スキップしてメイン コンテンツへ

OLAP ピボットテーブルで名前付きセットを作成する

Excel でオンライン分析処理を OLAP するときに、柔軟な機能である名前付きセットを作成して、次の操作を行うことができます。

  • データに含まれていない項目の一般的なセットをグループ化して再利用することができます。

  • 以前のバージョンの Excel ではできなかった方法でさまざまな階層の項目を結合します。これは、非対称レポートと呼ばれることがよくあります。

  • カスタム多次元式 (MDX) を使って名前付きセットを作成します。これは、ワークシートの数式に似た計算構文を提供する OLAP データベースのクエリ言語です。

多次元式 (MDX) クエリ言語に慣れていない場合は、ピボットテーブルの行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成することができます。 MDX クエリ言語について詳しくは、「多次元データのクエリ」をご覧ください。

MDX クエリ言語に精通している場合は、MDX を使って名前付きセットを作成または変更することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成する

MDX を使って名前付きセットを作成する

名前付きセットを編集または削除する

行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成する

  1. 名前付きセットを作成する OLAP ピボットテーブルをクリックします。

    [ピボットテーブルツール] が表示され、オプションと [デザイン] タブが追加されます。

  2. [オプション] タブの [計算] グループで、[フィールド/アイテム/ & セット] をクリックし、[行アイテムに基づいてセットを作成] または [列アイテムに基づいてセットを作成] をクリックします。

    ピボットテーブル ツール: [オプション] タブの [計算] グループ

    [新しいセット] ダイアログボックスが表示されます。 必要に応じて、ダイアログボックスの右下隅にあるサイズ変更ハンドルをドラッグすると、このダイアログボックスのサイズを変更できます。

  3. [セット名] ボックスに、セットに使用する名前を入力します。

  4. 名前付きセットに含める行を指定するには、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 項目の一覧から行を削除するには、選択する行の左側の領域をクリックし、[行の削除] をクリックします。

    • 項目の一覧に新しい行を追加するには、新しい行を追加する下の行の左側の領域をクリックし、[行の追加] をクリックします。

    • アイテムのコピーを作成するには、コピーする行の左側の領域をクリックし、[行のコピー] をクリックします。

    • アイテムを別の場所に移動するには、移動する行の左側の領域をクリックし、 キーまたはキーを使用して適切な場所に移動します。

  5. 既定では、異なるレベルのアイテムは階層内の別々のフィールドに表示され、名前付きセットによって、行または列の領域の現在のフィールドが置き換えられます。

    • それらのアイテムを他のアイテムと同じフィールドに表示するには、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェックボックスをオフにします。

    • 現在のフィールドを行または列の領域に表示されたままにするには、[現在の行] 領域のフィールドを新しいセットで置き換えるか、[新しいセット] チェックボックスをオンにして、現在の列領域内のフィールドを置き換えます。 [ OK] をクリックしてもピボットテーブルにセットは表示されませんが、ピボットテーブルのフィールドリストで使用できます。

  6. [ OK ] をクリックして、名前付きセットを作成します。

    注: 

    • ダイアログボックスを閉じた後にすべての操作を元に戻すには、クイックアクセスツールバーの [元に戻す] をクリックします。

    • 任意の種類のフィルターを名前付きセットに適用することはできません。

ページの先頭へ

MDX を使って名前付きセットを作成する

重要: MDX を使って名前付きセットを作成する場合、または既存の名前付きセットの MDX 定義を変更する場合は、MDX を使って追加の変更を行うことができます。

  1. カスタムの名前付きセットを作成する OLAP ピボットテーブルをクリックします。

  2. [オプション] タブの [計算] グループで、[フィールド/アイテム/ & セット] をクリックし、[セットの管理] をクリックします。

    ピボットテーブル ツール: [オプション] タブの [計算] グループ

    [セットマネージャー ] ダイアログボックスが表示されます。 必要に応じて、ダイアログボックスの右下隅にあるサイズ変更ハンドルをドラッグすると、このダイアログボックスのサイズを変更できます。

  3. [新規作成] をクリックし、[ MDX を使用してセットを作成] をクリックします。

  4. [セット名] ボックスに、セットに使用する名前を入力します。

  5. 名前付きセットの MDX 定義を設定するには、次のいずれかの操作を実行します。

    • [セットの定義] ボックスに、コピーした MDX 定義を入力するか貼り付けます。

    • [フィールドとアイテム] タブで、含めるフィールドリストのエントリを選び、[挿入] をクリックします。

      フィールドリストのエントリを [セットの定義] ボックスにドラッグすることも、フィールドリストのエントリをダブルクリックすることもできます。

      利用可能なフィールドリストのエントリ

      フィールドリストのエントリ

      Adventure Works のキューブを使用して生成された MDX の例

      ディメンション

      プロダクト

      属性の階層 (すべてのメンバーを含む)

