スキップしてメイン コンテンツへ
Office
Outlook でスクリーン リーダーを使用してフォルダーを操作する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してフォルダーを操作する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーで Outlook を使用して、新しいフォルダーを作成し、項目を移動します。 ナレーターと JAWS を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 フォルダーの名前変更、移動、または削除を行うこともできます。

注: 

この記事の内容

フォルダーウィンドウを表示する

Outlookでフォルダーの操作を開始するには、最初にフォルダーウィンドウが表示されるようにする必要があります。

[フォルダー] ウィンドウを表示するには、 Outlook メインビューで、Alt キーを押しながら V キーを押し、F キー、N キーを押します。

新しいフォルダーを作成する

新しいフォルダーを作成して、件名や差出人に応じたメールなどの整理を行うことができます。

  1. Outlook メインビューで、Alt キーを押しながら O キーを押し、N キーを押します。"新しいフォルダーの作成、名前、編集中" と読み上げられます。 フォーカスは [名前] テキストフィールドにあります。

  2. フォルダーの名前を入力し、Tab キーを押します。 "Folder contains" と読み上げられ、現在選択されているオプションが読み上げられます。

  3. 新しいフォルダーに含まれるアイテムの種類を選択するには、Alt キーを押しながら下方向キーを押します。 目的の種類が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押します。 メール用のフォルダーを作成する場合は、[メールと投稿アイテム] を選択します。

  4. 新しいフォルダーを作成する場所を選択するには、Tab キーを押します。 "受信トレイ" と読み上げられます。 目的の場所が読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。

    たとえば、受信トレイと同じレベルでフォルダーを作成する場合は、メールアカウントの名前が読み上げられるまで↑キーを押します。 新しいフォルダーを別のフォルダー内に配置する場合は、目的のフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

    後でフォルダーの場所を変更できます。 手順については、「フォルダーの移動」を参照してください。

  5. 選択が完了したら、enter キーを押します。 フォルダーは、フォルダーツリーの [アルファベット順] または [別のフォルダー内] のいずれかを選択して追加します。

フォルダーにメールを移動する

  1. フォルダーに移動するメールに移動します。

  2. Ctrl キーと Shift キーを押しながら V キーを押します。 [アイテムの移動] ダイアログが開きます。

  3. 目的のフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押します。

フォルダーの名前を変更する

  1. Outlook メインビューで、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. 名前を変更するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、次に Shift キーを押しながら F10 キーを押し、R キーを押します。"編集中" の後に現在のフォルダー名が読み上げられます。

  3. フォルダーの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

フォルダーを移動する

  1. Outlook メインビューで、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. 移動するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、次に Shift キーを押しながら F10 キーを押し、M キーを押します。[フォルダーの移動] ダイアログが開きます。 フォーカスはフォルダー一覧に表示されます。

  3. フォルダーを移動する場所が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押します。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除すると、最初に Outlookの [削除済みアイテム] フォルダーに移動されます。 フォルダーを完全に削除するには、[削除済みアイテム] フォルダーを空にするか、[削除済みアイテム] フォルダーにある1つのフォルダーのみを個別に削除することができます。

フォルダーを削除すると、そのフォルダー内のすべてのアイテムも削除されます。

フォルダーを [削除済みアイテム] フォルダーに移動する

フォルダーを [削除済みアイテム] フォルダーに移動しても、他のフォルダーに移動することで取得できます。 手順については、「フォルダーの移動」を参照してください。

  1. Outlook メインビューで、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. 削除するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、次に Shift キーを押しながら F10 キーを押し、D キーを押します。"Microsoft Outlook、[はい] ボタン" と読み上げられます。

  3. フォルダーとその内容を [削除済みアイテム] フォルダーに移動するには、enter キーを押します。

[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

[削除済みアイテム] フォルダーを空にすると、そのフォルダー内のすべてのアイテムが完全に削除されます。

  1. [削除済みアイテム] フォルダーに移動するには、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで F6 キーを押し、"削除済みアイテム" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. Shift キーを押しながら F10 キーを押し、Y キーを押します。"Microsoft Outlook、[はい] ボタン" と読み上げられます。

