OneDrive for Business のアクセシビリティ機能を使用して移動する方法について説明します。

OneDrive for Business のアクセシビリティ機能を使用して移動する方法について説明します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

OneDrive for Businessには、使用して格納およびデバイス間でファイルを共有する障碍、動作制限など、障碍のある方のための簡単なユーザー補助機能が含まれています。スクリーン リーダー、拡大鏡、または音声認識など、多くのユーザー補助機能では、お使いのコンピューターに組み込まれています。これらの機能を使用する方法については、 Office 365 でのアクセシビリティを操作するデバイスをセットアップするを参照してください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • ショートカット キーの場合は、 Windows の OneDrive for Business のキーボード ショートカットを参照してください。

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive for Business のレイアウトを理解します。

OneDriveアプリは、Windows 10 に組み込まれているし、ファイル エクスプ ローラーでOneDriveフォルダーとして表示されます。サインインOneDrive for Businessを設定すると、 OneDriveフォルダー名には、 [OneDrive - ContosoOneDrive@Contoso.comなど、 Office 365組織名が含まれています。

ファイル エクスプ ローラーを開くと、左側のナビゲーション ウィンドウで、 OneDrive for Businessフォルダーが表示されます。アイテムを表示するフォルダー (存在する場合)、さらに、または選択を移動する、右側の内容を表示、フォルダーを選択するときにファイルを開くとします。

キーボードを使って移動する

OneDrive for Businessは、エクスプ ローラーでフォルダーとして表示される、開くし、エクスプ ローラー ウィンドウでのような内容を移動できます。

移動し、地域とエクスプ ローラーでコンテンツを切り替えるには、次のショートカット キーを使用します。

  • 領域を切り替えるに進む] タブの [キーと下位に移動するには、Shift + Tab キーを押します。

  • メニューやリスト内を参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  • 1 レベル上に移動するには、alt キーを押しながら上方向キーを押します。位置に戻るには、alt キーを押しながら左方向キーを押します。

  • アイテムを開くには、Enter キーを押します。

関連項目

OneDrive for Business の同期をスクリーン リーダーを使用します。

Windows の OneDrive for Business のキーボード ショートカット

OneDrive と向けスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Businessには、使用して格納およびデバイス間でファイルを共有する障碍、動作制限など、障碍のある方のための簡単なユーザー補助機能が含まれています。スクリーン リーダー、拡大鏡、または音声認識など、多くのユーザー補助機能では、お使いのコンピューターに組み込まれています。これらの機能を使用する方法については、 Office 365 でのアクセシビリティを操作するデバイスをセットアップするを参照してください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

OneDrive for Business のレイアウトを理解します。

ダウンロードして、App Store からOneDriveアプリをインストールすることができます。1 回をセットアップする組織のアカウント、 OneDrive for Businessへの接続、 OneDriveフォルダー名には、 [OneDrive - ContosoOneDrive@Contoso.comなど、 Office 365組織名が含まれています。

既定の場所または mac の [ OneDrive for Businessフォルダーを別の場所を選択する指示があるOneDrive for Businessを設定します。これでは、 OneDrive for Businessを検索します。Finder でフォルダーの場所に移動するだけです。フォルダーを選択して、Finder の [表示の内容が表示されます、移動することができます (存在する場合)、フォルダーにさらにまたはを選択し、ファイルを開きます。

アプリを実行するときは、Mac のメニュー バーでもの状態] メニューでOneDrive for Businessフォルダーを開くことができます。ここでがあるさらに多くのオプションと設定から、[環境設定] などを選択するオンライン表示、一時停止または問題レポート、および終了 (再設定する必要がある) 場合に、同期を再開します。

キーボードを使って移動する

OneDrive for Businessは、Finder で、フォルダーとして表示されて、開くし、Finder ウィンドウでのような内容を移動できます。

メニュー バーで [状態] メニューからOneDrive for Businessにアクセスするには、次のショートカット キーを使用します。

  • 最初のアイテムに移動するには [状態] メニューで、Control + オプション + + M キーを押します。[状態] メニューの項目間を移動するには、コントロール + オプション + 右または左方向キーを押します。

