Office for Mac 2011 で権限が管理されているファイルまたはメッセージを開くための資格情報を追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office プログラム別の設定方法

Word

Excel

PowerPoint

Outlook

Word

ライセンス サーバーごとに資格情報セットを 1 つ設定できます。 複数のライセンス サーバーに接続する場合は、ライセンス サーバーごとに資格情報を追加する必要があります。 たとえば、会社 A および会社 B と取引している場合、会社 A に接続するときに会社 A のライセンス サーバー用の資格情報を追加し、その後会社 B のライセンス サーバーに接続するときには会社 B 用の資格情報を追加することができます。

資格情報の追加

  1. [校閲] タブの [保護] で [アクセス許可] をクリックし、[資格情報の管理] をクリックします。

    Word の [校閲] タブの [保護] グループ

  2. ライセンス サーバーに初めてアクセスする場合は、ライセンス サーバー用のユーザー名とパスワードを入力し、[Mac OS のキーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント:  [Mac OS キーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにしていない場合は、その都度ユーザー名とパスワードを入力しなければならなくなります。

  3. [資格情報の追加] をクリックします(z0z_)。 

関連項目

Office の Information Rights Management

Excel

ライセンス サーバーごとに資格情報セットを 1 つ設定できます。 複数のライセンス サーバーに接続する場合は、ライセンス サーバーごとに資格情報を追加する必要があります。 たとえば、会社 A および会社 B と取引している場合、会社 A に接続するときに会社 A のライセンス サーバー用の資格情報を追加し、その後会社 B のライセンス サーバーに接続するときには会社 B 用の資格情報を追加することができます。

資格情報の追加

  1. [校閲] タブの [保護] で [アクセス許可] をクリックし、[資格情報の管理] をクリックします。

    [校閲] タブの [保護] グループ

  2. ライセンス サーバーに初めてアクセスする場合は、ライセンス サーバー用のユーザー名とパスワードを入力し、[Mac OS のキーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント:  [Mac OS キーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにしていない場合は、その都度ユーザー名とパスワードを入力しなければならなくなります。

  3. [資格情報の追加] をクリックします(z0z_)。 

関連項目

Information Rights Management を使用してアクセスを制限する

PowerPoint

ライセンス サーバーごとに資格情報セットを 1 つ設定できます。 複数のライセンス サーバーに接続する場合は、ライセンス サーバーごとに資格情報を追加する必要があります。 たとえば、会社 A および会社 B と取引している場合、会社 A に接続するときに会社 A のライセンス サーバー用の資格情報を追加し、その後会社 B のライセンス サーバーに接続するときには会社 B 用の資格情報を追加することができます。

資格情報の追加

  1. [校閲] タブの [保護] で [アクセス許可] をクリックし、[資格情報の管理] をクリックします。

    PowerPoint の [校閲] タブの [保護] グループ

  2. ライセンス サーバーに初めてアクセスする場合は、ライセンス サーバー用のユーザー名とパスワードを入力し、[Mac OS のキーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント:  [Mac OS キーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにしていない場合は、その都度ユーザー名とパスワードを入力しなければならなくなります。

  3. [資格情報の追加] をクリックします(z0z_)。 

関連項目

Information Rights Management を使用してアクセスを制限する

Outlook

ライセンス サーバーごとに資格情報セットを 1 つ設定できます。 複数のライセンス サーバーに接続する場合は、ライセンス サーバーごとに資格情報を追加する必要があります。 たとえば、会社 A および会社 B と取引している場合、会社 A に接続するときに会社 A のライセンス サーバー用の資格情報を追加し、その後会社 B のライセンス サーバーに接続するときには会社 B 用の資格情報を追加することができます。

重要: Outlook メッセージを開くための資格情報を追加するには、Microsoft Office for Mac Standard 2011 が必要です。

資格情報の追加

  1. [ホーム] タブの [新規作成] をクリックし、[電子メール メッセージ] をクリックします。

    [ホーム] タブ、グループ 1

  2. [オプション] タブで [アクセス権] の横にある矢印をクリックし、[資格情報の管理] をクリックします。

    [オプション] タブ、グループ 4

  3. ライセンス サーバーに初めてアクセスする場合は、ライセンス サーバー用のユーザー名とパスワードを入力し、[Mac OS のキーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント:  [Mac OS キーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにしていない場合は、その都度ユーザー名とパスワードを入力しなければならなくなります。

  4. [資格情報の追加] をクリックします(z0z_)。 

関連項目

Information Rights Management を使用してアクセスを制限する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×