スキップしてメイン コンテンツへ

OneNote Staff Notebook を使ってみる: 教育機関の管理職向けガイド

[教育用 OneNote スタッフ] は、スタッフメンバー用に OneNote ノートブックをセットアップするのに役立つウィザードです。 このアプリで作成されるスタッフ用ノートブックには、次の 3 種類のサブノートブックが含まれます。

  • 共同作業スペース – グループのすべての教職員と管理職が共有、整理、共同作業を行うためのノートブックです。

  • コンテンツ ライブラリ – 管理職がコースの教材を教職員と共有するためのノートブックです。 管理職は教材の追加や編集ができますが、教職員には読み取り専用です。

  • 教職員ノートブック – 管理職と教職員の間で共有する個人的なノートブックです。 管理職は、このノートブックにいつでもアクセスできますが、教職員は他の教職員のノートブックを見ることができません。

教育機関でのスタッフ用ノートブックの活用例

教育スタッフのリーダーやメンバーが OneNote スタッフノートブックを使用する場合のいくつかの方法について説明しました。 スタッフリーダーとメンバーには、評価、学校、教職員、部門、またはディストリクトレベルがあります。 これは、設定する数です。 OneNoteはすべてのプラットフォームとすべてのデバイスに搭載されているため、どのデバイスでも、いつでもどこでも、簡単に学習して共同作業を行うことができます。 さまざまな可能性があることがわかっているため、新しいアイデアをお持ちの場合は、Twitter の@OneNoteEDUで skype と共有してください。

また、OneNote スタッフノートブックというタイトルの Microsoft 教師コミュニティには、無料の簡単な対話型コースが用意されています。これには、スタッフコラボレーション用のツールがあります。

共同作業スペース

  • スタッフ会議ノート – すべての会議ノートを 1 か所にまとめて保存して、会議の出席状況を追跡したり、議事録を簡単に確認したりできます。 スタッフ会議、委員会、学年会議、学部会、専門職学習コミュニティ (PLC) に利用できます。 OneNote は、Outlook や Office と緊密に連携するうえ、高度な検索機能も備えているので、確実にフォローアップできます。

  • 取り組み – 学校の改善策や資金調達など、学校の取り組みを共同で計画して管理します。

  • 学生の成績 "推移グラフ" – 一部の学校では、この画期的な方法を共同で利用して、学生の在学中の成績を追跡しています。

  • 学年の枠を超えた授業計画の策定 – 一部の学校では、特定の学年向けのスタッフ用ノートブックをセットアップして、全校規模で授業計画やカリキュラムを策定しています。 たとえば、9 年生 (中学 3 年生) の授業計画を 10 名の教師で作成および共有しています。

コンテンツ ライブラリ

  • ポリシーと手順 – ファイルが添付された重要なメールや学校の方針など、すべての重要情報を 1 か所にまとめて保存します。 OneNote は、あらゆるデバイスやプラットフォームで動作するので、いつでも、どこでも、オフラインのときでも、情報にアクセスできます。

  • スケジュールと期限 – リンク、付箋、予定表、期限、ToDo などすべてを、全員がいつでも確認できる 1 つの共有スペースに保存できます。

教職員の個人用ノートブックの活用方法

  • 専門能力の開発 (PD) – 専門能力の開発や専門研修は、すべての教師および教員に重要です。 教職員の個人用ノートブックの優れた活用方法として挙げられるのが、専門能力開発計画とフィードバックをノートブックに入力して、共有できるようにし、管理職から有益なフィードバックを集めることです。

  • 授業観察 – 最新の授業観察機能を利用すると、すべての情報を教職員の個人用ノートブックに保存できます。 OneNote のモバイル アプリ (あらゆるデバイスに対応) で写真を撮影して、教職員のノートブックに直接挿入できます。 また、観察中に音声を携帯電話で録音したり、デジタル インクを使って手書きしたりすることもできます。 OneNote では、ページを柔軟に使用できるので、より充実した環境で授業を観察できます。

  • 授業計画とフィードバック – 授業計画のフィードバックを集める、教師にとっての便利な方法は、自分の個人用ノートブックにデジタル化した授業計画を掲載することです。 この方法を利用すると、管理職がリアルタイムでもオフライン時でもフィードバックを簡単に提供できるうえ、テキスト、画像、インク、音声、動画など、さまざまな形式を使ってフィードバックできます。 OneNote のページは機能が充実しているので、より柔軟な方法でフィードバックを収集および共有できます。 教師の不在時には、管理職が、教師のノートブックから授業計画を印刷して、授業を代行することもできます。

  • 評価 – 管理職は、教職員のノートブックに個人のフィードバックや評価情報を入力して、共有できます。

  • 保護者とのコミュニケーション – 教師は、Outlook の "OneNote に送る" 機能を使って、重要なメールを教職員の個人用ノートブックに簡単に送信して、後で確認できます。

  • 個別教育プログラム (IEP) – 一部の学校では、教職員の個人用ノートブックを使って、学生の重要な IEP 情報を取得することを検討しています。 この方法では、教職員と管理職に個人用の場所ができ、その場所を使ってコミュニケーションしたり、共同作業したりできます。