      [Product].分類

      属性の階層レベル (すべてのメンバーが含まれていません)

      [Product].[カテゴリ]分類

      属性の階層からのメンバー

      [Product].[カテゴリ]. & [4]

      ユーザーの階層

      [Product].[製品カテゴリ]

      ユーザーの階層レベル

      [Product].[製品カテゴリ]分類

      ユーザーの階層からのメンバー

      [Product].[製品カテゴリ][カテゴリ]. & [4]

      指標

      [Measure][インターネット販売金額]

      計算メジャー

      [Measure][インターネット比率 (親製品)]

      名前付きセット

      [コア製品グループ]

      KPI 値

      KPIValue ("売上総利益率")

      KPI の目標

      ("売上総利益率")、

      KPI の状態

      KPIStatus ("製品粗利 Margin")

      KPI の傾向

      KPITrend ("製品粗利 Margin")

      ユーザーの階層からのメンバープロパティ

      [Product].[製品カテゴリ]Properties ("Class")

      属性の階層からのメンバープロパティ

      [Product].[Product].Properties ("Class")

    • [関数] タブで、使用する利用可能な MDX 関数から1つ以上の関数を選択し、[挿入] をクリックします。 MDX 関数は Analysis Services でサポートされています。VBA 関数は含まれません。

      関数の引数は、山形記号 (<< >>)の内側に配置されます。 プレースホルダーの引数をクリックして置き換え、有効な名前を入力することができます。

      MDX 関数の例

      Add演算メンバー(« Set »)
      AGGREGATE(« Set » [, « Numeric Expression »])
      « Level »ALLMEMBERS
      « Hierarchy »ALLMEMBERS
      祖先 (« member »« Level »)
      祖先 (« member », « distance »

      ) 祖先 (« member », « distance »)祖先(« member », « level »
      )上位要素(« member »)
      AVG(« Set » [, « numeric expression »])
      (« numeric expression »)
      BOTTOMNCOUNT(« set », « Count » [, « numeric expression »])
      の最小パーセント (« set »、«percent»、« numeric)式»)
      BOTTOMSUM(« Set », « Value », « Numeric Expression »)...

  6. 新しい MDX 定義をテストするには、[ mdx のテスト] をクリックします。

  7. 既定では、異なるレベルのアイテムは階層内の別々のフィールドに表示されます。フィールドは順序付けされ、重複エントリは自動的に削除されます (HIERARCHIZE と DISTINCT がセットに追加されているため)。また、名前付きセットによって現在のフィールドが置き換えられます。[行] または [列] 領域。

    • それらのアイテムを他のアイテムと同じフィールドに表示するには、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェックボックスをオフにします。

    • 既定の階層を変更し、重複するエントリを維持するには、[自動的に並べ替えて、セットから重複を削除する] チェックボックスをオフにします。

    • 現在のフィールドを行または列の領域に表示されたままにするには、[現在の行] 領域のフィールドを新しいセットで置き換えるか、[新しいセット] チェックボックスをオンにして、現在の列領域内のフィールドを置き換えます。 [ OK] をクリックしてもピボットテーブルにセットは表示されませんが、ピボットテーブルのフィールドリストで使用できます。

  8. SQL Server 2008 Analysis Services キューブに接続している場合は、既定で動的な名前付きセットが作成されます。 この名前付きセットは、更新ごとに自動的に再計算されます。

    • すべての更新プログラムで名前付きセットが再計算されないようにするには、[更新間隔でセットを再計算する] チェックボックスをオフにします。

  9. [ OK ] をクリックして、名前付きセットを作成します。

    注: 

    • ダイアログボックスを閉じた後にすべての操作を元に戻すには、クイックアクセスツールバーの [元に戻す] をクリックします。

    • 任意の種類のフィルターを名前付きセットに適用することはできません。

ページの先頭へ

名前付きセットを編集または削除する

  1. 編集または削除する名前付きセットが含まれている OLAP ピボットテーブルをクリックします。

  2. [オプション] タブの [計算] グループで、[フィールド/アイテム/ & セット] をクリックし、[セットの管理] をクリックします。

    ピボットテーブル ツール: [オプション] タブの [計算] グループ

    [セットマネージャー ] ダイアログボックスが表示されます。 必要に応じて、ダイアログボックスの右下隅にあるサイズ変更ハンドルをドラッグすると、このダイアログボックスのサイズを変更できます。

  3. 編集または削除するセットを選びます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 選択した名前付きセットを編集するには、[編集] をクリックし、必要な変更を加えます。

    • 選択した名前付きセットを削除するには、[削除] をクリックし、[はい] をクリックして確認します。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×