  • メニューを開くか、アイテムをするには、Control + オプション + space キーを押します。

  • 状態メニュー内で移動するには、コントロール + オプション + 右または左方向キーを押します。

  • リストにアイテムを移動するには、方向キーを使用します。

関連項目

Windows でスクリーン リーダーを使用して OneDrive for Business を同期する

OneDrive と向けスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Businessには、使用して格納およびデバイス間でファイルを共有する障碍、動作制限など、障碍のある方のための簡単なユーザー補助機能が含まれています。スクリーン リーダー、拡大鏡、または音声認識など、多くのユーザー補助機能では、お使いのデバイスに組み込まれています。これらの機能を使用する方法については、 Office 365 でのアクセシビリティを操作するデバイスをセットアップするを参照してください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive for Business のレイアウトを理解します。

IPhone でOneDrive for Businessアプリを開くと、[ファイル] ビューで開きます。見出し行の見出しの横にあるは、右側に 2 つのボタンがあります。追加して、検索します。[追加] ボタンのオプションを含む、たとえば、スキャンアップロード写真またはビデオ撮影フォルダーを作成するフローの作成] メニューを開くまたはPowerPoint、 Wordドキュメントを作成します。プレゼンテーション、またはこの場所にExcelスプレッドシートします。

見出し行] の下にある、右側のボタンがある、リスト ビュー縮小表示フォルダーやファイルの表示方法を選択します。

画面の中央にメインのビューでは、現在選択されているビューの内容を表示します。表示されている内容の下のコンテンツとごみ箱を開くための [ごみ箱] ボタンを検索するための [検索] ボタン

画面の下部にある同等のビューを開く次の 5 つのボタンがあります。

  • ファイルは、 OneDrive for Businessでファイルとフォルダーが表示されます。

  • 最近使用したファイルは、 OneDrive for Businessで最新のファイルを示しています。

  • 共有では、他のユーザーと共有しているファイルを表示します。このビューを開くと、自分と共有するファイルを表示する [共有] タブが表示されます。関連性の興味のあるコンテンツを検索するには、[共有] タブの横にある [検索] タブを使用できます。[検索] タブでは、両方、自分の個人用ドキュメントを含むでき、またOneDrive for Businessやその他のOffice 365場所など、他のユーザーが共有されているコンテンツを紹介することができます。

  • サイトでは、組織のSharePointサイトで利用可能なコンテンツにアクセスできます。

  • 自分両方が使用する場合にOneDriveまたはOneDrive for Businessにアクセスするかどうかを選択することができます。また、オフライン ファイル、ごみ箱、設定、ヘルプ、およびサインアウト オプションにアクセスできます。

タッチを使用した操作

移動を順番にOneDrive for Business内の要素は、次のジェスチャを使用します。

  • 右へスワイプに戻るには、転送とスワイプ左に移動します。

  • 選択またはアイテムを開くには、画面を 2 回タップします。

  • タッチで表示することもできます。調査、画面上に指を配置してそれをドラッグします。VoiceOver は、それらに到達すると、アイテムを発表します。選択またはアイテムを開く、アイテムを聞くと、画面を 2 回タップし、指を取り出します。

関連項目

OneDrive と向けスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Businessには、使用して格納およびデバイス間でファイルを共有する障碍、動作制限など、障碍のある方のための簡単なユーザー補助機能が含まれています。スクリーン リーダー、拡大鏡、または音声認識など、多くのユーザー補助機能では、お使いのデバイスに組み込まれています。これらの機能を使用する方法については、 Office 365 でのアクセシビリティを操作するデバイスをセットアップするを参照してください。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive for Business のレイアウトを理解します。

Android フォンでOneDrive for Businessアプリを開くと、[ファイル] ビューで開きます。ビューの一番上にある、見出し行です。[見出し行見出しの左側に、両方のOneDriveまたはOneDrive for Businessアカウントにアクセスするかどうかを選択することを利用しているアカウントの切り替えボタンです。一番上である、同じ行が使えるコンテンツを検索するテキスト フィールドに表示される [検索] ボタン。

見出し行の下にある、ファイルとフォルダーのさまざまな条件を使用して、ビューの並べ替え] ドロップダウン リストのボタンです。同じ行の右に内容を表示する] ボックスの一覧] のリスト ビューに切り替える] ボタンもさらに、右タイルとして内容を表示するための [タイルの表示に切り替える] ボタン。

