Outlook で Office 365 グループの使用を開始する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

聞いたこと Office 365 のグループと Outlook では、使用する方法については、おそらくわからない手順をご紹介します。この記事では、自分やチームを Outlook で Office 365 のグループを開始する方法をいくつかの基本的な手順に沿ってしましょう。についても説明 一部のリンクの詳細を行う準備ができたら、その他の詳細なコンテンツにします。

グループとは何がわからない場合は、最初にOffice 365 のグループに関する詳細を参照してください。

Outlook が必要な Exchange online をサポートしている Office 365 プランと SharePoint online で、Business Premium、E3 E5 など、Office 365 グループから最もを表示します。

注: Outlook 2016 で Office 365 のグループを使用するためには、Exchange キャッシュ モードで Outlook を使う必要があります。 詳細については、 [Exchange キャッシュ モードを有効にするを参照してください。

その機能を使用開始するための詳細については、以下のタブを選択します。

最初にグループを作成する必要があります。Outlook 2016 でのグループ作成は簡単です。以下で手順を簡単に説明します。

  1. リボンのグループ セクションから [新しいグループ] をクリックします。デスクトップ版ではなく、Outlook on the web を使用している場合は、[新規作成] の横にある下矢印をクリックして、[グループ] を選択することで、このプロセスを開始できます。

    Outlook の [新しいグループ] 情報ページ
  2. グループに名前を付けます。

  3. プライバシー設定を設定します。グループは、既定では、プライベートができます。グループのメンバーのみが表示されるに参加するグループの所有者の権限が必要になります。パブリック グループを表示し、参加すると、組織内のユーザーによるできます。どちらの設定は、具体的に人を招待してゲストとしてしない限り、組織外のユーザーにグループを公開します。

    ヒント: グループは、web 上の Outlook を使用して作成するときに、プライベートを既定でです。数か月後では、Outlook アプリを使用して作成されたときに、既定でプライベートようになります。

  4. 新しいメンバーにグループ (オプション) を実行するかを決定します。グループをフォローしているメンバーの個人用受信トレイの各グループのメッセージのコピーが表示されます。単に参加しているメンバーは、グループの会話に参加するグループの共有の受信トレイに移動する必要があります。

その他:

グループを作成したら、グループにメンバーを追加できます。新しいメンバーを追加するには、次の操作を行います。

  1. 左のナビゲーション ウィンドウで目的のグループを見つけて、Outlook 2016 でグループに移動します。メールボックスの [グループ] セクションの下にあります。

  2. グループを選択したら、リボンの [メンバーの追加] をクリックします。Outlook on the web を使用している場合は、グループのメンバー数をクリックし、ウィンドウの右上にある [メンバーの追加] をクリックします。

    グループに追加するユーザーの名前またはメール アドレスを入力し、[OK] をクリックします。
  3. 表示されたフィールドに、追加する人物の名前またはメール アドレスを入力します。入力が完了して [OK] をクリックすると、ユーザーが追加されます。各ユーザーは、グループへのウェルカム メッセージを受け取り、グループ コンテンツにアクセスできるリンクを取得します。

    ヒント: 既存の配布リストのすべてのメンバーを追加する場合は、配布リストの名前を入力すると、手順 1 つですべて追加されます。

その他:

Outlook での Office 365 グループの会話は、グループの共有受信トレイで行われます。そこでユーザーは、メッセージを読んだり、返信したりすることができます。また、メンバーはメッセージの履歴を簡単に検索したり、スクロールして過去の会話を振り返ったりすることができます。共有受信トレイは、Outlook 2016 ユーザーが使い慣れた個人用の受信トレイとよく似ています。各会話は、左側のメッセージ リストに個別に表示され、1 つの会話をクリックすると、閲覧ウィンドウで開かれます。

Office 365 グループの共有受信トレイは会話をする場所です。

ヒント: 積み上げ - 500,000 円であり、1 つの投稿として反対個々 のメッセージのスレッドをスクロールするには、Outlook で Office 365 グループの会話が表示されます。個々 のメッセージとして表示する場合は、次のグループと個人用受信トレイの個々 のメッセージが表示されます。

