OneDrive の保存と削除

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、組織のユーザーの Office 365 アカウントを削除するときのユーザーのOneDriveに動作について説明します。

削除済みのユーザーの OneDrive 別のユーザーのアクセス権を付与します。

Office 365 管理センターでユーザーを削除すると、ユーザーの製品のライセンス、メール、およびOneDriveするものを選択できます。OneDriveに別のユーザー アクセスを許可すると、そのユーザーは、既定の状態にアクセスして、残しておきたいファイルをダウンロードして 30 日間があります。(する保存期間を変更するには、「削除されたユーザーの OneDrive の保存期間を設定)削除済みのユーザーのOneDriveにアクセスするための次の手順へのリンクを含む電子メールを受信します:他のユーザーの OneDrive からファイルをコピーします。

自動アクセスの委任を構成します。

既定では、ユーザーを削除すると、 OneDriveの所有権がユーザーの上司に転送されます。アクセスの委任をオンにして、ユーザーが指定したマネージャーを持っていない場合に、第 2 の管理者を設定するかどうかをチェックする次の手順に従います。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左のウィンドウの [ユーザー プロファイル] をクリックします。

  5. [個人用サイトの設定] で [個人用サイトのセットアップ] をクリックします。

  6. 個人用サイトのクリーンアップ] の横にある [アクセスの委任を有効にするが選択されていることを確認します。

  7. 個人用サイトのクリーンアップ] セクションでも、第 2 の所有者のアカウントを指定することをお勧めします。Azure AD でユーザーの管理者が設定されていない場合、このアカウントはOneDriveの指定された所有者になります。値があらかじめ設定されたときに、電子メールの通知も第 2 の所有者のアカウントに送信されます。

  8. [OK] をクリックします。

管理者または代理の所有者は、ユーザーの設定されていない場合、またはアクセスの委任が無効になっている場合は、 OneDriveは、次のセクションで説明する、削除プロセスを実行します。ただし、自動的に電子メール メッセージを送信されません。

OneDrive の削除手順

  1. ユーザーは、 Office 365管理センターから削除したり、 Active Directory同期によっては削除されます。

  2. アカウントの削除は、 SharePoint Onlineに同期されます。

  3. OneDriveクリーンアップのジョブを実行し、 OneDriveが削除対象としてマークします。削除済みのユーザーは、30 日間、Office 365 管理センターに表示されます。OneDriveの期間の既定値は 30 日間でも、 OneDrive管理センターで変更できます ( [削除済みのユーザーの OneDrive の保存の設定を参照してください) または- OrphanedPersonalSitesRetentionPeriodパラメーターを使用してSharePoint Online Management Shellでセット SPOTenantコマンドレットします。詳細については、このコマンドレットを使用して、セット SPOTenantを参照してください。

  4. 削除されたアカウントの管理者を指定すると、管理者はOneDriveへのアクセス権があるし、保持期間の最後にあるOneDriveが削除されることに指示する電子メールを受け取ります。

  5. 第 2 の所有者がOneDriveへのアクセス権があることを知らせるメールを受信するSharePoint管理センターで、第 2 の所有者が入力されたユーザー アカウントの管理者が指定されていない場合は、およびでOneDriveが削除されること、保持期間の終了します。

  6. 保持期間が切れる前に 7 日間 2 番目のメールとしてに送信管理者または代理 7 日以内にOneDriveが削除されることを確認します。

  7. 7 日後に、削除済みのユーザーのOneDriveはられてから 93 日に保存されている、サイト コレクションのごみ箱に送信されます。この間、ユーザーができなくOneDriveでの共有、コンテンツにアクセスします。OneDriveを復元するには、PowerShell を使用する必要があります。[情報] は、「削除した OneDrive を復元する」を参照してください。

    注: ごみ箱インデックスが作成されていないと、そのため検索は、あるコンテンツを検索できません。eDiscoveryを保持していることを意味に置いたままにするために、ごみ箱にコンテンツを見つけますことはできません。

注: 

  • アイテム保持ポリシーを常に 30 日より前にポリシーに含まれるコンテンツを削除する可能性がありますが、標準的なOneDrive削除プロセスに優先またはOneDrive保持より長い用に保持します。詳しくは、アイテム保持ポリシーの概要を参照してください。同様に場合は、 OneDriveが配置したままeDiscoveryケースの一部としてマネージャーと第 2 の所有者は送信されます削除を保留中のメールが保留リストが削除されるまで、 OneDriveは削除されません。

  • OneDriveのクリーンアップの保存期間をAzure Active Directoryから削除するユーザー アカウントを開始します。ユーザー アカウントの無効化などのユーザーのライセンスを削除するクリーンアップ処理に原因が他のアクションはありません。詳細については、「一般法人向け Office 365 内ユーザーからライセンスを削除する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×