スキップしてメイン コンテンツへ
Office
OneDrive のファイルとフォルダーの共有

OneDrive のファイルとフォルダーの共有

OneDrive を使って、写真、Microsoft Office ドキュメント、その他のファイル、さらにはフォルダー全体を他のユーザーと共有できます。 OneDrive に保存したファイルとフォルダーは、それらを共有することに決めるまで非公開であり、OneDrive ファイルの共有相手を確認することも、いつでも共有を停止することもできます。

注: 共有機能は OneDrive の基本プラン (「ストレージのみ」) では制限されています。 制限は 24 時間後にリセットされますが、Premium サブスクリプションへのアップグレードすると、共有制限が減り、追加の共有機能をご利用いただけるようになります。

お知らせで大きなインパクトを与える

注: 特に組織で特定の設定が制限されている場合、表示されるオプションは OneDrive と OneDrive for Business で若干異なる場合があります。

どのように共有しますか?

個人的に知らない人も含め、多数のユーザーとアイテムを共有するには、このオプションを選択します。 たとえば、これらのリンクを使用して Facebook、Twitter、LinkedIn などに投稿したり、メールや IM で共有することができます。 リンクを受け取った人は、設定されたアクセス許可に応じて、アイテムの表示や編集ができます。 リンクを使用しているユーザーは、新しいアイテムをアップロードできません。 リンクは転送が可能で、サインインも必要ない点に注意してください。

  1. OneDrive の Web サイト に移動して、Microsoft アカウントまたは職場や学校のアカウントでサインインします。

    注: Microsoft 365 を使用していない OneDrive for Business ユーザーの場合は、SharePoint Server で文書やフォルダーを共有することを試します。

  2. アイテムの上隅にある円を選択して共有するファイルまたはフォルダーを選びます。 共有する複数のアイテムを同時に選択することもできます。

  3. ページの上部で、[共有] を選択します。

    ファイルを選択して [共有] コマンドをクリックするスクリーンショット

  4. リンク オプションをカスタマイズするには、[リンクを知っていれば誰でも編集できます] を選択します。

  5. リンクに必要なオプションを設定してから、[適用] を選択します。

    • 編集を許可する - この種類のリンクを使ってアイテムを共有すると、Microsoft アカウントでサインインしているユーザーは、ファイルを編集したり、共有フォルダーにファイルを追加したりすることができます。 受信者は、リンクの転送、ファイルまたはフォルダーを共有するユーザーのリストの変更、受信者のアクセス許可を変更することができます。 フォルダーを共有している場合、編集権限を持つユーザーは、フォルダー内のすべてのものをコピー、移動、編集、名前変更、削除することができます。

      このチェック ボックスをオフにすると、ユーザーはサインインしなくてもアイテムを表示、コピー、またはダウンロードすることができます。 また、ユーザーはこのリンクを他のユーザーに転送することもできます。 ただし、OneDrive のバージョンを変更することはできません。

    • 有効期限の日付を設定 - リンクは設定した日付までしか機能しません。 その後、リンクは無効になり、ファイルまたはフォルダーへのアクセスを必要とするユーザーのために新しいリンクを作成する必要があります。

    • パスワードの設定 - ユーザーがリンクをクリックすると、ファイルにアクセスする前に、パスワードの入力を求めるメッセージが表示されます。 このパスワードは、ユーザーに個別に提供する必要があります。

    OneDrive でファイルを共有するための [リンクの設定] オプション

    OneDrive for Business その他のオプション

    OneDrive for Business ユーザーには、アクセス許可のレベルを制限するオプションもあります (リンクを持つすべてのユーザー、組織内のユーザーのみ、ファイルへの既存のアクセス権を持つユーザーのみ、指定した個人のみ)。 さらに、編集を無効にすることを選択する場合には、閲覧者によるファイルのダウンロードを禁止することもできます。

    • [すべてのユーザー] は、このリンクを受信するすべてのユーザーにアクセス権を付与します。ユーザーが所有者から直接受け取ったか他のユーザーから転送されたかは関係ありません。 これには、組織外のユーザーも含まれる場合があります。

    • [<自分の組織> のユーザー] は、組織の全員にファイルへアクセスするリンクを付与します。ユーザーが所有者から直接受け取ったか他のユーザーから転送されたかは関係ありません。

    • [既存のアクセス権を持つユーザー] は、ドキュメントまたはフォルダーへのアクセス権を既に持っているユーザーが使用できます。 アイテムのアクセス許可は変更されません。 これは、既にアクセス権を持っているユーザーにリンクを送信する場合に使用します。 

    • [特定のユーザー] は、指定したユーザーにのみアクセス権を付与します。ただし、他のユーザーが既にアクセス権を持っている場合もあります。 ユーザーが共有への招待を転送した場合、アイテムへのアクセス権を既に持っているユーザーのみがリンクを使用できます。

