スキップしてメイン コンテンツへ
Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

ナレーターは、組み込みの Windows スクリーン リーダーのOutlook メールを使用して、アカウントをセットアップします。 作業時間、家族、友人との接続を維持する複数のアカウントを追加する方法を学習します。

Outlook メールには、ほとんどの種類のメール サービスがサポートしています。 次の Microsoft アカウントを追加することができます: Exchange、 Office 365、 Outlook.com、 HotmailLive.com、および MSN.com します。 次のサード パーティ アカウントのいずれかを追加することもできます Gmail、yahoo!。 Gmail、Yahoo!メール、iCloud、POP または IMAP サーバーを使用するアカウント。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。 ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

この記事の内容

最初のアカウントを設定する

ナレーターを使用すると、Outlook メール で最初のアカウントをすばやく設定して、開始できます。 最初のアカウントには、サポートされている任意の種類のアカウントを使用できます。 メール アカウントはそれぞれ異なるため、次の手順は、Outlook メール を初めて開いたときのアカウント設定に関する一般的なガイドラインを示しています。

Microsoft アカウントを最初のアカウントとして設定する方法の詳細については、「最初のアカウントとして Microsoft アカウントを設定する」を参照してください。

  1. Outlook メール を開きます。 [ようこそ] ウィンドウが開きます。 "Outlook メール ウィンドウ" と読み上げられます。

  2. "開始ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "アカウントの追加ボタン" と読み上げられます。

  3. 画面をダブルタップします。 "メールとアカウント ウィンドウ" と読み上げられます。 [アカウントの選択] ダイアログが開きます。

  4. 選択したアカウントのサインイン ウィンドウが開き、アカウントのサインイン情報を入力するよう求められます。 サインイン手順は、選択したアカウントによって異なります。

    メール アドレスとパスワードの編集可能なテキスト フィールドが読み上げられるまで左または右にスワイプします。この情報は、同じウィンドウで入力できることがあります。

  5. テキスト フィールドで、画面をダブルタップすると、スクリーン キーボードが別ウィンドウで表示されます。 メール アドレスまたはパスワードを入力します。

  6. 次の手順に移動するには、"次へボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  7. 資格情報の入力後、"サインイン ボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    Office 365 や組織のネットワークなど、アカウントによっては、サインインのときに詳細情報を入力するよう求められることがあります。

  8. 正常に設定されると、アカウントの詳細の後、"完了ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。

  9. [ようこそ] ウィンドウに戻ります。 "準備完了、ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。 フォーカスが新しい [受信トレイ] に移動します。

最初のアカウントとして Microsoft アカウントを設定する

ナレーターを使用して、最初のアカウントとして Microsoft アカウントを簡単に設定します。

  1. Outlook メール を開きます。 "Outlook メール ウィンドウ" と読み上げられます。 [ようこそ] ウィンドウが開きます。

    注: Microsoft アカウントを使用して Windows Phone にサインインしている場合は、"準備完了、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 完了後、フォーカスは [受信トレイ] に移動します。

  2. "開始ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "アカウントの追加ボタン" と読み上げられます。

  3. 画面をダブルタップします。 "メールとアカウント ウィンドウ" と読み上げられます。

  4. 目的の Microsoft アカウントの種類 ("Outlook.com" など) が読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "メールとアカウント ウィンドウ" と読み上げられます。

  5. "メール、電話、または Skype、編集可能なテキスト" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードが別ウィンドウで表示されます。

  6. Microsoft アカウントのメール アドレスを入力します。

  7. "パスワード、編集可能なテキスト" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  8. アカウントのパスワードを入力します。

  9. "サインイン ボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  10. "次へボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。

  11. "<アカウントの詳細>、完了ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。

  12. "準備完了、ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。 フォーカスが Microsoft アカウントの [受信トレイ] に移動します。

最初の設定後に他のアカウントを追加する

最初にメールを設定した後でも、メール アカウントは簡単に追加できます。 後続のアカウントには、サポートされている任意の種類のアカウントを使用できます。 メール アカウントはそれぞれ異なるため、次の手順は、追加のメール アカウント設定に関する一般的なガイドラインを示しています。

最初の設定後に Gmail アカウントを設定する方法については、「最初の設定後に Gmail アカウントを追加する」を参照してください。

  1. Outlook メール の [受信トレイ] で、"その他のオプション、ボタン折りたたみ" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "その他のオプション、ポップアップ、ユーザー設定" と読み上げられます。

  2. "アカウントの管理、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. "アカウントの追加、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [アカウントの選択] ウィンドウが開きます。

  4. 追加するアカウントが読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 画面上のアカウント設定フローと、「最初のアカウントを設定する」の手順 5 以降に従って操作します。

最初の設定後に Gmail アカウントを追加する

  1. "Google" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "認証ページ" と読み上げられます。 Google のサインイン ウィンドウが開きます。

  2. "メールを入力、編集可能なテキスト" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードが別ウィンドウで表示されます。

  3. Gmail アドレスを入力します。

  4. "次へボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  5. "パスワード、編集可能なテキスト" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードが別ウィンドウで表示されます。

  6. パスワードを入力します。

  7. "サインイン、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプして、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  8. Windows による Google のメールと設定情報へのアクセスを許可するように求められます。 "許可、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 どの名前を使用してメールを送信するかを指定するように求められたら、名前を入力します。

  9. 正常に設定されると、"完了ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。 フォーカスがアカウントの一覧に戻ります。

  10. [受信トレイ] に戻るには、"ナビゲーション バー、戻るボタン折りたたみ" と読み上げられるまで画面の下部で 1 本の指をスライドし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×