Outlook でスクリーン リーダーを使用して拡大/縮小する

Outlook でスクリーン リーダーを使用して拡大/縮小する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

スクリーン リーダーを使用していない人、(Windows) でのメール メッセージのテキストは、通常より大きいまたは小さい」を参照してください。

Outlook 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーである JAWS やナレーターなどのスクリーン リーダーを使用して、メールのテキストを拡大し、読みやすくすることができます。テキストを縮小して元のサイズに戻すこともできます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

専用のウィンドウでメールを拡大する

専用のウィンドウでメールを拡大します。のみを読んでいる現在のメールを拡大することができます。別のメールに移動すると本文のテキストは既定のフォント サイズを返します。

ヒント: メールの閲覧ウィンドウを拡大することもできます。詳細については、閲覧ウィンドウでメールを拡大する参照してください。

  1. メッセージの一覧では、メールに移動し、Enter キーを押します。メールは、専用のウィンドウで開きます。

  2. メールを拡大するには、Alt + H キーを押し、次に Q + 1 キーを押します。[ズーム] ダイアログが開きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールのフォント サイズを 2 倍に上方向キーを押します。

    • 独自のズームの値を入力するには、alt キーを押しながら E キーを押します。「%」、現在の割合、および「編集可能なスピン ボタン」を聞くJAWS でサウンドが:「パーセント スピン ボックス」。ズーム値、250 または 400 などを入力します。

  4. [ズーム] ダイアログを閉じるには、ズームされたメールを読んでから Enter キーを押します。

注: リボン上のテキスト サイズは変更されません。リボンまたはOutlookナビゲーション ウィンドウでテキストのサイズを変更するには、お使いのコンピューターの表示設定を変更するのにがあります。

専用のウィンドウでメールを縮小する

  1. ズームされたメールで、Alt + H キーを押して、次に Q + 1 キーを押します。[ズーム] ダイアログが開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 元のサイズに、メールのフォント サイズを小さくために「ズーム、選択している、100%」が聞こえるまでに下方向キーを押します

    • 独自のズームの値を入力するには、alt キーを押しながら E キーを押します。「%」、現在の割合、および「編集可能なスピン ボタン」を聞くJAWS でサウンドが:「パーセント スピン ボックス」。たとえば、75、ズーム値を入力します。

  3. [ズーム] ダイアログを閉じるには、Enter キーを押します。

閲覧ウィンドウでメールをズームする

  1. [メッセージ] リストで、メールに移動します。

  2. フォーカスをステータス バーに移動するには、“ステータス バー” の後にステータス バーで最近使用したオプションが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. [ズーム] スライダーに移動するには、“ズーム、ボタン” と読み上げられるまで Tab キーを押してから、目的のテキスト サイズに到達するまで Enter キーを繰り返し押します。

閲覧ウィンドウでメールを縮小する

  1. 拡大するメールが聞こえるまでに f6 キーを押して「ステータス バーで、」ステータス バーの最近使用したオプションが続きます。

  2. [ズーム] スライダーに移動するには、“縮小、ボタン” と読み上げられるまで Tab キーを押してから、目的のテキスト サイズに到達するまで Enter キーを繰り返し押します。

リボンのテキスト サイズを変更する

リボン上またはOutlookのナビゲーション ウィンドウでテキストのサイズを変更するには、お使いのコンピューターの表示設定を変更します。

  1. Windows ロゴ キーを押します。"Cortana、検索ボックス、編集" と読み上げられます。

  2. [検索] テキスト フィールドに、「表示」を入力して、Enter キーを押します。[表示] 設定のウィンドウが開きます。

  3. "テキスト、アプリ、その他のアイテムのサイズを変更する" の後に現在の値が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  4. オプションの一覧を開くには、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。

  5. 新しいサイズの値を選択するには、目的の値が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを使ってを拡大、またはメールのテキストを拡大し、読みやすくOutlook 2016 for Macを使用します。拡大/縮小したりまた、元のテキストのサイズに戻すことができます。

注: 

この記事の内容

専用のウィンドウでメールを拡大する

  1. メッセージの一覧では、メールに移動し、Return キーを押します。メールは、専用のウィンドウで開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 電子メールのフォント サイズを大きくには、Command + 正符号 (+) キーを押します。

    • メールのフォント サイズを小さくには、Command + 負符号 (-) キーを押します。

ズーム機能を使用します。

Mac のズーム機能を使用Outlookの任意の領域内のコンテンツを拡大するのにキーボード ショートカットを使用することができます。

  1. メニュー バーに移動すると、コントロールと Option キーを押しながら M キーを押します。サウンドが:"メニュー バーの Apple"。次に、システム環境設定を開くには、キーを押しますダウン矢印「システム環境設定] の」を聞くし、コントロール + オプション + Space キーを押してになるまで。

  2. システム環境設定] で必要があるまで Tab キーを押し「アクセシビリティ、ボタン、」コントロール + オプション + space キーを押します。ユーザー補助] メニューを開きます。

