OneNote 用 Class Notebook アドインの手順

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この OneNote Class Notebook アドインを使用すると、OneNote 2013 または 2016 で、時間が節約され、教師はより効率的に Class Notebook で作業ができるようになります。

アドインをダウンロードするには、 http://www.onenote.com/classnotebookにアクセスしてください。

ヘルプとサポートについては、 Class Notebook アドインのサポートページまたは「 https://aka.ms/EDUSupportでサポートチケットを追加する」を参照してください

次の機能が含まれます。

  • 新しいページ、セクション、またはセクション グループを 1 つ以上のクラスの学生に簡単かつ迅速に配布する

  • テキスト、画像、またはインクの選択一式を、クラス ノートブックですべての学生に簡単に配布する

  • 新しい教材を特定の学生または学生グループに配布して、指導方法を個別化する

  • コンテンツ ライブラリを複数の Class Notebooks に簡単かつ迅速にコピーする

  • 1 つ以上のクラスの学生の課題 (宿題、テストなど) を簡単に順次確認する

  • Class Notebook アプリの機能を簡単に起動する

  • OneNote Class Notebook をラーニング管理システム (LMS) または学生情報システム (SIS) に接続する

  • 課題と成績を Class Notebook から LMS または関連システムに統合する

  • 役立つ専門能力開発とコミュニティ リソースを提供する

  • IT 管理者のインストール手順

クラス ノートブック

class notebook アドインをインストールすると、OneNote 2013 または2016の [クラスノートブック] タブが表示されます。

Class Notebook タブ。

OneNote 2013 または2016用の Class Notebook をインストールする

Class Notebook を使用すると、簡単に追加できます。

ページとコンテンツを配布する

学生の作業をレビューする

OneNote をラーニング管理システムに接続する

課題を作成する

学生の課題に関するスコアを投稿する

管理

これらのボタンにより、Office 365 で Class Notebook アプリにアクセスするブラウザーが起動します。 その後、Class Notebook の機能をオンラインで管理します。

Class Notebook タブのグループを管理します。

リソース

Class Notebook タブのリソース グループ。

専門能力開発

このボタンは、便利なリソースをはじめ、その他の情報やヒントを集めます。

Class Notebook のリソース。

フィードバックの送信

リボンの [フィードバックの送信] ボタンを使用して、開発チームに直接フィードバックを送信できます。 クリックすると、既定のメール クライアントが開き、メールを送信できます。

Class Notebook アドインを導入する

IT 管理者は、学校内または学区域にわたり、Class Notebook アドインを幅広く導入することができます。 手順については、ダウンロード センター https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=51934 で見つけることができます。

教師用に事前構成されている特定の LMS または SIS 情報を使用して Class Notebook アドインを展開するには、 https://aka.ms/classnotebookaddingrouppolicyのグループポリシーページにアクセスしてください。

トラブルシューティング

お客様が製品を快適にご利用できるように、マイクロソフトは最善の努力を尽くしています。 それでも、問題が生じる場合があるかもしれません。 一般的な問題とその回避策をここに記します。

発生する可能性のある問題の解決策

リリース ノート

バージョン 0.3.14.0 (最初のリリース)

» このバージョンに関するブログの投稿を表示する

 機能:

  • ページの配布

  • コンテンツの配布

  • 個人およびグループへの配布

  • 新しいセクションの配布

  • コンテンツ ライブラリの配布

  • 学生の課題を添削する

  • 姓で学生を並べ替える

  • Class Notebook アプリ (クラス ノートブックの作成、学生の追加/削除、教師の追加/削除、ノートブック リストの取得) のクイック起動ツール

  • OneNote の教育機関向けのトレーニングへの専門能力開発リンク

バージョン 0.3.18.0 (2016 年 3 月)

» このバージョンに関するブログの投稿を表示する

 機能:

  • スタッフ用ノートブックのサポート

  • ページ配布時の印刷のサポート

バージョン 0.4.0.0 (2016 年 4 月)

» このバージョンに関するブログの投稿を表示する

 機能:

  • LMS および SIS の割り当てと成績の統合 (https://www.onenote.com/edupartners)