画面の中央にメイン ビューには、内容が表示される、ファイルとフォルダー-現在選択されているビューでします。

メイン コンテンツ領域の下にある、 [アイテムの追加ボタンです。この] をクリックして[新規] メニューで、次のオプションにアクセスすることができます:の写真スキャンフォルダーの作成、およびアップロードします。

画面の下部にある同等のビューを開く次の 5 つのボタンがあります。

  • ファイルは、 OneDrive for Businessでファイルとフォルダーが表示されます。

  • 最近使用したファイルは、 OneDrive for Businessで最新のファイルを示しています。

  • 共有では、他のユーザーと共有しているファイルを表示します。このビューを開くと、自分と共有するファイルを表示する [共有] タブが表示されます。関連性の興味のあるコンテンツを検索するには、[共有] タブの横にある [検索] タブを使用できます。[検索] タブでは、両方、自分の個人用ドキュメントを含むでき、またOneDrive for Businessやその他のOffice 365場所など、他のユーザーが共有されているコンテンツを紹介することができます。

  • サイトでは、組織のSharePointサイトで利用可能なコンテンツにアクセスできます。

  • オフライン ファイルにアクセス、ごみ箱、設定、ヘルプ、およびサインアウト オプションを自分ができます。

タッチを使用した操作

移動を順番にOneDrive for Business内の要素は、次のジェスチャを使用します。

  • 右へスワイプに戻るには、転送とスワイプ左に移動します。

  • 選択またはアイテムを開くには、画面を 2 回タップします。

  • ビューを更新するには、2 本の指で下へスワイプします。

  • メニューを閉じるオプションを選択せずに、2 本の指で上にスワイプします。

関連項目

OneDrive と向けスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Businessには、使用して格納およびデバイス間でファイルを共有する障碍、動作制限など、障碍のある方のための簡単なユーザー補助機能が含まれています。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive for Business のレイアウトを理解します。

開くと、 OneDrive for Businessアプリ、Windows Phone で、すべてのファイルのビューで開きます。ビューの左上隅で、アカウントと [設定] メニューに表示されるメニューボタンです。このメニューでは、 OneDrive for Businessアカウントが使用されているかを確認できます。このアカウントを選択すると、 OneDrive for Businessで使用できるストレージ容量を確認できます。または共有して、コンテンツの通知をオフを切り替えると、メール通知を管理またはOneDrive for Business用語を聞くできます。

同じメニューボタンを使用して、次のビューに移動する:すべてのファイル最近のドキュメント共有検索、およびサイトです。オフラインを移動するには、ごみ箱を開く、またはアカウントの設定を追加または削除のアカウントに移動を選択することもできます。

メニューの右側には、ボタンは、すべてのファイルなど、現在のビューを示すヘッダーです。一番上である、同じ行が使えるコンテンツを検索するテキスト フィールドに表示される [検索] ボタン。

先頭の行の下にある、 OneDrive for Businessファイルとフォルダーを含むメイン コンテンツ領域にです。一覧表示されている内容の下にある、ビューの一番下には、アプリ バーに次のアクション ボタンを保持します。

  • 新規作成] ボタンを追加できます、新しいフォルダーをOneDrive for Business、または写真やビデオを新しいアイテムのアップロード] メニューの [を開きます。

  • [選択] ボタンを使用すると、メイン コンテンツ領域の 1 つまたは複数のアイテムを選ぶことができます。選択したら、共有、削除、またはアイテムをオフラインで保持することができます。ダウンロードする、移動、名前変更、またはスマート フォンの [スタート] 画面に項目を固定する選択することもできます。

  • ボタンの共有では、たとえば、 OneDrive for Businessアイテムをコピーするユーザーを招待したり、アイテム、またはビューのアイテムを既に共有したユーザーへのリンクを共有することができます。