  3. フォルダー内のすべてのアイテムを完全に削除するには、enter キーを押します。

[削除済みアイテム] フォルダーから1つのフォルダーを削除する

[削除済みアイテム] フォルダー内のすべてのアイテムを削除したくない場合は、1つのフォルダーを個別に削除することができます。

  1. 完全に削除するフォルダーに移動するには、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで F6 キーを押し、目的のフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. Shift キーを押しながら F10 キーを押し、D キーを押します。"Microsoft Outlook、[はい] ボタン" と読み上げられます。

  3. フォルダーを完全に削除するには、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook でスクリーン リーダーを使用して拡大/縮小する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

Outlook 2016 では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、新しいフォルダーを作成し、項目を移動します。 フォルダーの名前変更、移動、または削除を行うこともできます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

新しいフォルダーを作成して、件名や差出人に応じたメールなどの整理を行うことができます。

  1. Outlook メインビューで、"テーブル" の後に現在選択されているフォルダーと、フォルダー内の未読メッセージの数が読み上げられるまで、Tab キーを押します。

  2. 新しいフォルダーの場所を選択するには、目的の場所が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

    たとえば、受信トレイと同じレベルでフォルダーを作成する場合は、"Outlook" と読み上げられるまで↑キーを押します。 別のフォルダー内にフォルダーを作成する場合は、目的のフォルダーの名前が読み上げられるまで下方向キーを押します。

    後でフォルダーの場所を変更できます。 手順については、「フォルダーの移動」を参照してください。

  3. Shift + Command + N キーを押します。"フォルダー、無題のフォルダー" と読み上げられます。 フォーカスはフォルダー名のテキストフィールドにあります。

  4. 新しいフォルダーの名前を入力し、Enter キーを押します。

フォルダーにメールを移動する

  1. フォルダーに移動するメールに移動します。

  2. Shift + Command + M キーを押します。 "フォルダーを選択します" と読み上げられます。

  3. 目的のフォルダーの名前の入力を開始します。 入力すると、フォルダーの一覧が更新されます。

  4. フォルダーの名前が読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。

フォルダーの名前を変更する

  1. Outlook メインビューで、"テーブル" の後に現在選択されているフォルダーと、フォルダー内の未読メッセージの数が読み上げられるまで、Tab キーを押します。

  2. 名前を変更するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. フォルダーの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

フォルダーを移動する

  1. 移動するフォルダーに移動するには、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで Tab キーを押し、目的のフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. ショートカットメニューを開くには、Control + Option + Shift + M キーを押します。

  3. メニューで、"フォルダーの移動" と読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。 "検索ボックスに移動先フォルダーの名前を入力します" と読み上げられます。

  4. 宛先のフォルダーの名前を入力します。 入力中に検索結果の一覧が更新されます。

  5. 目的の移動先フォルダーが読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除すると、最初に Outlookの [ごみ箱] フォルダーに移動されます。 フォルダーを完全に削除するには、[ごみ箱] フォルダーを空にするか、ごみ箱フォルダーから1つのフォルダーのみを個別に削除します。

フォルダーを削除すると、そのフォルダー内のすべてのアイテムも削除されます。

フォルダーをゴミ箱に移動する

フォルダーをゴミ箱に移動しても、別のフォルダーに移動しても、そのフォルダーを取得できます。 手順については、「フォルダーの移動」を参照してください。

  1. Outlook メインビューで、"テーブル" の後に現在選択されているフォルダーと、フォルダー内の未読メッセージの数が読み上げられるまで、Tab キーを押します。

  2. 削除するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Command キーを押しながら Del キーを押します。 "削除" と読み上げられます。 フォルダーは [ごみ箱] フォルダーに移動されます。 フォーカスが [メッセージ] リストに移動します。

ごみ箱フォルダーを空にする

[ごみ箱] フォルダーを空にすると、その中のすべてのアイテムが完全に削除されます。

  1. [ごみ箱] フォルダーに移動するには、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで tab キーを押し、"ゴミ箱" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. ショートカットメニューを開くには、Control + Option + Shift + M キーを押します。