  • 誤って学生に配布したページを元に戻す (「取り消す」) 機能

  • クラスの新しい単位などのシナリオの場合に新しいセクション グループを学生に配布する機能

  • その新しい単位内で新しいプロジェクトまたは授業の新しいセクションを学生の新しいセクション グループに配布する機能

  • 学生がアドインをインストールする必要がないので、IT 管理者が学校または学区のアドインの MSI インストールを展開することはできません。

  • 新しいセクションを配布するときのパフォーマンスの向上

  • その他のアイコン (小さいセクション、ノートブック、および連絡先のアイコン)

  • その他のバグ修正、安定性、およびセットアップの改善

バージョン 0.4.5.0 (2016 年 5 月)

機能:

  • School Bytes の割り当てと成績の統合

  • WinjiGo の割り当てと成績の統合

  • LMS 間での小数の成績のサポート

  • 自己ホスト LMS のサポート

  • 学生が Office 365 と LMS で異なる名前を所有している状況に対処するために、学生のマッピングをサポート

  • IT 管理者の右クリックのインストールをサポート

  • [バグ] ノートブック ID が永続的であったため、既存のノートブック マッピングがランダムに表示されなくなっていました。 このバグは修正されましたが、すべての既存のノートブック マッピングでリセットが 1 回生じます。

  • [バグ] [Class Notebook をマップ] ダイアログ ボックスが、125% のウィンドウ スケーリングでは正しく表示されませんでした。 このバグは修正されました。

バージョン 0.5.0.0 (2016 年 6 月)

  • Aeries の割り当て/成績の統合

  • Firefly Learning の割り当て/成績の統合

  • PowerSchool の割り当て/成績の統合

  • Rediker の割り当て/成績の統合

  • Skyward の割り当て/成績の統合

  • SunGard の割り当て/成績の統合

  • WinjiGo の割り当て/成績の統合

Version 0.5.1.0 (2016 年 7 月)

  • Google Classroom の割り当て/成績の統合

Version 1.0.0.0 (2016 年 8 月)

バージョン 1.2.0.0 (2016 年 9 月)

  • SEQTA の割り当て/成績の統合

  • クラスのノートブックの自動マッピング

  • 姓、名による学生の自動マッピング

  • 教師が 1 度のサインインのみで LMS/SIS にアクセスできるようにする、更新されたトークン

  • 添付ファイルが含まれるページを配布するときに警告を表示

  • [バグ] セクション名のアポストロフィがページ配布時に正しく保持されない

バージョン 1.3.0.0 (2016 年 9 月)

  • MS クラスルームのコースで、大量の課題を採点する際に発生する問題を修正しました

バージョン 1.3.1.0 (2016 年 10 月)

  • Schoology ログインに影響する問題を解決しました

バージョン 1.3.2.0 (2016 年 10 月)

  • 学生のマッピングが保存できない問題を修正しました

バージョン 1.4.0.0 (2016 年 11 月)

  • SEQTA LMS のサポートが追加されました

  • ページの配布で、特定のコンテンツ タイプに発生するバグを修正しました

バージョン 1.4.5.0 (2016 年12月)

  • 学生の作業をレビューするときに未読ページを強調表示する

  • ページ配布のパフォーマンスの向上

  • Microsoft 教室クラスノートブックの自動マッピング
     

バージョン 1.5.0 (2017 年2月)

  • カスタマイズ可能なステッカーなど、ステッカーのサポート

  • Canvas と skooler のグレードスケールのサポート (例: 文字等級、カスタムポイント、パーセンテージ、

  • 異なる lmses に対する修正プログラム、rediker のなど

  • バグ修正

バージョン 1.5.5 (2017 年3月)

  • Firefly Firefly タスクへの割り当ての説明フィールドのマッピングが使用できるようになりました

  • [ヘルプとフィードバック] のメニュー項目ラベルが更新されました

  • 学生の作業のレビュー: 学生のノートブックと成績のマッピングの操作性が向上しました

  • バグ修正

バージョン 1.5.6 (2017 年3月)

