OneDrive for Business のさらに簡単になった共有操作

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

その中の大きなパーツでは、同僚と共同作業や世界中および教育機関向けのユーザーは、 OneDriveを作業を完了すると、によって異なります。最も一般的な修正が発生する 2 つの簡単に共有できるようにはのための作業を人場合に、ファイルの共有: 1) リンクを電子メールを送信して、2) のリンクをクリップボードにコピーします。最初のリリースお客様には、年 2 月の最後に必要な完全な投入 mid 年 1 月で始まる、この変更が表示されます。

ファイルまたはフォルダーについて [共有] コマンドまたは [リンクの取得] コマンドを選ぶと、シンプルになったダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスでメール アドレスやメッセージを入力したり、リンクをコピーしたりすることができます。また、読み取りアクセス許可の概要が青色のテキストで表示され、簡単に確認できるようになります。

OneDrive for Business で [リンクの共有] を選んで表示される新しい共有ダイアログ ボックス

OneDrive for Business のリンクの取得ダイアログ ボックスのスクリーンショット

必要に応じて、アクセス許可の概要リンクをクリックし、[アクセス許可] ウィンドウを開いて調整することもできます。

OneDrive for Business でファイルを共有するときの [アクセス許可] ウィンドウのスクリーンショット

[アクセス許可] ウィンドウでは次のアクセス許可を制御できます。

  • リンクにアクセスできるユーザー。

    • すべてのユーザー:このリンクは、メールの添付ファイルと同様に、すべての受信者が使用できます。簡単に使用できるように共有し、最適化する場合にこのオプションを使用します。

    • 組織内のユーザーのみ:受信者がこのリンクを使用するには、サインインして企業または学校のメンバーであることを証明する必要があります。組織外に非公開にする必要があるコンテンツを共有する場合にこのオプションを使用します。

    • 特定のユーザーのみ:このリンクは、指定したユーザーのみが開くことができます。組織の内外を問わず、送信者が指定したユーザー以外には非公開にする必要があるコンテンツを共有する場合にこのオプションを使用します。このリンクの種類は、以前は "制限付きリンク" と呼ばれていました。

  • リンクで実行できる操作内容。

    • 表示

    • 表示と編集

  • リンクを使用できる期間。[すべてのユーザー] を選ぶ場合、リンクの有効期限を設定できます。

従来と同様に、新しい共有操作は、設定されているすべての IT 共有およびアクセス ポリシーを順守しています。そのため、IT 管理者の設定に従って仕事を進めることができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×