OneNote Online の基本的な作業

OneNote Online では、PC、Mac、モバイル デバイスで Web ブラウザーを利用し、OneNote ノートブックを作成したり、開いて表示したり、編集したり、共有したり、OneDrive に保存したり、その書式を設定したりできます。

この記事では、OneNote Online を使用するための基本的な操作とコマンドについて説明します。探している情報が一覧にない場合、このページの右上隅にある [検索] ボックスを使用してください。

新しいノートブックを作成する

  1. OneNote に使用する予定のものと同じ無料の Microsoft アカウント (Hotmail、Live、Outlook.com) で OneDrive にサインインします。

  2. OneDrive にサインインしたら、新しいノートブックを作成するフォルダーに移動します ([ドキュメント] フォルダーなど)。

  3. 一番上にあるメニュー バーで [+ 新規]、[OneNote ノートブック] の順にクリックします。

  4. 求められたら、新しいノートブックの名前を入力します。ノートブックに含める予定のノートの種類を表す、わかりやすい名前を使うのが最も効果的です。

  5. OneNote で新しいノートブックが作成されたら、[+ セクション] ボタンをクリックします。[セクション] には、ノートを作成するノートブック ページが含まれています。

  6. [セクション名] ダイアログ ボックスに、新しいセクションのわかりやすい説明を入力し、[OK] をクリックします。

最初のセクションとページを作成したら、ブラウザー ウィンドウで編集を続けるか、一番上にあるメニュー バーの [OneNote で開く] をクリックし、お使いのコンピューターまたはデバイスにインストールされている (Online ではない) OneNote アプリに切り替えることができます。現在お使いのオペレーティング システム向けの OneNote アプリをダウンロードするには、新しいブラウザー ウィンドウを開き、www.onenote.com/download にアクセスします。

ブラウザーでノートを入力または作成する

OneNote Online lets では、お使いのブラウザーでノートを編集できます。ページ上のどこにでも入力できます。テキストを入力したり、その書式を設定したりするだけでなく、ノートに画像、表、ファイルを追加することもできます。

OneNote Online には保存コマンドがありません。作業内容はすべて自動的かつ継続的に保存されます。ノートの入力、追加、削除内容を変更する場合は、Ctrl+Z (Windows) または ⌘+Z (Mac) を押して直前の操作を元に戻してください。

リンクを追加する

OneNote Online でリンク (ハイパーリンクとも呼ばれます) と認識されるテキストを入力すると、自動的にその書式に変更されます。たとえば、ノートに「www.onenote.com」と入力すると、テキストがリンクに変更されます。この例では、このリンクをクリックすると、ブラウザーで OneNote Web サイトが開きます。

次のように操作して、リンクをノートに手動で挿入することもできます。

  1. リンクするテキストを選びます。

  2. [挿入]、[リンク] の順にクリックします。

  3. リンクの宛先 URL を [アドレス] フィールドに入力し、[挿入] をクリックします。

ヒント: リンクを編集または削除するには、リンクを右クリックするか (PC の場合)、Control を押しながらクリックし (Mac の場合)、[リンクの編集] または [リンクの削除] をクリックします。

画像を挿入する

OneNote Online では、画像をノートに簡単に挿入できます。

  1. 好きなページで、画像を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [挿入] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • コンピューターから画像ファイルを挿入するには、[画像] をクリックします。

    • Bing イメージから画像を検索して挿入するには、[オンライン画像] をクリックします。

注: Bing からの画像やクリップ アートを使用する場合は、ユーザーの責任において著作権を尊重してください。また、使用する画像を選ぶときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

表を作成する

表はノートの情報を整理するのに便利です。OneNote Online で表を作成するには、まず、簡単なグリッドを描画します。

  1. [挿入]、[] の順にクリックします。

  2. マウス ポインターをグリッド上に移動させ、表のサイズを選び、マウスの左ボタンをクリックします。たとえば、4x6 の表を選ぶと、4 列 6 行の表が作成されます。

