了したら、Excel ファイルは次のような外観になります。

    サンプルの .csv ファイルは、Excel で次のように表示されます。

  4. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

  5. ドロップダウン ボックスを使用して CSV (コンマ区切り) (*.csv) を選択し、ファイルに名前を付けて [保存] を選択します。

    Excel ファイルを CSV ファイルとして保存します。

  6. これで、この新しい CSV ファイルを使用して、連絡先を Outlook にインポートできます。

テンプレートの CSV ファイルをダウンロードする

空白の CSV ファイルから開始する場合は、下のサンプル ファイルをダウンロードできます。

  1. このサンプルの .csv ファイルをコンピューターにダウンロードします。メッセージが表示されたら、[保存] を選んでファイルを CSV ファイルとしてコンピューターに保存します。Excel ファイル (.xls または .xlsm) で保存すると、1 つの列にすべてのデータが詰め込まれます。

    サンプルの .csv ファイルをダウンロードするときは、.csv ファイルとしてコンピューターに保存します。

  2. コンピューターで Excel を開きます。

  3. Excel で、[ファイル]、[開く] の順に移動し、コンピューターにダウンロードした .csv ファイルに移動します。.csv ファイルを検索するには、必ず [すべてのファイル] で検索します。.csv ファイルをクリックして開きます。

    csv ファイルを検索するには、すべてのファイルを必ず検索します。

このサンプル CSV ファイルを使用する場合は、次の点にご注意ください。

  • Outlook では 1 行目に列見出しが必要なので、別のテキストで置き換えないでください。

    サンプルの .csv ファイルは、Excel で次のように表示されます。

  • 行 2 から 6 のデータ (サンプル名、電話番号、メール アドレスなど) を削除できます。

  • すべての列に値を入力する必要はありません。必要な値だけを入力してください。

  • このファイルに新しい名前を付けて、CSV ファイル形式 (.csv) で保存します。このファイルを Excel で使用すると、保存時に "CSV 形式で保存してよろしいですか?" というメッセージが数回表示されます。必ず [はい] を選んでください。[いいえ] を選択すると、ファイルは Excel のネイティブ形式 (.xlsx) で保存されるため、Outlook でそのファイルを使用してデータをインポートすることはできません。

  • いくつかの連絡先を使って CSV ファイルのインポートを練習し、問題なくインポートできることを確認します。その後、インポートした連絡先を削除して他の連絡先を CSV ファイルに追加してから、もう一度インポートします。

    サンプルの CSV ファイルにデータをインポートする場合、Office 365 の Outlook on the web では次のように表示されます。

    連絡先をインポートすると、Outlook on the web ではこのように表示されます。

Outlook にインポートする連絡先の .csv ファイルを編集します。

たとえば、Outlook からエクスポートした .csv ファイルを編集し、Outlook または他のメール プロバイダーにインポートするとします。Excel を使用すると、簡単に .csv ファイルを編集できます。

.csv ファイルを編集する場合は、注意する点がいくつかあります。

  • 列見出しは 1 行目のままにします。

  • 保存するときは、"CSV 形式で保存してよろしいですか?" というメッセージが数回表示されます。必ず [はい] を選択してください。[いいえ] を選択すると、ファイルは Excel のネイティブ形式 (.xlsx) で保存されるため、Outlook にインポートすることはできません。

問題:最初の列にすべてのデータが表示される

.xls 形式で保存された .csv ファイルの例。

この問題が発生するにはいくつかの原因があります。解決するには、次を試してください。

  • .xls、.xlsx、.xlm などの別の形式で CSV ファイルを保存すると、すべてのデータが最初の列に表示されます。元の CSV ファイルに戻って、.csv 形式のファイルとして確実に保存します。

  • CSV ファイルを作成するプログラムによって、データに余分な引用符が入れられている場合があります。その結果、Excel がそのデータを 1 つの単位として扱ってしまいます。たとえば、データが次のようであったとします。

    a, b, c, d: Excel は各文字をそれぞれ別の列に配置します。

    "a, b, c, d", e - Excel は a、b、c、d を 1 つの列に配置し、e は別の列に配置します。

    ファイルでこの問題が起きているか確認するには、ファイルをメモ帳で開きます。Windows で CSV ファイルを右クリックし、[プログラムから開く] > [メモ帳] を選択します。余分な引用符を検索します。

    余分な引用符がある場合、ファイルはこのように修正できます。

    1. Excel を使用して CSV ファイルを開きます。すべてのデータは列 A に配置され、引用符は表示されなくなります。

    2. ここで [区切り位置] ウィザードを使用し、列 A のデータを個々の列に分離します。これには、メニュー バーで [データ]、[区切り位置] の順に選択します。

      [データ] > [区切り位置]

    3. [区切り記号付き] > [次へ] を選択します。次いで、[コンマ] > [完了] を選択します。

    4. Outlook にインポートできるように、ファイルを .cvs 形式で保存します。

関連項目

Outlook に連絡先をインポートする

Outlook から連絡先をエクスポートする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×