これで、グループを作成するした後、新しい会話を始めましょう。グループの共有、受信トレイを開き、リボンの [新しい会話をクリックすると、新しいメッセージを投稿できます。または、グループのエイリアスにメールを送信するだけです。グループのすべてのメンバーに投稿した新しいメッセージの閲覧し、自分の個人用受信トレイでグループをフォローしているすべてのメンバーが、メッセージのコピーに表示されます。

その他:

各 Office 365 グループには、ドキュメント、ワークブック、プレゼンテーションなど、ほぼすべての種類のファイルを保存、共有、共同作業できる共有ファイル ライブラリが用意されています。

(左側のナビゲーション ウィンドウで) Outlook のグループに移動し、ファイル ライブラリにアクセスして、リボンの [ファイル] をクリックします。ファイル ライブラリはブラウザーで開き、ここから新しいファイルの作成やコンピューターからのファイルのアップロードを実行でき、SharePoint ドキュメント ライブラリで利用可能なほぼすべてのタスクを行うことができます。グループでの共有に役立つファイルの種類を考えましょう。Microsoft Office のファイルに限定されることはありません。PDF や写真など、グループで役に立つ他の種類のファイルも共有できます。

Office 365 グループで [ファイル] をクリックすると、グループに保存されているファイルとフォルダーの一覧が表示されます。

ファイルをダウンロードまたは削除する場合は、そのファイルを選択するだけで、操作のオプションがツールバーの上部に表示されます。

その他:

各 Office 365 グループには、アイデア収集や共同作業、リサーチ内容の保存が可能な独自の共有 OneNote ノートブックが用意されています。

左のナビゲーション ウィンドウで目的のグループを見つけて、OneNote 2016 でグループに移動するか、または Outlook on the web で [連絡先] タイルに移動して、グループに移動します。表示されたら、リボンの [ノートブック] をクリックして、グループの共有ノートブックを開きます。

OneNote の共有ノートブックでメモやアイデアを収集して共同作業する

最初にグループの共有ノートブックを開くときは、OneNote Online のブラウザーで開きます。そこで編集することができます。または、OneNote 2016 を持っていて、それを使用したい場合は、リボンから [OneNote で編集] をクリックします。OneNote 2016 で開いたら、そのノートブックは OneNote 2016 で開いているノートブックのリストと同期されるため、OneNote から直接アクセスでき、最初にグループに移動する必要がありません。

グループの OneNote ノートブックに移動し、グループにとってアイデア収集や共同作業に役立つものを考えてみてください。たとえば、チームに関連する Web コンテンツや記事について、情報収集やコメントに使用するセクションを設けることができます。

注: グループのノートブックは、iOS や Android 用のOneNote を使用して、スマートフォンやタブレットでも利用可能です。

その他:

共有予定表は、グループのイベントやミーティング、マイルストーンなど、さまざまな予定に役立ちます。各 Office 365 グループには、すべてのメンバーが閲覧および投稿できる共有予定表があります。

グループの予定表の操作は、個人用予定表の操作と変わりありません。ナビゲーション ウィンドウの [予定表] ボタンを選択すると、個人用予定表とメンバーとして参加しているグループの共有予定表が表示されます。閲覧および表示したい各予定表の横にあるチェック ボックスをオンにすると、横に並べて表示したり、重ねて表示したりできます。

異なるグループを示すために色分けされたグループ予定表の例

共有予定表へのアイテムの追加方法は、個人用予定表と同じです。ただし、共有予定表にアイテムを追加すると、グループの他のメンバーもそのイベントに招待され、メンバーは個人用予定表にアイテムを追加できます。共有予定表を手に入れたら、グループが参加する会議やイベントを追加してみましょう。

その他:

グループを作成して運用し始めました。次は何ができるでしょうか?

関連項目

ご質問がある場合

Microsoft 技術コミュニティにアクセスし、Microsoft Office 365 グループに関する質問を投稿して、会話に参加してください。

ご意見をお待ちしています。

Diane には、この記事は、自分のフィードバックの結果として2018 年 4 月 18日[最終更新日。、役に立つが見つかった場合は、していない場合は、特にくださいフィードバック コントロールを下] をクリックしてへのご協力一部用のコメントを投稿ため、それを向上させることができます。ありがとうございます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×