OLE DB データ接続を更新する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel ブックで OLE DB データソースのテーブルまたはクエリに接続している場合は、最新の情報が表示されていることを確認できます。 この操作を行うには、[データ] タブの [更新] を使用します。

OLE DB データに最初に接続する必要がある場合

  1. ワークシートで、OLE DB データが入力されているセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします。

データ接続の更新

接続を更新する方法や頻度を制御するには、次の操作を行います。

  1. OLE DB データが含まれているセルをクリックします。

  2. [接続] グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

接続のプロパティ

  1. [使用] タブで、変更するオプションを設定します。

更新を確認または取り消す

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認またはキャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックし、クエリの状態を確認します。

  • バックグラウンドの更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータスバーのクエリステータスメッセージをダブルクリックして [外部データの更新状況] ダイアログボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンドの更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

その他のデータソースを更新する

SQL Server データ接続を更新する

Access データ接続を更新する

別のブックへのデータ接続を更新する

外部データ接続を更新する

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×