  • 安定性の向上

バージョン 1.5.7 (2017 年4月)

Schoology の課題と成績の統合を改善するための修正プログラム

安定性の向上

バージョン 1.5.8 (2017 年5月)

skooler の割り当てと成績の統合を改善するための修正プログラム

安定性の向上

検証 sion 1.5.9 (5 月 2017)

バグ修正と安定性の向上

Skyward の統合の改善  

バージョン 1.6.0 (2017 年5月)

blackbaud oncampus の新しい課題と成績の統合

esチョークのデータに対する新しい課題と成績の統合

最近の Google の授業の変更に合わせて、課題と成績の統合を更新しました

安定性の向上

バージョン 1.6.1 (2017 年6月)

skooler の課題と成績の修正

blackbaud の割り当てと成績の統合のタイムアウト改善修正


バージョン 1.7.0 (2017 年7月)

  • 2つの新しいステッカーパック ("補給物資" と "Cacti")

  • edsby の課題と成績のサポート

  • Schoology の課題と成績の統合の改善

  • skooler の割り当てと成績の統合の改善

  • バグ修正

バージョン 1.8.0 (2017 年8月)

  • 無限キャンパスとの課題と成績の統合

  • LiveGrades との課題と成績の統合

  • EduPoint Synergy との課題と成績の統合

バージョン 1.8.2.0 (2017 年8月)

  • キャンバスの課題と成績の統合の改善

  • Edmodo の課題と成績の統合の改善

  • skooler の課題と成績の統合機能の改善

  • SunGard の課題と成績の統合の改善

  • rediker のの課題と成績の統合の改善

  • wingo go の課題と成績の統合の改善
     

バージョン 1.8.3.0 (9 月)

  • skooler の課題と成績の統合機能の改善

  • 大規模なクラスを可能にするための学生マッピングの修正

  • その他のバグ修正

バージョン 1.8.4.0 (10 月)

  • OneNote デスクトップの [挿入] メニューへの Microsoft エデュケーションリソースの統合

  • Skyward の課題と成績の統合の改善

  • skooler の割り当てと成績の統合の改善

  • その他のバグ修正

バージョン 2.0.0.0 (11 月)

  • 教育機関向けの Microsoft Teams での課題と成績のサポート

  • 学生の作業をレビューするための Schoology とブラックボーの修正

  • skooler の課題と等級バグ修正

  • [課題の説明を作成] ボックスのサイズがさらに多くの文字をサポートするように拡張されました (1000)

  • ステッカーレイアウトの修正

  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

バージョン 2.1.0.0 (1 月)

  • powerschool-powerschool Pro での課題と成績のサポート

  • 4つの新しいステッカーパック

  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善
     

バージョン 2.2.0.0 (3 月)

  • Microsoft Teams の10進数の評価とカスタムポイント

  • Schoology のユーザー設定のポイントと割り当てのカテゴリ

  • Synergy multiple 等級型

バージョン 2.3.0.0 (4 月)

  • 主要な学校のソフトウェアでの課題と成績のサポート

  • IST での課題と成績のサポート

  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

バージョン 2.4.0.0 (5 月)

  • helpshift のサポート URL が更新されました

バージョン 2.5.0.0 (June)

  • ページロックのサポートでは、教師がページまたは学生のページセットを読み取り専用にすることができます。

  • バグの修正とパフォーマンスの向上

バージョン 2.6.0.0 (June)

  • Capita sim との課題と成績の統合

  • 追加された新しい LMS と sises をアドインで自動的に検出する機能

  • バグの修正とパフォーマンスの向上

バージョン 2.7.0.0 (8 月)

  • Moodle と Edmodo のバグ修正

  • 管理ボタンのバグ修正

  • その他の一般的なバグの修正

バージョン 2.8.0.0 (9 月)

  • 教育機関向けリソースのバグ修正と改善

バージョン 2.9.0.0 (2018 年12月)

  • 教育機関向けリソースのバグ修正と改善

最新のリリース

バージョン 3.0.0.0 (2019 年3月)

  • 教育機関向けリソースのバグ修正と廃止

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×