onedrive for Business 次世代同期クライアント (onedrive .exe) は、起動直後に終了します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

この記事では、onedrive for Business の次世代同期クライアント (onedrive .exe) の使用方法について説明します。

注:使用している onedrive 同期クライアントを特定するには、「使用している onedrive 同期クライアントを確認する」を参照してください。

問題

onedrive for business の次世代同期クライアント (onedrive .exe) をインストールして onedrive for business ファイルを同期するか、オペレーティングシステムを更新した後、次のいずれかまたは複数の現象が発生することがあります。

  • サインインを求めるメッセージは表示されません。

  • ファイルの同期は行われず、エラーメッセージは表示されません。

  • また、OneDrive の個人用を実行していて、[ビジネスアカウントの追加] ダイアログボックスの [設定] をクリックしても、何も起こりません。

解決方法

組織の管理者が、グループポリシー設定を構成して、onedrive を起動できないようにしました。会社の管理者と協力して、該当するグループポリシーオブジェクト (GPO) を変更します。次の手順に従って、コンピューターがポリシーによって影響を受けることを確認できます。

重要:このセクションの手順を慎重に実行します。レジストリを正しく変更しないと、重大な問題が発生する可能性があります。変更する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップして復元します。

  1. 次のレジストリキーに移動し

    ます。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\OneDrive 

  2. 次のキーを確認

    します。DisableFileSyncNGSC = DWORD:1 

OneDrive for Business と同期するには、 DisableFileSyncNGSCキーを削除するか、 DWORD値を 0 (ゼロ) に変更する必要があります。レジストリ値がグループポリシーオブジェクトの一部として設定されている場合は、ポリシーを削除する必要があります。

このキーを手動で変更するか、または管理者がコンピューターのポリシーを変更せずにキーを削除することにした場合、ポリシーが次に実行されたとき (通常は再起動後、Windows にサインインした後、または定期的な更新後)、ポリシーは再適用され、OneDrive for Business は再び起動しません。

詳細情報

この問題は、コンピューターで OneDrive for Business を起動できないようにするグループポリシー設定がある場合に発生します。

会社の管理者が onedrive のコンシューマー同期クライアントを無効にして、onedrive for Business を有効にすることを決定した場合は、「グループポリシーを使用して onedrive の同期クライアント設定を制御する」を参照してください。

それでもヘルプが必要な場合[ Microsoft コミュニティ] に移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×