  3. Tab キーを押します。サウンドが:「ユーザー補助機能、テーブル、[全般] を選択します」。ズーム機能] メニューを開くが聞こえるまでに下方向キーを押して:「拡大/縮小します」。

  4. コンテンツを拡大/縮小するキーボード ショートカットを使用するには、「拡大表示をオフの場合、ショートカット キー] チェック ボックスを使用」と選択コントロール + オプション + Space キーを押してが聞こえるまで Tab キーを押しします。サウンドが:「チェック、拡大/縮小] チェック ボックスをオンにキーボード ショートカットを使用する」。

  5. Outlookにすることができますこれで、次を操作。

    • メールと予定表 (ズームイン) キーを押しますの表示を拡大するにはオプション コマンド + + カンマ (,) をサインインします。現在のズーム レベルが聞こえます。

    • ビュー (縮小) を縮小するには、キー オプション + ピリオド (.) を記号キーを押します。現在のズーム レベルが聞こえます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーの拡大、またはメールのテキストを拡大し、読みやすくには、携帯電話のズーム機能を使って、 Outlook 2016 for Macを使用します。拡大/縮小したりまた、元のテキストのサイズに戻すことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

ズームを有効にします。

スマートフォンのアクセシビリティ設定でズーム機能を有効にします。

  1. スマートフォンで、[設定] アイコンのあるホーム画面に移動するには、3 本の指で右または左にスワイプします。"設定" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. の設定]、[アクセシビリティ] メニューを開くまで右へスワイプ「[全般] ボタン、」を聞くし、画面を 2 回タップします。聞こえるまで右にスワイプし、「[アクセシビリティ] ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  3. [ズーム] メニューを開くには、"ズーム機能、オフ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. [ズーム] 機能を有効にするには、"ズーム機能、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

メールにズームインします。

ズーム機能を使用するには、 Outlook 2016 for Macでメールの内容を拡大するのにジェスチャを使用できます。ズーム機能を有効にする、ズームを有効にするを参照してください。

拡大/縮小するOutlook電子メール] で、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大し、電子メールの特定の部分を参照してくださいは、3 本の指で画面を 2 回タップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、3 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、3 本の指でダブルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

Android 版 Outlookを TalkBack、拡大、またはメールのテキストを拡大し、読みやすくには、携帯電話の拡大機能を使って、組み込みの Android スクリーン リーダーを使用します。拡大/縮小したりまた、元のテキストのサイズに戻すことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

倍率を有効にします。

スマートフォンの [ユーザー補助] 設定で拡大機能を有効にします。

  1. スマートフォンの [設定] で [ユーザー補助] メニューを開くには、"ユーザー補助" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [拡大操作] メニューを開くには、"拡大操作、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. 拡大機能を有効にするには、"トリプルタップして拡大/縮小します" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"オフ スイッチ" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。拡大が有効になり、"オン" と読み上げられます。

メールにズームインします。

拡大機能を使用するには、 Android 版 Outlookでメールの内容を拡大するのにジェスチャを使用できます。拡大機能をオンにするには、倍率を有効にするを参照してください。

拡大/縮小するOutlook電子メール] で、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大し、電子メールの特定の部分を参照してくださいには、画面をトリプル タップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、2 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、画面をトリプルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

ナレーターを拡大、またはメールのテキストを拡大し、読みやすくには、携帯電話の拡大機能を使って、組み込みの Windows スクリーン リーダーのOutlookを使用します。拡大/縮小したりまた、元のテキストのサイズに戻すことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

拡大を有効にします。

スマートフォンの簡単操作設定で拡大機能を有効にします。

  1. スマートフォンの [設定] で [簡単操作] メニューを開くには、"簡単操作" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [拡大] メニューを開くには、"拡大" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. 拡大表示を有効にするには、"オフ、拡大表示、トグル スイッチ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。拡大表示が有効になり、"オン、拡大表示、トグル スイッチ" と読み上げられます。

メールにズームインします。

拡大機能を使用するには、 Outlookでメールの内容を拡大するのにジェスチャを使用できます。の拡大機能するには、拡大鏡を有効にするを参照してください。

拡大/縮小するOutlook電子メール] で、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大し、電子メールの特定の部分を参照してくださいは、2 本の指で画面を 2 回タップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、2 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、2 本の指でダブルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

ナレーターは、web ブラウザーを拡大、または電子メールまたは予定表のテキストを拡大し、読みやすくすること、で、組み込みの Windows スクリーン リーダーのOutlook Web Appを使用します。拡大/縮小したりまた、元のテキストのサイズに戻すことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • このトピックでは、閲覧ウィンドウがオフであることを前提としています。

  • Outlook Web App を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。Outlook Web App は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook Web App には適用されません。

拡大またはMicrosoft Edgeの拡大し、縮小関数を使用してOutlook Web Appのコンテンツを縮小できます。

  1. Microsoft EdgeでOutlook Web Appを使用している場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • (ビューで拡大/縮小) を拡大するには、ctrl キー + 正符号 (+) キーを押します。サウンドが:「拡大」。

    • ビュー (縮小) を縮小するには、ctrl キーを押しながら負符号 (+) キーを押します。サウンドが:「拡大/縮小したりします」。

  2. 目的の拡大率になるまで、[拡大] と [縮小] を連続して複数回選択します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook on the web のショートカット キー

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×