スキップしてメイン コンテンツへ

Office Web Apps の紹介

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office Online を使うと、Microsoft Office の操作性が Web ブラウザーに拡張され、ドキュメントが保存されている SharePoint サイトでドキュメントを操作できるようになります。

注: Web 用 Office は以前は、Office Online という名称でした。社内の SharePoint 2010 では、以前の名称がまだ使われています。

Office Online は、最も広く利用されているいくつかのブラウザーで動作します。Windows Internet Explorer 7 以降、Chrome、Mac 用の Safari 4 以降、Windows/Mac/Linux 用の Firefox 3.5 以降で正式にサポートされています。

Office とシームレスに統合する

Microsoft Office では、情報を提示し、アイデアを収集して、意志決定に役立つドキュメントを作成できます。こうしたドキュメントは、コンピューター、リムーバブル ストレージ デバイス、サーバーなどに保存されます。Office Online は、ブラウザーでドキュメントの表示や編集を行えるようにするためのドキュメントの新しい保存方法です。Office Online を使うと、Web サイトは Office ドキュメントの新しいストレージ デバイスになり、ドキュメントへのアクセスやドキュメントの共有が簡単にできるようになります。

Microsoft Office 2010 プログラム (Word、Excel、PowerPoint、OneNote) では、ドキュメントを SharePoint ライブラリに保存することで、Office Online を使い始めることができます。

Word 2010 の Backstage ビュー

ドキュメントをブラウザーで表示して編集でき、その後で Office で開くこともできます。

注: ドキュメントは、 Office Onlineで開かれるOffice 2010で作成する必要はありません。最適な互換性を保つためには、使用Office 2003以降、または Office for Mac 2008 version 12.2.9 または Office for Mac 2011 を使用します。Office 2003を使用している場合は、最新の service pack をインストールして Office オープン XML ファイル形式 (.docx、.xlsx、または pptx ファイルなど) でコンピューター上のドキュメントを保存します。Office Web Apps が構成されている SharePoint サイトにドキュメントをアップロードします。

ドキュメントを参照する

Office Online では、ドキュメントは Web ページのように Web サイトに保存され、ブラウザーに表示されます。ドキュメントを表示するには、ドキュメントをクリックします。他のユーザーと共有するには、リンクを送信します。

Office Online 画面

Excel Web App

所有している Office のバージョンが友人や仕事仲間の Office のバージョンと違っていても問題ありません。ビューアーをダウンロードする必要はありません。ドキュメントは、Office プログラムの場合と同じようにブラウザーに表示されます。

簡易編集する

Office Online では、ドキュメントを表示するだけでなく、ブラウザーでドキュメントの内容を編集することができます。

Excel Web App

ブラウザーでの編集は、テキストの修正、データの入力、スライドの追加、メモの記入などを行う場合に最適です。既にドキュメントを表示している場合は、Office Online の [ブラウザーで編集] をクリックして、変更すれば完了です。ほとんどの場合、更新した内容は自動保存されます (Word Online では、[保存] をクリックします)。

Excel Online と OneNote Web App でのリアルタイムの共同編集

Excel Online と OneNote Web App では、同じドキュメントを他のユーザーと同時に操作できます。

ドキュメントのまとめや情報の収集は、多くの場合、グループで行うアクティビティです。たとえば、構造化された形式で情報を収集するには Excel Online を使います。OneNote Web App を使うと自由形式になります。ファイルは 1 か所に保存され、必要に応じてだれでもアクセスできます。前のユーザーが編集を終えるのを待たずに、次のユーザーが割り込むことができます。複数のコピーをメールで送信して、後で調整する必要はありません。

リアルタイムの共同作業を行うための特別なコマンドはありません。仕事仲間が作業しているときに、Office Online プログラムでファイルを編集するだけです。

シームレスに Office に切り替える

大幅な変更を加える必要があるときは、豊富な機能を備えた Office デスクトップ アプリケーションを使う方が便利です。その場合、Office Online から、対応する Office デスクトップ アプリケーションにシームレスに直接切り替えることができます。Office Online でドキュメントを開いている場合は、ブラウザーから直接 [開く] をクリックして、コンピューターにインストールされている Office プログラムでファイルを開きます。編集が終了したら、Office プログラムで [保存] をクリックすると、ファイルはサーバーに保存されます (OneNote デスクトップ アプリケーションでは、変更はサーバーに自動保存されます)。

注: Firefox、Internet Explorer (Windows)、Safari (Mac) のブラウザーを使うと、ブラウザーから直接 Office デスクトップ アプリケーションでドキュメントを開くことができます。Windows でこの機能を利用するには、Internet Explorer の場合は Office 2003 以降、Firefox の場合は Office 2010 を使う必要があります。OneNote Web App でこの機能を利用するには、OneNote 2010 が必要です。Mac でこの機能を利用するには Microsoft Office for Mac 2008 バージョン 12.2.9 または Office for Mac 2011 が必要ですが、OneNote デスクトップ アプリケーションは利用できません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×