スキップしてメイン コンテンツへ

OneDrive for Business の web ページをカスタマイズすることはできません。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

問題

OneDrive for Business の web ページで新しいエクスペリエンスまたはクラシックビューを使用すると、web ページをカスタマイズできないことがわかります。さらに、ページまたはライブラリのフィールドまたはコンテンツタイプを変更することはできません。

ソリューション/回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • web ページに既存のカスタマイズがある場合は、[クラシック表示] に切り替えます。ただし、従来のビューは段階的に廃止されることに注意してください。さらに、従来のビューに対する新しいカスタマイズはサポートされません。注: クラシック表示に切り替えるには、[onedrive for Business] ページの左下隅にある [クラシック onedrive に戻る] をクリックします。

    さらに、管理者は、 onedrive for businessエクスペリエンスをクラシックエクスペリエンスまたは新規に変更することで、[設定] セクションの SharePoint 管理センターで onedrive for business エクスペリエンスを制御できます。 エクスペリエンス。 組織内のグローバルまたは SharePoint 管理者の場合、新しいエクスペリエンスを展開するまで、すべてのユーザーがクラシックエクスペリエンスを維持するには、従来の sharepoint 管理センターに移動し、左側のウィンドウで [設定] をクリックして、[OneDrive] の横にある[ビジネスエクスペリエンス] で [クラシックエクスペリエンス] を選びます。

  • カスタマイズが必要な場合は、SharePoint Online チームサイトを使用することを検討してください。詳細については、「テンプレートを使用してさまざまな種類の SharePoint サイトを作成する」を参照してください。

詳細情報

これが予期される動作です。onedrive for business ページまたは onedrive for business ライブラリの設定のカスタマイズはサポートされていません。カスタマイズのシナリオには、次のようなものがあります。

  • コンテンツタイプの構成

  • ライブラリの列を変更する

  • バージョン管理の設定を変更する

  • アプリを追加する

  • ライブラリのサブサイトを作成する

onedrive for Business でのブラウザーエクスペリエンスの変更の詳細については、 onedrive のブログを参照してください。


それでもヘルプが必要な場合[ Microsoft コミュニティ] に移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×