教育機関におけるスタッフ用ノートブックのその他の活用方法

  • 専門職学習コミュニティ (PLC) – OneNote Staff Notebooks は、学校内で専門職学習コミュニティ (PLC) を構築できる優れたツールです。 PLC の責任者 ("管理職") は、簡単な設定でノートブックをすばやくセットアップして、教職員が迅速かつ効果的にリアルタイムで共同作業できる場を用意できます。 ノートブックには共同所有者を簡単に追加できるので、校長、副校長、その他の学校管理者が、ノートブックで最新情報を把握することも、共同作業に急きょ参加することも簡単にできます。

必要なもの

  • Office 365 サブスクリプションの一部として学校用にセットアップされた SharePoint Online

  • 組織内の Office 365 教育教職員アカウント (リーダー)。

  • スタッフメンバーには、Office 365 エデュケーションの教職員アカウントが必要です。

  • 開始するには、次の手順に従って、OneNote スタッフノートブックアプリでスタッフ用ノートブックを作成します。

OneNote Staff Notebook アプリを開く

スタッフ用ノートブックを検索する

スタッフ用ノートブックを作成する

OneNote でスタッフ ノートブックを作成する

(オプション) 教職員に別の共同所有者を追加する

OneNote のスタッフノートブックの共同所有者を追加または削除する

教職員をスタッフ用ノートブックに追加する

OneNote のスタッフ用ノートブックでスタッフメンバーを追加または削除する

各スタッフ用ノートブックをセクション付きで始める

  1. 各スタッフ用ノートブックに作成したい既定のセクションについては、横のチェック ボックスをオンのままにしておきます。

    プライベート スペースをデザイン

  2. [追加] をクリックして、各教職員のノートブックにセクションを追加します。

  3. 完了したら、[次へ] をクリックします。

    スタッフ用ノートブックを作成した後、教職員のノートブックで直接、セクションの追加や削除を実行できます。

スタッフ用ノートブックの最終処理を行う

  1. [管理職のノートブック] と [教職員のノートブック] をクリックして、教職員のサブノートブックとセクションがどのように作成されるのかを確認します。

  2. [ インラインの戻る矢印 ] をクリックしてセクションを追加または削除するか、[作成] をクリックして、アプリがスタッフ用ノートブックを作成できるようにします。

    ノートブックをプレビューします。

  3. [ノートブック名] リンクをクリックします (この例では、教師が 6になります)。 OneNote でノートブックを開きます。 メールが自動的に送信されることに加えて、メールの送信やレコードの保存のためのリンクをコピーするオプションがあります。 OneNote 2013 でこのリンクを取得するには、ノートブックの一覧でノートブックを右クリックし、[ノートブックへのリンクをコピー] をクリックします。

    1 つのスタッフ チームに属する全員が、同じリンクを使ってスタッフ用ノートブックにアクセスします。 スタッフ チーム別に複数のノートブックを作成した場合、それぞれのリンクは異なります。

    完了しました。

    ヒント: 教職員にスタッフ用ノートブックを開く案内を送る前に、コンテンツ ライブラリにコンテンツを追加できます。 ノートブックの準備中に、レコードにリンクのコピーを保存して、準備ができたら、リンクを教職員と共有します。

スタッフ用ノートブックへのリンクを取得する

スタッフ用ノートブックへのリンクを共有する

教職員がスタッフ用ノートブックへのリンクを見つける方法

スタッフ用ノートブックを検索する

スタッフ用ノートブックの管理

スタッフ用ノートブックのその他の機能を管理するには、[ノートブックの管理] ボタンをクリックします。

ノートブック リスト アイコンのスクリーンショットです。

このページには、自分が作成したすべてのスタッフ用ノートブックと、それぞれをカスタマイズするための情報が表示されます。

オプションは、次のとおりです。

  • 従業員セクションの名前を変更する: スタッフセクションの名前を変更するには、小さな鉛筆アイコンをクリックして、セクションの新しい名前を入力します。 スタッフセクションの名前を変更した後、[保存] をクリックしてください。

  • スタッフセクションの追加—すべてのスタッフメンバーに新しいセクションを配布するには、[セクションの追加] ボタンをクリックします。 学生セクションを追加したら、必ず [保存] をクリックします。

  • コラボレーションスペースのロック: このオプションを有効にすると、コラボレーションスペースが読み取り専用 (ロックダウン) に変わり、スタッフメンバーが編集できないようになります。 スイッチを切り替えて、いつでもこのオプションを有効または無効にできます。

  • スタッフノートブックを開く— [開く] をクリックして、スタッフノートブックを開きます。

  • スタッフ用ノートブックへのリンクを共有する: スタッフ用ノートブックへのリンクをスタッフに送信するには、[リンク] ボックスのテキストを選んでコピーし、メールに貼り付けます。

詳細情報

スタッフ ノートブックを作成する

スタッフノートブックを検索する

スタッフノートブックの URL を共有する

スタッフノートブックのスタッフを追加または削除する

スタッフノートブックの共同所有者を追加または削除する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×