OneDrive for iOS アプリに関する問題のトラブルシューティング

OneDrive for iOS アプリに関する問題のトラブルシューティング

OneDrive for iOS モバイル アプリでエラーが発生したことについてお詫びいたします。できるだけ早く問題を解決しましょう。

すべての OneDrive モバイル同期、共有、およびアップロードの問題について、インターネットに接続できることを確認します。デバイスの設定やモバイル データ プランによっては、一部のアプリや機能が Wi-Fi でしか動作しない場合があります。

自動カメラ アップロードが機能しない場合、または一部の画像しかアップロードされない場合は、次の手順を実行します。

  1. OneDrive アプリを、カメラ ロールの更新のために開いたままにします。iOS は、バック グラウンドで一部のアプリの同期を阻止します。

  2. Wi-Fi に接続していない場合は、モバイル OneDrive の従量制課金接続でのカメラ アップロードの設定がオフになっていないことを確認します。

  3. OneDrive アプリの設定でカメラ アップロードを無効にします (手順は、「iOS で OneDrive を使う」のガイドに記載されています)。

  4. OneDrive Web サイトに移動し、カメラ ロール フォルダーの名前を変更します (検索を使って探してみます)。

  5. カメラ アップロードを有効にします。

    モバイル デバイスからクラウドに、カメラ ロールのすべての画像の再アップロードが開始されます。これらの手順を完了する前に、接続が強いことを確認してください。

    ヒント: 

    • OneDrive では、OneDrive は iCloud 用に最適化された写真をアップロードできません。最適化を無効にするには、[設定]、[iCloud]、[写真] の順にタップし、[ストレージの最適化] をオフにします。

    • 位置情報設定をオンにすると、カメラ ロールの同期に役立つ場合があります。[設定]、[プライバシー]、[位置情報サービス]、[OneDrive]、[常に] の順にタップします。

カメラ アップロードの設定や写真の検索に時間がかかりすぎ、エラー メッセージが表示されない場合は、カメラ ロールの写真が多すぎることが原因である可能性があります。

: 顔認識と位置情報データが写真に含まれている場合は、この遅延がさらに長くなる可能性があります。インターネット接続でアップロードよりダウンロードを優先にしている場合、アップロードがさらに遅くなる可能性もあります。

この問題を解決するには、次の操作を行います。

  1. 写真をいくつか別のフォルダーに移動して、カメラ ロールの写真の数を減らします。

  2. iOS の写真と図の設定で、ストレージの最適化をオフにします。

  3. アップロードが終わるまで OneDrive を一晩中実行したままにします。大量のデータの場合、特に iCloud にも接続している場合は、アップロード プロセスにしばらく時間がかかる可能性があり、アプリをサインアウトまたは再インストールすると、プロセスがもう一度開始されるだけです。

Apple は iOS 11 で多くのデバイスやサービスとの互換性がない新しい画像とビデオの形式を導入しました。デバイスで [設定]、[一般]、[App のバックグラウンド更新] の順に有効にして、OneDrive を最新の状態に保ちます。

ビデオを標準のフォーマットに戻すには、次の操作を行います。

  1. iOS の [設定] に移動します。

  2. [カメラ] をタップします。

  3. [フォーマット] をタップします。

  4. [互換性優先] を選びます。

これで、今後、撮影するすべてのビデオはどこでも適切に再生されるようになります。この時点で既に新しいフォーマットのビデオが準備できていると思われます。したがって、弊社が OneDrive の更新に取り組んでいる間は、次のようにしてこれらのビデオを再生することができます。

  1. OneDrive でビデオに移動する

  2. ビデオをタップします。

  3. 右上にある [オフライン] コマンド (ダウンロード アイコンの付いたクラウド) をタップします。

  4. ビデオがオフラインで使用可能になったら、再生することができます。

同期が機能しない、OneDrive が起動しない、または OneDrive がクラッシュする場合は、OneDrive の再インストールを試してください。

  1. OneDrive アプリのアイコンを長押しして、OneDrive アプリをアンインストールします。コーナーにある [X] をタップして、削除の確認メッセージに同意してアプリを削除します。

  2. [スリープ/スリープ解除] と [ホーム] の両方のボタンを同時に押し、Apple ロゴが表示されるまで 10 秒以上長押しして、"ソフト リセット" を実行します。Apple ロゴが表示されたら両方のボタンを放します。

  3. App Store から OneDrive アプリを再インストールします。

  4. デバイスで [設定]、[一般]、[App のバックグラウンド更新] の順に有効にして、OneDrive を最新の状態に保ちます。

OneDrive の位置情報サービスを有効にすると、特にバックグラウンドでの同期中に役に立つことがあります。位置情報サービスのオン/オフは、[設定]、[プライバシー]、[位置情報サービス] の順に選択して切り替えられます。

ファイルが別のアプリで開かれている可能性があります。ファイルに加えた変更を保存して、アプリを閉じてから、もう一度ファイルをアップロードしてください。

ファイル名 (パスを含む) が長すぎます。ファイル名とパスの長さは 442 文字より短くする必要があります。OneDrive 内のファイルまたはサブフォルダーの名前を短くするか、トップ レベル フォルダーに近いサブフォルダーを選んでから、もう一度ファイルをアップロードしてください。

アップロードする前に、ファイルの移動、名前の変更、または削除が行われた可能性があります。 ファイルを確認してから、もう一度アップロードしてください。

ヒント: 自動アップロードが実行された後で、コンピューター上のファイルを移動すると、このメッセージが表示される場合があります。

使用可能な OneDrive 記憶領域に収まらない場合、ファイルをアップロードできません。残りの容量を確認するか、ストレージ容量を増やすには、オンラインで [ストレージ] ページ にアクセスしてください。

アップロードしているファイルの名前を変更します。

ファイル名に使用できない文字が含まれています。先頭と末尾がスペースではなく、末尾にピリオドが使用されず、次の文字が含まれないように、ファイル名を変更してください: /、\、<、>、:、*、"、?、 |

次の名前は、ファイルまたはフォルダーに使用できません: AUX、PRN、NUL、CON、COM0、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、LPT0、LPT1、LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9

補足説明

iOS で OneDrive を使う

OneDrive で失われたファイルや行方不明のファイルを見つける

OneDrive Web サイトでのファイルのアップロードに関する問題を修復する

最近の OneDrive の問題に関する修正プログラム

OneDrive モバイル アプリの場合は、デバイスを振ってヘルプを表示したり、フィードバックを共有したり、OneDrive サポート チームにメールを送信したりできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×