スキップしてメイン コンテンツへ

OneNote for Mac でページ、セクション、ノートブックを削除する

ノートブック セクションからページを削除する

不要になったページは、削除することができます。

次のいずれかの操作を行います。

  • メニュー バーで、[ノートブック] をクリックし、[ページ] をポイントして、[ページの削除] をクリックします。

  • CONTROL キーを押しながら削除するページのタブを右クリックし、表示されるメニューの [削除] をクリックします。

注意: ノートブックのセクションからページを削除すると、挿入したファイルや添付ファイルを含むそのページ上のすべてのノートも削除されます。 最近削除したノートを表示して復元するには、「OneNote for Mac で削除済みのノートを復元する」を参照してください。

セクションとそのページをノートブックから削除する

不要になったセクションは、削除することができます。

次のいずれかの操作を行います。

  • メニュー バーで、[ノートブック] をクリックし、[セクション] をポイントして、[セクションの削除] をクリックします。

  • CONTROL キーを押しながら削除するセクションのタブを右クリックし、表示されるメニューの [削除] をクリックします。

注意: ノートブックからセクションを削除すると、そのセクションに含まれるすべてのページおよびページのノートも削除されます。 最近削除したノートを表示して復元するには、「OneNote for Mac で削除済みのノートを復元する」を参照してください。

ノートブック全体を削除する

不注意によるデータの損失を避けるために、OneNote for Mac には、ノートブック全体を削除するコマンドは含まれていません。 現在開いているノートブックを閉じて、OneNote のノートブック一覧からそのノートブックを削除できますが、ノートブックおよびそのすべてのコンテンツを完全に削除するには、ソースでノートブック ファイルを削除する必要があります。

警告:  この手順を完了すると、選択したノートブックのすべての内容 (セクション、セクショングループ、ページ、サブページ、メモ、画像、ファイル、添付ファイルなど) が完全に削除されます。 元に戻すことはできません。 ノートブックが他のユーザーと共有されたことがある場合は、他の作成者が重要な情報をバックアップできるように、ノートブックを削除することを事前に知らせることを検討してください。 バックアップのためにノートブック内のページのスナップショットを保存するには、「OneNote for Mac でノートを PDF ファイルとしてエクスポートする」を参照してください。

ノートブック全体の削除を続けるには、次の手順を実行します。

  1. 最初に、ノートブックを閉じる必要があります。 OneNote for Mac で、削除するノートブックの任意のページに移動します。

  2. メニュー バーで [ノートブック] をクリックして [ノートブック] をポイントし、[このノートブックを閉じる] をクリックします。

  3. 次に、Safari またはその他の Web ブラウザーで、 www.onedrive.comにアクセスします。 必要に応じて、対象のノートブックを現在格納している Microsoft アカウントまたは組織アカウントで OneDrive にサインインします。

  4. OneDrive に正しくサインインできたら、アカウントの [ドキュメント] フォルダーに移動します。

    注: ノートブックが最初にドキュメント以外のフォルダに保存された場合は、別のフォルダに移動する必要があるでしょう。

  5. 削除するノートブックの上にマウスポインターを移動し、ノートブックアイコンの右上隅の横に表示される小さい円をクリックして選択します。

    ノートブックの隣にある円に小さなチェックマークが表示されます。

    OneDrive のメニューバーで [削除] をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×