    • 編集を許可する - この種類のリンクを使ってアイテムを共有すると、サインインしているユーザーは、ファイルの編集、共有フォルダーへのファイルの追加、共有フォルダーからのファイルの削除を行うことができます。 受信者は、リンクの転送、ファイルまたはフォルダーを共有するユーザーのリストの変更、受信者のアクセス許可を変更することができます。 フォルダーを共有している場合、編集権限を持つユーザーは、フォルダー内のすべてのものをコピー、移動、編集、名前変更、削除することができます。

    注: 共有オプションが灰色表示の場合は、組織の管理者によってオプションが制限されている可能性があります。 たとえば、使用可能なリンクが他のユーザーに転送されないようにするために、組織の管理者が [すべてのユーザー] オプションを無効にすることを選択している場合があります。

    既定では、[編集を許可する] がオンになっています。 ユーザーにファイルの表示のみを許可する場合は、チェックボックスをオフにします。 [ダウンロードを禁止する] (つまり、ユーザーがローカル コピーを保存できなくする) オプションを選択することで、さらに制限することができます。 Word ファイルの場合、[レビュー モードでのみ開く] を選択して、ファイルにコメントを残して提案することを制限することもできます。 ユーザーの誰かがアイテムの編集権限を既に持っている場合でも、[レビュー モードでのみ開く] を選択すると、そのユーザーは編集を行うことができません。 そのユーザーに対して、ドキュメントは編集モードで開きます。

  6. メインの [共有] ボックスに戻ったら、[リンクのコピー] を選択し、クリップボードへのリンクをコピーします。

    OneDrive のリンクを使用してファイルを共有するときに、表示される [リンクのコピー] の確認

    注: "https://1drv.ms” が OneDrive の短縮 URL です。 短縮 URL は Twitter 経由での共有に便利です。

  7. メール メッセージまたはリンクを共有している場所にリンクを貼り付けます。

ヒント: Windows 7 用、Windows 10 用、Mac 用の OneDrive デスクトップ アプリからも共有リンクを生成することができます。 コンピューター上の OneDrive ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[OneDrive リンクの共有] を選択するだけです。 この操作により、メール、Web サイト、ブログ投稿などに貼り付けることができるリンクがクリップボードにコピーされます。

ただし、既定では、リンクは編集アクセス許可に設定されています。 ユーザーに表示権限だけを与えたい場合は、OneDrive Web サイトを使用してリンクを生成 (または、さきほど作成したものを変更) する必要があります。

招待メールをユーザーやグループに送信し、招待者の管理をする場合は、このオプションを選択します。 これにより、後から必要に応じて特定のユーザーまたはグループのアクセス許可を削除することもできます。

  1. [名前またはメール アドレスを入力] フィールドに、共有したいユーザーのメール アドレスまたは連絡先名を入力します。 ボックスに情報を入力開始したときに、表示される一覧から連絡先を選ぶこともできます。

    メール アドレスが追加された OneDrive の [ファイルの共有] ダイアログ ボックス

  2. 必要に応じて受信者へのメモを追加します。

  3. アクセス許可レベルを変更するには、[リンクを知っていれば誰でも編集できます] を選択します。

  4. リンクに必要なオプションを設定してから、[適用] を選択します。

    • 編集を許可する - この種類のリンクを使ってアイテムを共有すると、Microsoft アカウントでサインインしているユーザーは、ファイルを編集したり、共有フォルダーにファイルを追加したりすることができます。 受信者は、リンクの転送、ファイルまたはフォルダーを共有するユーザーのリストの変更、受信者のアクセス許可を変更することができます。 フォルダーを共有している場合、編集権限を持つユーザーは、フォルダー内のすべてのものをコピー、移動、編集、名前変更、削除することができます。

      このチェック ボックスをオフにすると、ユーザーはサインインしなくてもアイテムを表示、コピー、またはダウンロードすることができます。 また、ユーザーはこのリンクを他のユーザーに転送することもできます。 ただし、OneDrive のバージョンを変更することはできません。

    • 有効期限の日付を設定 - リンクは設定した日付までしか機能しません。 その後、リンクは無効になり、ファイルまたはフォルダーへのアクセスを必要とするユーザーのために新しいリンクを作成する必要があります。

    • パスワードの設定 - ユーザーがリンクをクリックすると、ファイルにアクセスする前に、パスワードの入力を求めるメッセージが表示されます。 このパスワードは、ユーザーに個別に提供する必要があります。

    OneDrive でファイルを共有するための [リンクの設定] オプション

    OneDrive for Business その他のオプション

    OneDrive for Business ユーザーには、アクセス許可のレベルを制限するオプションもあります (リンクを持つすべてのユーザー、組織内のユーザーのみ、ファイルへの既存のアクセス権を持つユーザーのみ、指定した個人のみ)。 さらに、編集を無効にすることを選択する場合には、閲覧者によるファイルのダウンロードを禁止することもできます。

    • [すべてのユーザー] は、このリンクを受信するすべてのユーザーにアクセス権を付与します。ユーザーが所有者から直接受け取ったか他のユーザーから転送されたかは関係ありません。 これには、組織外のユーザーも含まれる場合があります。

