Office for Mac Visual Basic プロジェクトのプロパティを設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Visual Basic プロジェクトのプロパティを設定して、プロジェクトを保護する方法を設定できます。

次のいずれかの操作を行います。

プロジェクトのプロパティを設定する

  1. 最初に、[ツール] メニュー >マクロ> Visual Basic Editorします。

  2. [ツール] メニューの [ VBAProject のプロパティ] をクリックします(Word では、プロジェクト プロパティ] をクリック) し、[全般] タブをクリックします。

  3. [プロジェクト名] ボックスに、オブジェクト ブラウザーのレジストリ内のコンポーネントを識別する名前を入力します。

    プロジェクト名は、コンポーネントのタイプ ライブラリの名前です。 タイプ ライブラリつまり TypeLib には、コンポーネントによって提供されるオブジェクトとインターフェイスの説明が記載されています。

  4. [プロジェクトの説明] ボックスに、オブジェクト ブラウザーの下部にある [説明] ウィンドウに表示される説明を入力します。

  5. [条件付きコンパイル引数] ボックスに、条件付きコンパイルで使用する定数宣言を入力します。

プロジェクトを保護する

他者によるプロジェクトの変更を回避するためにプロジェクトをロックできます。またプロジェクトのプロパティを表示するためのパスワードを設定することもできます。

  1. [ツール] メニューをクリックし、[ VBAProject のプロパティ] をクリックし、[全般] タブをクリックして (Word では、プロジェクトのプロパティ] をクリックし、[保護] タブをクリックして)。

  2. Visual Basic プロジェクトをロックするには、[プロジェクトを表示用にロックする] チェック ボックスをオンにします。

  3. [プロジェクトのプロパティ表示のためのパスワード] の [パスワード] ボックスにパスワードを入力して、[パスワードの確認] ボックスにもう一度パスワードを入力します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×