  • 詳細の表示] ボタンは、最終変更日時およびアイテムのサイズだったときに、アイテムの種類などのアイテムの使用の詳細についてが表示されます。

  • その他] ボタンは、次のオプション メニューを開く:最優先されるキー縮小表示最初に暗証番号 (pin)、および更新します。

使用可能なアクションは、種類や選択したアイテムの数によって異なります、ため、すべてのオプションがあります利用可能なすべての回します。

タッチを使用した操作

移動を順番にOneDrive for Business内の要素は、次のジェスチャを使用します。

  • 右へスワイプに戻るには、転送とスワイプ左に移動します。

  • 選択またはアイテムを開くには、画面を 2 回タップします。

  • メイン コンテンツ領域の下にスクロールするには、2 本の指でをスワイプします。上にスクロールするには、2 本の指で下へスワイプします。

  • アイテムにいるときに、コンテキスト メニューを開く] を 2 回タップ 2 本の指で画面。

OneDrive for Businessには、簡単なユーザー障碍、動作制限など、視覚に保存し、デバイス間でファイルを共有するユーザー補助機能が含まれています。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。新しい機能をより早く入手する方法の詳細について確認するには、Office Insider プログラムに参加してください。

  • ショートカット キーの場合は、 web で OneDrive for Business のキーボード ショートカットを参照してください。

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive for Business のレイアウトを理解します。

web ブラウザーでOneDrive for Businessを実行します。ツールバーで、Microsoft のサービスとOutlook、 Excel OnlineOneNote、 Office Onlineアプリケーションにリンクするタイルを含むOffice 365アプリ起動ツールとブラウザー ウィンドウで、 OneDrive名が表示されます。その他の情報ツールバーでは、通知を取得し、設定を管理する、ヘルプの表示と、自分のプロファイルやアカウント情報を編集し、サインアウトするアカウント] ウィンドウを開くコマンドも含まれます。

ツールバーの下には、左側の検索ボックスを含むメニュー バーです。並べ替えとビューのオプション] と [情報] コマンドが同じ行の右します。情報] コマンドの選択OneDriveのメイン ウィンドウの右側にある情報ウィンドウが開き、選択したフォルダーやファイルの詳細を提供します。

フォルダーやファイルを現在選択されているアイテムに対応したコマンドが含まれるメニュー バーの変更の中央のセクションで操作するとします。たとえば、フォルダーを含むビューでメニュー バーでは、コマンド (左から右へ) を作成するまたは新しいファイルとフォルダーをアップロード、作成または、フローを表示して、フォルダーの同期します。選択されているファイルがあれば、メニュー バーには、コマンド (左から右へ) を開く、共有、コピー、リンクをダウンロードすると、削除、移動、およびを選ぶためでもその他のコマンド。

[メニュー バーは、フォルダーや、 OneDrive for Businessに格納されているファイルの構造です。ナビゲーション ツリーを含む、次のカテゴリが含まれている左側のウィンドウがある場合は、デスクトップ コンピューターなど、ワイド スクリーンを備えた作業している:ファイル最近使用したファイル共有、およびごみ箱します。狭い画面を使用している場合は、左側のウィンドウではなくのツールバーの [その他のオプションのメニューのカテゴリの表示が利用します。表示のメイン ウィンドウでは、フォルダーと、選択されたカテゴリ内のファイルの一覧が表示されます。メインのビューでフォルダーを選択して、そのフォルダーが開き、そのサブフォルダーおよびファイルの一覧が表示されます。

ファイルを開く場合は、現在のブラウザー タブで、または別のブラウザーのタブ (たとえば、 Word OnlineまたはExcel Online) で開きます。

キーボードを使って移動する

アクセス キーまたはキー ヒントを使用しないように、web ブラウザーでOneDrive for Businessを実行します。たとえば、使い慣れたショートカットを使用、CTRL + P (印刷) や F1 (ヘルプ) OneDrive for Businessコマンドではなく、ブラウザーのコマンドを実行します。

OneDrive for Business未満の地域を順番に進む] タブの [キーと下位に移動するには、Shift + Tab キーを押します。アイテムを選び、space キーを押します。メニューまたはリスト内で参照、方向キーを押してまたは下向きの矢印キーを次に、このオプションを選択するには、space キーを押します。メニューまたはモードを終了するには、esc キーを押します。

タブ キー ナビゲーション循環の順序は次のとおりです。

  • Web ブラウザー コントロール

  • OneDrive のツールバー

  • ナビゲーション ツリー ウィンドウ

  • メニュー バー

  • メイン ウィンドウの内容

関連項目

OneDrive for Business on the web のキーボード ショートカット

OneDrive と向けスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×