OneDrive ユーザー向けに既定の記憶領域を設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

各ユーザーのOneDriveユーザーの既定の記憶域は 1 TB です。によっては、 Office 365計画 (情報のOneDrive for Business のサービスの説明を参照してください)、変更するには、記憶域最大 5 TB です。

注: 

  • ヘルプを表示するサブスクリプションを確認する必要は、「どのような人向け Office 365 のビジネス サブスクリプションが必要ですか?

  • 組織の 5 つまたは複数のユーザーの場合は、5 TB 以上に記憶域を変更できます。Microsoft のサポートに問い合わせて、ニーズに問い合わせてください。

  • 既定の OneDrive 記憶域を増やすには、ユーザーに少なくとも 1 つのライセンスを割り当てる必要があります。

OneDrive の管理センターで既定の OneDrive の容量を設定します。

  1. 管理センターの OneDriveを開き、左側のウィンドウでの記憶域をクリックします。

    OneDrive 管理センターの [記憶域] タブ
  2. [既定のストレージ] ボックスに既定の容量 (GB) を入力し、[保存] をクリックします。

このストレージ容量の設定は、対象の特定の記憶域の制限を設定していないすべての新規または既存のユーザーに適用されます。(ユーザーが、特定の記憶域の制限を持っていることを確認するには、次のセクションを参照してください)。特定のユーザーの記憶域を変更するには、Microsoft PowerShell を使用する必要があります。これを行う方法についての情報] は、「 PowerShell を使用してユーザーの OneDrive の容量を変更する」を参照してください。

ユーザーが、既定の記憶域の制限や特定の上限を持っていることを確認します。

  1. 最新の SharePoint Online 管理シェルをダウンロードします

  2. Office 365 のグローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint Online に接続します。その方法については、「Getting started with SharePoint Online Management Shell」 (SharePoint Online 管理シェルを開始する)を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行します。

    $r=Get-SPOSite -Identity <user's OneDrive URL> -Detailed
    $r.StorageQuotaType

    ( <user's OneDrive URL>は、ユーザーの OneDrive の URL) です。コマンドは、ユーザーは、特定の制限を持っている場合、ユーザーがある、既定の記憶域の上限または"UserSpecific"場合は、「既定値」を返します。

PowerShell を使用して既定の OneDrive 記憶域を設定します。

  1. 最新の SharePoint Online 管理シェルをダウンロードします

  2. Office 365 のグローバル管理者または SharePoint 管理者として SharePoint Online に接続します。その方法については、「Getting started with SharePoint Online Management Shell」 (SharePoint Online 管理シェルを開始する)を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行します。

    Set-SPOTenant -OneDriveStorageQuota <quota>

    <quota>は、記憶域のメガバイト値です。たとえば、1 TB の 5 TB の 5242880 1048576 します。希望する任意の値を指定する、ただし、特定のユーザーのライセンスで許可されているより大きい値を指定する場合は、そのユーザーの記憶域切り捨てられますライセンスで許可されている最大の値にします。

    新しい既定の記憶域を既存のユーザーのOneDriveをリセットするには、次のコマンドを実行します。

    Set-SPOSite -Identity <user's OneDrive URL> -StorageQuotaReset

関連項目

新しい OneDrive 管理センターの使用

SharePoint Online PowerShell コマンドレットの完全な一覧を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×