OneNote for iOS でスクリーン リーダーを使用して、異なるノートブック、ページ、セクションを開いて検索する

OneNote for iOS でスクリーン リーダーを使用して、異なるノートブック、ページ、セクションを開いて検索する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

OneNote for iOSでは、iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、ノートブック、セクション、ページを簡単かつ効率的に移動することができます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  • VoiceOver ローターについては、「コマンドとジェスチャ」を参照してください。

この記事の内容

OneNote でノートブックを開く

[ノートブック] リストで、開くノートブックが読み上げられるまで左右にスワイプし、画面をダブルタップします。

OneNote の開き方については、「スクリーン リーダーを使って OneNote で基本的な作業を行う」を参照してください。

ヒント: 新しいノートブックを作成するには、[ノートブック] リストで、"新しいノートブック ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。新しいノートブックの名前を入力して、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

ヒント: ブラウザーを使って OneNote Online から OneNote クライアントでノートブックを開く場合は、"OneNote で編集ボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプします。その後、画面をダブルタップし、画面に表示される指示に従います。

ノートブック、ページ、セクション間を切り替える

ノートブック内を簡単に移動します。

ノートブックの全一覧に移動する

  1. [セクション] または [ページ] リストで、またはページ キャンバスで、"<前のリスト ビュー> に戻る、戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

  2. "ノートブック、設定ボタン" と読み上げられるまでこの操作を繰り返します。ここで、フォーカスは、[ノートブック] リスト ビューの [設定] ボタンにあります。

セクションの全一覧に移動する

  1. [ノートブック] リストから [セクション] リストに移動するには、開くノートブックが読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [ページ] リストまたはページ キャンバスから [セクション] リストに移動するには、"<前のリスト ビュー> に戻る、戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。"<ノートブック名>、ノートブック リストに戻る、戻るボタン" と読み上げられるまでこの操作を繰り返します。

    フォーカスは [セクション] リスト ビューの [戻る] ボタンにあります。

ページの全一覧に移動する

  1. [セクション] リストから [ページ] リストに移動するには、開くセクションの名前が読み上げられるまで右にスワイプします。

  2. ページ キャンバスから [ページ] リストに移動するには、"<セクション名> のページ リストに戻る、戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    フォーカスが [ページ] リスト ビューの [戻る] ボタンに移動します。

OneNote for iOS 内の基本的な移動の詳細については、「アクセス可能な機能を使って OneNote を移動する方法」を参照してください。

最近使ったノートを使用する

最新のノートの検索で時間を無駄にする必要はありません。[最近使ったノート] リストを使用して、最新のページですばやく作業を作業を続けることができます。

[最近使ったノート] に移動するには、[ノートブック] リストで、"最近使ったノート ボタン" と読み上げられるまで左右にスワイプし、画面をダブルタップします。開くページの名前が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

通知センター ウィジェットで [最近使ったノート] を有効にする

VoiceOver で最近使ったノートが読み上げられない場合は、通知センター ウィジェットで、この機能を有効にする必要があります。

  1. [ノートブック] リストで、"設定ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。"設定、閉じるボタンをクリックします" と読み上げられます。

  2. "クイック ノート ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "最近使ったノートを表示する、スイッチ ボタン、オフ" と読み上げられるまで、右にスワイプします。

  4. 画面をダブルタップします。"オン" と読み上げられます。

  5. 設定を終了するには、"戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。"設定、閉じるボタン" が読み上げられたら、

  6. 画面をダブルタップします。"設定ボタン" と読み上げられます。フォーカスは、[ノートブック] リスト ビューの [設定] ボタンにあります。

検索機能を使用する

検索を使用して、ノートブック、セクション、またはページ内の情報の一部をすばやく見つけることができます。[ノートブック]、[セクション]、および [ページ] リスト ビューには、検索フィールドや関数があります。

  1. いずれかのリスト ビューで、"検索ボタン" または "検索テキスト フィールド" のいずれかが読み上げられるまで、左右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

  2. ここに検索語句を入力します。検索が自動的に開始します。"検索が完了し、<結果の数> 件の結果が見つかりました" と読み上げられます。

  3. 検索結果を参照するには、選択する検索結果が読み上げられるまで右へスワイプします。次に、画面をダブルタップします。検索語句を含むアイテムが開きます。

  4. たとえば、コンテンツ ブロックで検索語句を検索するには、VoiceOver ローターを [単語] または [] にします。上下にスワイプすると、コンテンツの単語が 1 つずつまたは 1 行ずつ読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のページを読み上げる

スクリーン リーダーを使って OneNote で基本的な作業を行う

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×