  3. メニューで、"空のフォルダー" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。 "このフォルダー内のすべてのメッセージを削除しますか?" という音声が聞こえます。

  4. [ごみ箱] フォルダーの内容を完全に削除するには、tab キーを押します。 "削除" と読み上げられます。 Enter キーを押します。

ごみ箱フォルダーから1つのフォルダーを削除する

[ごみ箱] フォルダーのすべてのアイテムを削除したくない場合は、1つのフォルダーを個別に削除できます。

  1. 完全に削除するフォルダーに移動するには、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで Tab キーを押し、目的のフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. Command + Del キーを押します。 "選択したフォルダーを完全に削除しますか?" と読み上げられます。

  3. フォルダーを完全に削除するには、Tab キーを押します。 "削除" と読み上げられます。 Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

IOS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver と共に Outlook 2016 を使用して、新しいフォルダーを作成し、項目を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

新しいフォルダーを作成して、件名や差出人に応じたメールなどの整理を行うことができます。

  1. 任意のメールに移動し、画面をダブルタップして開きます。

  2. メールで、"その他の会話アクション、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [オプション] メニューで、"移動ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  4. 新しいフォルダーを作成するには、"新しいフォルダーの作成" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "作成、通知、テキストフィールド、編集中" と読み上げられます。

  5. スクリーンキーボードを使用して、新しいフォルダーの名前を入力します。

  6. 完了したら、"作成ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 フォルダーが作成され、フォーカスが [会話の移動] ダイアログに移動します。

フォルダーにメールを移動する

  1. フォルダーに移動するメールに移動し、画面をダブルタップして開きます。

  2. メールで、"その他の会話アクション、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [オプション] メニューで、"移動ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  4. 目的のフォルダーが読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 メールが選択したフォルダーに移動されます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

Android の組み込みスクリーンリーダーである TalkBack と共に Outlook 2016 を使用して、新しいフォルダーを作成し、項目を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

新しいフォルダーを作成する

新しいフォルダーを作成して、件名や差出人に応じたメールなどの整理を行うことができます。

  1. 任意のメールに移動し、画面をダブルタップして開きます。

  2. メールで、"その他のオプションボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [オプション] メニューで、"フォルダーに移動" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "会話の移動" と読み上げられます。

  4. 新しいフォルダーを作成するには、"新しいフォルダーの作成" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "新しいフォルダー名、編集ボックス" と読み上げられます。

  5. スクリーンキーボードを使用して、フォルダーの名前を入力します。

  6. 完了したら、"完了ボタン" と読み上げられるまで1本の指を画面上でドラッグし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [完了] ボタンは、画面の右下隅にあります。

    [会話の移動] ダイアログでフォルダーが作成され、選択されます。

フォルダーにメールを移動する

  1. フォルダーに移動するメールに移動し、画面をダブルタップして開きます。

  2. メールで、"その他のオプションボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [オプション] メニューで、"フォルダーに移動" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "会話の移動" と読み上げられます。

  4. 目的のフォルダーが読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 フォルダーが選択されます。

  5. フォルダーにメールを移動するには、"OK ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "会話が移動されました。" と読み上げられます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

キーボードとスクリーンリーダーで Outlook on the web を使用して、新しいフォルダーを作成し、項目を移動します。 これはナレーターでテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 フォルダーの名前を変更したり、削除したりすることもできます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • このトピックでは、閲覧ウィンドウがオフであることを前提としています。

  • Outlook on the web を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

  • 現在、Outlook.office.com (Outlook on the Web) を更新中です。 一部のユーザーは既に新しい Outlook を使用していますが、それ以外のユーザーは更新が完了するまで従来のバージョンが既定の操作環境として表示されます。 詳細については、「新しい Outlook on the web に関するサポートを受ける」を参照してください。 このトピックの手順は新しい環境に適用されるため、従来の環境から新しい Outlook に切り替えることをお勧めします。 新しい Outlook に切り替えるには、「コマンド、新しい Outlook を試してみる」と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、続けて Enter キーを押します。 「コマンド、新しい Outlook を試してみる」の代わりに「コマンド ツール バー」と読み上げられる場合は、新しい Outlook を既に使用しています。

