スキップしてメイン コンテンツへ

OneNote Web App の概要

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Microsoft OneNote Web App は、Microsoft OneNote の機能を web ブラウザーに拡張します。ここでは、ノートブックが保存されている web サイトでノートブックを直接操作できます。

OneNote とのシームレスな統合

Microsoft OneNote 2010でノートブックを作成します。 他のユーザーが読むことができるように web サイトに投稿することもできます。 異なるバージョンの OneNote を使用しているユーザーとの共同作業を行う場合は、どうすればよいですか。 Web サイトを使用して共同作業することができるので、とても便利ですか? OneNote Web App は、このシナリオを可能にします。

OneNote 2010 、ノートブックを SharePoint ライブラリに保存することで、 OneNote Web App の使用を開始できます。 [ファイル] タブで、[共有] をクリックし、[共有] の [ネットワーク]クリックします。

[共有] タブ

これで、ノートブックをブラウザーで表示および編集できるようになりました。 OneNote でもう一度開くこともできます。

ブラウザーでノートブックを開く

SharePoint でノートブックを開くと、 OneNote Web App ブラウザーでノートブックが開きます。

OneNote Web App

通常どおり、テキストの入力と書式設定を行うことができます。また、コピー/貼り付けと元に戻す/やり直しコマンドを使うこともできます。 テキストの書式設定を行うには、スタイルとリボンに表示されるすべてのテキスト書式設定を適用します。 表、画像、クリップアート、ハイパーリンクを追加することもできます。 クリップ アートは、Office.com から入手可能なイメージ コレクションに含まれています。 これらを追加するには、[挿入] タブに移動します。

OneNote Web App 、作業中にノートブックが自動的に保存されます。 変更内容を保存する必要はありません。 変更内容を保存しない場合は、[元に戻す] コマンドを使用するか、Windows の場合は Ctrl キーを押しながら Z キーを、Mac の場合は ⌘ キーを押しながら Z キーを押します。

ノートブックで変更内容がどのように表示されるかを確認するには、[閲覧表示] に切り替えます。 [表示] タブで、[閲覧表示] をクリックします。

ブラウザーでノートブックを表示する

OneNote Web App

閲覧表示では、ノートブックのさまざまなセクションとページを表示したり、ナビゲーションウィンドウでセクションの展開や折りたたみを行うことができます。 他のユーザーがこのノートブックで作業している場合は、[作成者の表示] をクリックして、そのユーザーが何をしたかを確認できます。

ノートブックに変更を加える場合は、[ブラウザーで編集] をクリックして、コンテンツの追加や削除、テキストの書式設定、ノートへのノートシールの設定を行います。

他のユーザーと作業する

他のユーザーがノートブックを編集できるようにすると、お友達や同僚が同時にノートブックで作業を行うことができます。 これは、ブレーンストーミング セッションやグループ プロジェクトなど、グループのメンバーから情報を集める場合に適しています。 ノートブックでは、wiki のように、すべてのユーザーが投稿できます。 誰が何を行ったかを表示でき、必要に応じてページを元のバージョンに戻すこともできます。

コラボレーション

自分または他のユーザーが OneNote 2010 ている場合は、他のユーザーが OneNote Web Appで同じノートブックを操作しているときに、OneNote デスクトップアプリケーションで作業することができます。

  1. チームの SharePoint ライブラリなど、同僚がアクセスできる web サイトにノートブックを保存します。

  2. 他のユーザーをノートブックでの作業に招待します。

  3. SharePoint で、ブラウザーに表示されるノートブックの web アドレスをコピーし、メッセージにその web アドレスを貼り付けます。

  4. OneNote 2010で、[ファイル] タブをクリックし、[情報] タブで、ノートブックの名前の下にある [このノートブックにユーザーを招待する] をクリックします。

  5. ノートブックを編集します。 閲覧表示または編集表示の [表示] タブで、[作成者の表示] をクリックして、同僚の変更内容を確認できます。

ページに加えられた変更を確認するには、[表示] タブで [ページのバージョン] をクリックします (または、閲覧表示の場合は、ナビゲーションウィンドウに移動し、ページ名を右クリックし、[バージョンの表示] をクリックします)。

OneNote でシームレスに編集する

OneNote Web App での編集は、簡単な変更や他のユーザーとの共同作業に最適です。 OneNote のすべての機能を使用できるようにする場合は、[ファイル] タブをクリックし、[ onenote で開く] をクリックします。

OneNote Web App 、OneNote デスクトップアプリケーションで直接ノートブックを開くことができます。ここでは、オーディオノートを使用したり、ノートシールをカスタマイズしたりする場合など、より大きく作業することができます。 変更は、web サーバーに自動的に保存されます。

注: OneNote Web Appの [OneNote で開く] 機能を使用できるようにするには、 OneNote 2010 が必要です。 Internet Explorer または Firefox も必要です。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×