OneNote に Outlook の会議の詳細を挿入する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

必要に応じて、会議のより詳しい記録をノートの見栄えを統一させて、会議の詳細については、OneNote ノートに Outlook から追加できます。会議の詳細と、日付と場所、議題、トピック、および参加者を含めることができます。

注: 会議の詳細情報をノートに追加するには、Outlook 2016 と OneNote 2016 が同じコンピューターにインストールされている必要があります。

  1. OneNote で、[ホーム]、[会議の詳細] の順に選びます。

    OneNote 2016 の [会議の詳細] ボタンのスクリーンショット

  2. 表示されるメニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • 当日の会議を選ぶには、一覧で会議の時刻と件名を選びます。

    • 別の日の会議を選ぶには、[別の日から会議を選択] を選んで予定表アイコンを選び、特定の日付を選ぶか、[前日] または [翌日] を選んで過去または将来の会議を表示します。目的の会議の時刻と件名を選び、[詳細の挿入] を選びます。

ヒント: 選択した会議ごとに、新しいページに、詳細が挿入されます。ノートに (CTRL + V) の詳細を別の場所貼り付けるし、もこの情報に含める、既存のノートのいずれかの挿入された詳細については、クリックして選び、表示されるノート コンテナーの上にマウス ポインターを移動し、(ctrl キーを押しながら C) をコピーします。

会議の詳細は、テキストとして OneNote に追加されます。OneNote では、会議の詳細の任意の部分に対して、追加、変更、または削除を自由に実行できます。この場合、Outlook 予定表にある元の会議の詳細は影響を受けません。たとえば、実際には会議を欠席した出席予定者の名前を削除できるため、実際の出席者を記録することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×