この記事の内容

フォルダーナビゲーションウィンドウを表示する

Outlook on the webでフォルダーの操作を開始するには、最初にフォルダーのナビゲーションウィンドウが表示されていることを確認する必要があります。

Outlook on the web メインビューで、"左ウィンドウの切り替え" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押してナビゲーションウィンドウのオンとオフを切り替えます。 Enter キーを押した後に "受信トレイ" と聞こえる場合は、ナビゲーションウィンドウがオンになっています。

新しいフォルダーを作成する

新しいフォルダーを作成して、件名や差出人に応じたメールなどの整理を行うことができます。

  1. "ナビゲーションウィンドウ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、現在選択されているフォルダーが聞こえるまで Tab キーを押します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいフォルダーを作成するには、"新しいフォルダー" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

    • 既存のフォルダーにサブフォルダーを作成するには、サブフォルダーを追加するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、次に Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押してコンテキストメニューを開きます。 メニューで、"新しいサブフォルダーの作成" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. 新しいフォルダーの名前を入力し、Enter キーを押します。

フォルダーにメールを移動する

  1. フォルダーに移動するメールに移動します。

  2. "コマンドツールバー" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、"移動" と読み上げられるまで右方向キーを押して、enter キーを押します。

  3. サブメニューで、目的のフォルダーが読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら Enter キーを押します。

    ヒント: フォルダーが一覧に表示されていない場合は、"すべてのフォルダーを開く" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。 目的のフォルダーが読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押して選択します。

フォルダーの名前を変更する

  1. "ナビゲーションウィンドウ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで Tab キーを押します。次に、名前を変更するフォルダーが読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. コンテキストメニューを開くには、Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューで、"名前の変更、メニュー項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。

  4. フォルダーの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

フォルダーを削除する

フォルダーを削除すると、最初に Outlookの [削除済みアイテム] フォルダーに移動されます。 フォルダーを完全に削除するには、[削除済みアイテム] フォルダーを空にするか、[削除済みアイテム] フォルダーにある1つのフォルダーのみを個別に削除することができます。

フォルダーを削除すると、そのフォルダー内のすべてのアイテムも削除されます。

フォルダーを [削除済みアイテム] フォルダーに移動する

  1. "ナビゲーションウィンドウ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで Tab キーを押して、削除するフォルダーが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. コンテキストメニューを開くには、Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューで、"削除、メニュー項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。 "フォルダーの削除ダイアログ" と読み上げられます。

  4. フォルダーとその内容を [削除済みアイテム] フォルダーに移動するには、enter キーを押します。

[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

[削除済みアイテム] フォルダーを空にすると、そのフォルダー内のすべてのアイテムが完全に削除されます。

  1. [削除済みアイテム] フォルダーに移動するには、"ナビゲーションウィンドウ" と読み上げられるまで tab キーを押し、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで tab キーを押し、"削除済みアイテム" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. コンテキストメニューを開くには、Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  3. メニューで、"空のフォルダー" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。 "<の> 項目を削除します" と読み上げられます。

  4. フォルダー内のすべてのアイテムを完全に削除するには、enter キーを押します。

[削除済みアイテム] フォルダーから1つのフォルダーを削除する

[削除済みアイテム] フォルダー内のすべてのアイテムを削除したくない場合は、1つのフォルダーを個別に削除することができます。

  1. "ナビゲーションウィンドウ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、現在選択されているフォルダーが読み上げられるまで Tab キーを押します。次に、"削除済みアイテム、折りたたまれています" という音声が聞こえるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  2. フォルダーを展開するには、右方向キーを押します。

  3. 削除するフォルダーが読み上げられるまで、下方向キーを押します。

  4. コンテキストメニューを開くには、Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  5. メニューで、"削除、メニュー項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。 "フォルダーの削除ダイアログ" と読み上げられます。

  6. フォルダーとその内容を完全に削除するには、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーンリーダーを使用して Outlook メールを検索および移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×