表またはその一部をすばやく変更するには、表のセルを右クリックし、リボンに表示される [レイアウト] タブをクリックします。ここに表示される表ツールでは、行や列の挿入と削除、セルとセル範囲の選択、罫線の表示や非表示、表のセルの位置調整ができます。

ヒント:  表の一部を選択または変更するには、セルまたはセル範囲を右クリックするか (PC の場合)、Control キーを押しながらクリックし (Mac の場合)、表示されたメニューの右にある [表] オプション ([セルの網かけ]、[挿入]、[削除]、または [選択]) をクリックします。

ページを追加する

ノートブックのセクションの場所を増やしたい場合は、必要な分だけページを追加できます。

  1. ページ リストの下部で、[+ ページ] をクリックします。

  2. ページの上部にある見出し領域にタイトルを入力し、Enter キーを押します。

注: リストのページの順番を変更するには、任意のページ名をクリックして新しい位置までドラッグします。

セクションを追加する

ノートブックをさまざまなカテゴリに入れ、さらに効果的に整理するために、必要な分だけセクションを追加できます。

  1. セクション リストの下部で、[+ セクション] をクリックします。

  2. [セクション名] ダイアログ ボックスに、新しいセクションのわかりやすい説明を入力し、[OK] をクリックします。

注: リストのセクションの順番を変更するには、任意のセクション名をクリックして新しい位置までドラッグします。

ノートを保存する

OneNote Online には保存ボタンはありません。OneNote では作業を保存する必要がないからです。

ノートで行った変更が小さくても大きくても関係なく、OneNote Online は、作業内容をすべて自動的に保存します。このためコンピューター上のファイル管理に気をわずらわされることなく、自分のプロジェクト、考え、アイデアについて検討できます。

ノートの入力、追加、削除内容を変更する場合は、Ctrl + Z (PC) キーまたは ⌘ + Z (Mac) キーを押して直前の操作を元に戻してください。

ノートをオンラインで共有する

ノートブックはインターネット上に保存されるため、閲覧または編集目的で他のユーザーと簡単に共有できます。

  1. OneNote Online の右上隅の近くにある [共有] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [ユーザーの招待] をクリックし、他のユーザーとノートブックを共有します。共有相手のメール アドレスと簡単な歓迎の言葉を入力します。[受信者に編集を許可する] が表示されるようにすると、共有相手はノートブックを変更できます。[受信者は表示のみ可能] が表示されるようにすると、共有相手に対してノートブックの閲覧だけが許可されます。青色のテキストをクリックすると、現在の設定が変更されます。

    • [リンクの取得] をクリックすると、現在のノートブックへのリンクが作成されます。リンクは手動でコピーし、メール、ブログ投稿、Web ページに貼り付けることができます。[オプションの選択] リストで、[表示のみ] または [編集] を選択してアクセス許可レベルを設定し、[リンクの作成] をクリックします。

ノートブックで共同作業する

ノートブックでの共同作業は、グループ プロジェクトのブレインストーミングや調査に効果的な方法です。

ノートブックを他のユーザーと共有し、自分のノートを編集する許可を与えている場合、OneNote Online はノートが更新されるたびにそれを表示できます。また、ノートの特定の部分を変更したユーザーを確認できます。

  • [表示]、[作成者の表示] の順にクリックすると、ノートを最後に変更または書式設定したユーザーやページに項目を挿入したユーザーの名前が表示されます。

  • [表示]、[作成者の表示] の順にもう一度クリックすると、作成者の名前が再び非表示になります。

OneNote では、異なるデバイスを使用している場合でも、共有しているノートブックにアクセスできる全員との間でノートブックが同期されます。友人、家族、同僚は自分のモバイル デバイスで OneNote Online、OneNote 2016、OneNote 2013、OneNote 2010、OneNote for Windows 10、OneNote for iOS、OneNote for Android を利用できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×