OneDrive for Business の [全員と共有] フォルダーをプロビジョニングする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

新しいユーザーを Office 365 で作成すると、そのユーザーは自分の OneDrive for Business ライブラリを受け取ってドキュメントの保存や共有を行うことになります。 そのライブラリには [全員と共有] フォルダーがあり、外部ユーザーを除く組織全体で共有されます。 ユーザーにとっては、組織の誰もが表示できるパブリック フォルダーのようなものです。 OneDrive for Business では次のように表示されます。

OneDrive for Business のフォルダーを全員と共有

2015 年 8 月 1 日からは、[全員と共有] フォルダーは新しいユーザー用にプロビジョニングされなくなります。この機能によって混乱して、意図に反して共有されるという事態に対処するためです。 この変更によって影響されるのは、新しいユーザーのみです。既存のユーザーは影響されず、引き続きこのフォルダーを使って組織全体で共有できます。

新しいユーザーを作成するときに [全員と共有] フォルダーがプロビジョニングされることを復元するには、次のうちいずれかの手順を実行します。

ユーザーの作成後に [全員と共有] フォルダーを再作成する

ユーザー数が少なく、[全員と共有] フォルダーを再作成する場合は、次の手順に従います。

  1. ユーザーに OneDrive for Business に移動するように指示します。

  2. OneDrive for Business からドキュメントを作成するのと同じ手順に従って、「全員と共有」(または似た名前) というフォルダーを作成します。

  3. OneDrive for Business でドキュメントやフォルダーを共有する」の指示に従って、そのフォルダーを組織の全員と共有します。

作成する新しいユーザーごとに、この手順を繰り返します。

Windows PowerShell コマンドレットを使って [全員と共有] のプロビジョニングを復元する

自分またはユーザーが、新しいユーザーの作成のたびに [全員と共有] フォルダーを手動で作成したがらず、現在の機能を Office 365 で復元したい場合は、次の Windows PowerShell コマンドレットを SharePoint Online で実行できます。

Set-SPOTenant –SharingCapability Disabled –ProvisionSharedWithEveryoneFolder $true

詳細情報

SharePoint Online の Windows PowerShell コマンドレットの詳細については、 SharePoint Online Management Shell の概要を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×