    • [<自分の組織> のユーザー] は、組織の全員にファイルへアクセスするリンクを付与します。ユーザーが所有者から直接受け取ったか他のユーザーから転送されたかは関係ありません。

    • [既存のアクセス権を持つユーザー] は、ドキュメントまたはフォルダーへのアクセス権を既に持っているユーザーが使用できます。 アイテムのアクセス許可は変更されません。 これは、既にアクセス権を持っているユーザーにリンクを送信する場合に使用します。 

    • [特定のユーザー] は、指定したユーザーにのみアクセス権を付与します。ただし、他のユーザーが既にアクセス権を持っている場合もあります。 ユーザーが共有への招待を転送した場合、アイテムへのアクセス権を既に持っているユーザーのみがリンクを使用できます。

    • 編集を許可する - この種類のリンクを使ってアイテムを共有すると、サインインしているユーザーは、ファイルの編集、共有フォルダーへのファイルの追加、共有フォルダーからのファイルの削除を行うことができます。 受信者は、リンクの転送、ファイルまたはフォルダーを共有するユーザーのリストの変更、受信者のアクセス許可を変更することができます。 フォルダーを共有している場合、編集権限を持つユーザーは、フォルダー内のすべてのものをコピー、移動、編集、名前変更、削除することができます。

    注: 共有オプションが灰色表示の場合は、組織の管理者によってオプションが制限されている可能性があります。 たとえば、使用可能なリンクが他のユーザーに転送されないようにするために、組織の管理者が [すべてのユーザー] オプションを無効にすることを選択している場合があります。

    既定では、[編集を許可する] がオンになっています。 ユーザーにファイルの表示のみを許可する場合は、チェックボックスをオフにします。 [ダウンロードを禁止する] (つまり、ユーザーがローカル コピーを保存できなくする) オプションを選択することで、さらに制限することができます。 Word ファイルの場合、[レビュー モードでのみ開く] を選択して、ファイルにコメントを残して提案することを制限することもできます。 ユーザーの誰かがアイテムの編集権限を既に持っている場合でも、[レビュー モードでのみ開く] を選択すると、そのユーザーは編集を行うことができません。 そのユーザーに対して、ドキュメントは編集モードで開きます。

  5. [適用] を選択してアクセス許可の設定を保存し、[送信] を選択します。

注: 

  • Outlook.com からの共有に問題がある場合は、「Outlook.com から OneDrive ファイルを共有できない」を参照してください。

  • 使用している Microsoft アカウントがファミリー セーフティを使って設定されており、保護者によって連絡先管理が無効にされている場合、アイテムを共有できる相手は、既に連絡先リストに登録されているユーザーのみです。

  • 著作権を尊重して、オンラインで共有する内容には注意してください。 許可されていないコンテンツをコピーまたは共有すると、Microsoft サービス規約に違反します。

共有フォルダー

編集権限のあるフォルダーを共有する場合、共有相手となるユーザーは、共有フォルダーを自分の OneDrive に追加することができます。 この操作を行うと、対象のフォルダーを自分のフォルダーやアイテムと一緒に保管し、別フォルダーへのアイテムの移動を簡単に行ったり、オフラインでより簡単に作業したりできます。 更新された内容は共有フォルダーと同期するため、フォルダーへのアクセス許可を持つユーザーは誰もが最新の状態を保つことができます。

ヒント: 受信者は共有フォルダーを自分の OneDrive には追加できますが、個々のファイルは追加できません。 自分の OneDrive にファイルを追加させたい場合は、ファイルをフォルダーに追加してから、そのフォルダーを共有してください。

OneDrive モバイル アプリと共有する

詳細およびヘルプについては、次のトピックを参照してください。

詳細情報

補足説明

オンライン

オンライン ヘルプを表示
詳細については、OneDriveOneDrive for Business のサポート ページを参照してください。
OneDrive モバイル アプリについては、「OneDrive モバイル アプリの問題をトラブルシューティングする」を参照してください。

メール サポートのアイコン

メール サポート
さらにサポートが必要な場合は、OneDrive アプリの画面が表示されている状態でモバイル デバイスを振るか、OneDrive のサポート チームにメールを送信してください。 お使いの PC または Mac から OneDrive for Business サポートに問い合わせるには、通知領域またはメニュー バーの OneDrive アイコンを選択し、[その他]、[フィードバックの送信]、[不満な点] を順に選択します。

OneDrive for Business 管理者は、「OneDrive for Business Tech Community」、「OneDrive for Business 管理者向けヘルプ」、「一般法人向け Microsoft 365 のサポートに問い合わせる」を参照することもできます。

Office 365 コミュニティ フォーラム

フィードバックがある場合
OneDriveUserVoice では、OneDrive に追加してほしい機能を提案していただくことができます。 具体的な機能や時期についての保証はできませんが、500 票以上を獲得した提案には必ず返答します。

OneDrive UserVoice にアクセスしてください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×