OLAP ピボットテーブル レポートで名前付きセットを作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel では、オンライン分析処理 (OLAP) ピボット テーブルを使用すると、柔軟な機能を使って名前付きセットを作成できます。

  • 共通のアイテム セットをグループ化して、それらのセットがデータ内に存在しない場合でも再利用できるようにする。

  • 以前のバージョンの Excel ではできなかった方法で、別の階層からアイテムを結合する。これはしばしば、非対称レポートと呼ばれます。

  • カスタムの多次元式 (MDX) を使って名前付きセットを作成する。MDX は OLAP データベースのクエリ言語で、ワークシートの数式に似た計算の構文を提供します。

MDX クエリ言語に慣れていない場合は、行または列のピボット テーブル レポート内のアイテムに基づいて名前付きセットを作成できます。MDX クエリ言語の詳細については、多次元データのクエリを参照してください。

MDX クエリ言語に習熟している場合は、MDX を使って名前付きセットを作成または変更できます。

行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成する

  1. OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブの [フィールド/アイテム/セット] をクリックして >作成アイテムに基づいてセット行または列のアイテムに基づくセットを作成します。

    [フィールド/アイテム/セット]

  3. 名の設定] ボックスに、セットに使用する名前を入力します。

  4. 名前付きセットに含めるアイテムの行を選ぶには、次の操作のうち 1 つ以上を行います。

    • 行を削除するには、] を選択する行の左側をクリックし、行の削除] をクリックしてください

    • 新しい行を追加するを下に新しい行を追加する行の左側をクリックし、[行の追加] をクリックします。

    • アイテムのコピーを作成するには、クリックすると、コピーする行の左側を行のコピーをクリックします。

    • アイテムを移動するには、移動する行の左側にクリックし、の矢印を使用します。

  5. 異なるレベルのアイテムは階層内の別々のフィールドに表示され、名前付きセットによって、行または列の領域の現在のフィールドが置き換えられます。

    • 他のアイテムと、同じフィールドにこれらのアイテムを表示するには、別々 のフィールドに異なるレベルの表示項目] ボックスをオフにします。

    • 現在の行または列の領域に表示されるフィールドを保持するには、新しいセットを [行] 領域で現在のフィールドの置換] ボックスまたは [新しいセットで [列] 領域で現在のフィールドを置換するボックスをオフにします。セットは、 [OK] をクリックして、ピボット テーブル フィールド リストで利用可能になりますが、ピボット テーブルに表示されません。

  6. 名前付きセットを作成するのには、 [ok]をクリックします。

    名前付きセットにはフィルターを適用できません。

MDX を使って名前付きセットを作成する

重要:  MDX を使って名前付きセットを作成するか、既存の名前付きセットの MDX 定義を変更する場合、必ず MDX を使って追加の修正を行ってください。

  1. OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブの [フィールド/アイテム/セット] をクリックして >セットの管理します。

    [フィールド/アイテム/セット]

  3. [新規作成] をクリックして > MDX を使用してセットを作成します。

  4. 名の設定] ボックスに、セットに使用する名前を入力します。

  5. 名前付きセットの MDX 定義を設定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 定義を設定する] ボックスに、入力するか、コピーした MDX 定義を貼り付けます。

    • [フィールドとアイテム] タブで、含めるフィールド リストのエントリを選択し、[挿入] をクリックします。

      定義の設定] ボックスに、フィールド リストのエントリをドラッグしたり、フィールド リストのエントリをダブルクリックしてもできます。

      使用可能なフィールド リストのエントリ

      フィールド リストのエントリ

      Adventure Works のキューブを使って生成された MDX の例

      ディメンション

      [Product]

      属性の階層 (すべてのメンバーが含まれる)

      [Product].[Category]

      属性の階層レベル (すべてのメンバーが含まれるわけではない)

      [Product].[Category].[Category]

      属性の階層からのメンバー

      [Product].[Category].&[4]

      ユーザーの階層

      [Product].[Product Categories]

      ユーザーの階層レベル

      [Product].[Product Categories].[Category]

      ユーザーの階層からのメンバー

      [Product].[Product Categories].[Category].&[4]

      メジャー

      [Measures].[Internet Sales Amount]

      計算メジャー

      [Measures].[Internet Ratio to Parent Product]

      名前付きセット

      [Core Product Group]

      KPI の値

      KPIValue(“Product Gross Profit Margin)

      KPI の目標

      KPIGoal(“Product Gross Profit Margin”),

      KPI の状態

      KPIStatus(“Product Gross Profit Margin”)

      KPI の傾向

      KPITrend(“Product Gross Profit Margin”)

      ユーザーの階層からのメンバー プロパティ

      [Product].[Product Categories].Properties(“Class” )

      属性の階層からのメンバー プロパティ

      [Product].[Product].Properties(”Class”)

    • [関数] タブ、使用する使用可能な MDX 関数からを選択し、[挿入] をクリックします。MDX 関数は、Analysis Services; によりサポートされます。Excel の VBA 関数は含めません。

      Function arguments are placed inside chevron characters (<< >>). You can replace the placeholder arguments by clicking them and typing the names you want to use.

      MDX 関数の例:

      ADDCALCULATEDMEMBERS(«Set»)
      集計(«設定» [、«数式»])
      «Level».ALLMEMBERS
      «Hierarchy».ALLMEMBERS
      親 («メンバー» «Level»)
      («メンバー» «距離»)
      祖先(«メンバー» «距離»)
      祖先(«メンバー» «Level»)
      («メンバー»)
      平均(«設定» [、«数式»])
      («数値式»)
      BOTTOMNCOUNT(«設定» «Count» [, «数式»])
      BOTTOMPERCENT(«設定»、«パーセンテージ» «数式»)
      BOTTOMSUM(«値を設定»、«» «数式»).

  6. 新しい MDX 定義をテストするのには、 MDX のテストをクリックします。

    異なるレベルからのアイテムは、階層内の別々のフィールドに表示されます。フィールドは並べ替えられ、重複しているエントリは自動的に削除されます (HIERARCHIZE と DISTINCT がセットに追加されるため)。名前付きセットにより、行または列の領域の現在のフィールドが置き換えられます。

    • 他のアイテムと、同じフィールドにこれらのアイテムを表示するには、別々 のフィールドに異なるレベルの表示項目] ボックスをオフにします。

    • 重複するエントリを変更する既定の階層を変更するには、[自動的に注文し、セットから重複を削除する] ボックスをオフにします。

    • 現在の行または列の領域に表示されるフィールドを保持するには、新しいセットを [行] 領域で現在のフィールドの置換] ボックスまたは [新しいセットで [列] 領域で現在のフィールドを置換するボックスをオフにします。セットは、 [OK] をクリックして、ピボット テーブル フィールド リストで利用可能になりますが、ピボット テーブルに表示されません。

    • SQL Server Analysis Services のキューブに接続している場合、動的な名前付きセットが作成されます。 この名前付きセットは、更新するたびに自動的に再計算されます。

      名前付きセットがすべての更新プログラムが再計算されないようにするため、すべての更新プログラムの設定を再計算する] ボックスをオフにします。

  7. 名前付きセットを作成するのには、 [ok]をクリックします。

注: 名前付きセットにはフィルターを適用できません。

名前付きセットを編集または削除する

  1. OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブの [フィールド/アイテム/セット] をクリックし、[セットの管理] をクリックします。

    [フィールド/アイテム/セット]

  3. 編集または削除するセットを選びます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 名前付きセットを編集するには、編集] をクリックし、必要に応じて変更します。

    • 名前付きセットを削除するのには、削除するにはをクリックし、[はい] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×