Outlook から不在時の自動応答を送信する

Outlook から不在時の自動応答を送信する

不在時の応答を自動的に送信するには 2 つの方法があります。どちらの方法を使うかは、お持ちのメール アカウントの種類によります。

[ファイル] をクリックし、下の画像のうちお使いの Outlook のバージョンと一致する方を選んでください。

[自動応答] を選ぶ。

[自動応答] ボタンが表示される場合は、手順に従って自動応答を設定します。

[自動応答] が表示されない場合は、[仕分けルールと通知] を選ぶ。

[自動応答] ボタンが表示されない場合は、手順に従いルールを使って不在メッセージを送信します。

自動応答を設定する

  1. [ファイル] の [自動応答] を選択します。

    自動応答

    注: Outlook 2007 の場合は、[ツール] > [不在時のアシスタント] を選びます。

  2. [自動応答] ボックスで、[自動応答を送信する] を選びます。

    必要に応じて自動応答の日付範囲を設定します。これにより、終了時刻として入力した日時に自動応答はオフになります。日付範囲を設定しない場合は、自動応答を手動でオフにする必要があります。

    注: [自動応答] が表示されない場合は、[仕分けルールと通知] を使って不在時のメッセージを設定します。

  3. [自分の所属組織内] タブで、不在時にチーム メンバーまたは仕事仲間に送信する応答メッセージを入力します。

    自動応答メッセージを入力する

    注: 自分の所属組織外のすべてのユーザーに自動応答を送信するようにすると、ニュースレター、広告、場合によっては迷惑メールなど、すべてのメールに自動応答が送信されます。組織外のユーザーに自動応答を送信する場合は、[個人用の連絡先のみ] を選択することをお勧めします。

  4. [OK] を選択して設定を保存します。

不在時の自動応答をオフにする

自動応答を送信するように Outlook を設定すると、リボンの下に以下の内容のメッセージが表示されます。不在時の自動応答をオフにするには、[無効にする] を選択します。自動応答またはメッセージ送信の日付を変更する場合は、上記の手順に従って設定を変更します。

注: Outlook 2007 の場合、不在時の応答を無効にするには、[ツール] > [不在時のアシスタント] を選び、[不在時の自動応答を送信する] チェック ボックスをオフにします。

自動応答をオフにする

トラブルシューティング:自動応答が表示されません。

[ファイル] を選んでも [ Automatic Replies] が表示されない場合は、Gmail や Yahoo など、Outlook の自動応答機能がサポートされていない POP または IMAP アカウントを使っている可能性があります。着信メッセージに対する応答ルールを設定できるのは、Outlook を実行している場合に限られます。詳しくは、「ルールを使用してメッセージに返信する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×